レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

レイキはそれぞれの感性で花開く

2016年06月13日 | レイドウレイキ体験談

「レイキを早く受講しなさい」と内なる声が聞こえました。

レイキの教室を検索してレイドウレイキのHPをみて、私の学ぶ教室はここだと直感で決めました。

そのように不思議な宇宙のご縁を繋いでくれたEKさんから第一段階と第二段階を受講しての感想文を頂戴しました。自分の思うままに感じたままを書いていただき有難うございました。御許しを得てブログでご紹介いたします。

普遍なるレイキエネルギーはそれぞれの感性で花開いていくことを感じました。

********************

私は自己成長を目的にレイドウレイキを学びたいと直感で受講しました。私が私らしくなく生きる々・・・・・このままではダメだ、自分を変えて元気で輝く最高の人生にしなきゃ!!何をしたら良いかと探しているうちに目に止まったのがレイキで、その中のレイドウレイキでした。

第一段階・第二段階を受講して感じたままを感想文で書かせていただきました。

各段階でアチューメントを受けましたが、正直、レイドウレイキの受講生が書かれたような素晴らしい体験談のような大きな変化は実感できませんでした。それでも、しいて言えば「手が温かくなった」ことは実感できました。

大切に守られてこられた宝物を授けていただいたのに感じられない私、感想を求められても言葉に詰まり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。その時は鈍感でこんな私にレイキを学ぶ資格はあるのかと考えてしまうぐらいでした。

そんな感じでいた私に「感じ方は人それぞれ、それでいいのです。そこから始めればいいのですよ」と青木先生はおっしゃいました。何か安心したというか、レイキのアチューメント体験談はすごい経験が紹介されていますが私のような体験もあることを青木先生は優しく伝えてくれました。

感じることにこだわって危うく心の目を閉ざしてしまうところでした。私は私の感じた「手の温かくなる感覚」をスタート地点にして、直感で導かれたレイキのエネルギーを信じ、レイキの使い手として各段階を学び自己成長を続けようと決意することができました。

レイキの講座は私がこれから生きていくうえでのヒントがたくさん隠されていました。「今」私に必要な学びはなにかがなんとなく分かったように思います。

強く生きていくためには、まず自分自身をよく知ること、気づくこと、癒やすことそしてレイキの力を感じられる自分を取り戻すことへの信頼がわいてきました。この先に希望が見えたことにレイドウレイキセミナーの意義を感じます。たくさんの気づきがあったことに心より感謝です。

レイドウレイキを主宰する青木先生そして小川先生とご縁が繋がれたこと、本当に良かったです、有難うございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3段階bセラピストコース感想文

2016年04月23日 | レイドウレイキ体験談
自分自身もそうですが家族や周囲の人々に心身不調を訴える方が多いと感じます、そんな方々にレイキヒーリングをして差し上げたいができるようになるでしょうか?
油絵を描かれる芸術家のMさんはレイドウレイキの御縁あって第一段階から第三段階bセラピストコースにチャレンジされました。
いつも笑顔で人を引き付ける明るい性格のMさんは少し前までは、人の目を見ることもできなかった内向的な性格だったとお聞きします。
第三段階bセラピストコースを終えて感想が届きましたのでお許しを得てご紹介しましょう。
 
***************
 
第3段階bの感想文を送らせていただきます。
研修を終えて一週間も経ってしまいました。
 
第3段階bは、家族、友人などの身近な人だけでなく、初めて会う第三者や体調の優れない人に対してレイキヒーリングができるセラピストになっていく研修で、これまでに全体で8種類のレイキヒーリング技法を学び、セラピストとして施術するスタンスを学ぶ講座でした。
 
家庭内療法から一歩踏み出すには、自信を持ってレイキを行う事がとても大事なことなんですね。
レイキの通路となるセラピストは自己浄化はもちろんですが、レイキエネルギーへの確信と真心を忘れてはいけないことも学びました。
 
自分自身に立ち戻り考えると、身近な人にレイキを行うのと他者に行うのはプレッシャーが雲泥の差と思えます。
(身近な人をおろそかに考えているわけではないですけどσ(^_^;)
 
いつか、自信を持って他者にレイキを行うことができるようになりたいです。
 
いえ、全ての人に自信を持ってレイキを行える自分になります。
 
 主人にレイキを行うようになって二週間です、お陰様で尿蛋白の数値が1.4から0.83に改善されたのが嬉しかったです。
 
次回の病院の検査日が楽しみです。レイキの効果性をこうして実体験できると「やりがいのある」レイキヒーリングになります。
 
今回、レイドウレイキで学んだことは私の中でとても大きな意味を持っています。
 
施術的な意味でも、精神的な意味でも、今までに知ることもなかった、このような世界があったのだと目が醒める思いです。
 
第一段階から第三段階bまで実に内容の深いそれでいて生き生きと活きるために活用できる研修内容でした。 
レイドウレイキと青木先生、小川先生、そして一緒に講座を受けた皆さんにありがとうと大きな声で言います♫
出会えたことに感謝します。
 
学んだことをこれからの生活に活かして行くことが大切ですね。
日常生活と精神世界の調和を忘れずに、輝く人生を歩める多くのヒントをいただいたように感じます
 
 前回参加できなかったので、スキルアップできるように次回の幸力の会には是非参加させていただきたいです。
 
ではまた👋再会を楽しみにしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第三段階(神秘伝)魂を磨く

2016年04月08日 | レイドウレイキ体験談

第三段階a(神秘伝)を受講されたMさんより感想文をいただきました。

レイドウレイキヒーラー養成コースは第一段階と第二段階で準備を整えて第三段階の研修が始まります。

第三段階は霊療法の探求3aそして気療法(レイキセラピスト)の実践3bをそれぞれ2日間かけて、神秘伝は四日間の研修時間で構成されています。このコース設定はレイドウレイキの大きな特色となります。

Mさんのお許しを得て、ご紹介させていただきます。

***************

こんにちは。

今日は暖かいですね。
近所の桜並木も満開に咲きました。

昨日散歩した時には、桜の足元にニラの花が小さな白い花を沢山咲かせていました。

野の花の清楚な美しさは心に染み入るようです。
 
過日は第三段階aの研修有難うございました、第三段階aは、第一・第二段階よりも更に精神世界に深く入っていく講座という印象を受けました。そして大きな変化をいろいろと感じることが出来るようになりました。
当初は、勝手に実技的なものが行われるのかと考えていたので、ここまで《心》について追究するのは驚きでもありました。
また、臼井先生の靈氣観のお話しの中で「霊」療法と「気」療法について聞き、身体、感情、精神の調和とQOLを得ていくという言葉に、レイキを実践することは一人の人間の全て、身体だけでなく個の精神性・霊性も含め見て健全に導くという行為なのかと納得がいった思いがありました。
本当の意味での健康とはどういう状態を指すのか、ということなんですね。
 
WHOの緩和ケアの定義についてや、ホリスティックな健康観とストレスの影響などの話では、自分の抱える半健康(未病)の状態に意識がいきました。
数年前からストレスによる胃と食道の不快感に苦しんできましたが、医師の出す薬では治らず、人酔いや電車での嘔吐感なども我慢するしかないのかと色々模索していました。
 

レイキを知った今は、基本のセルフヒーリングで日々少しずつ症状が軽くなってきているのを感じます。

私の周りの、病を持っている人達にも早く実践してあげたいです。
 
1日目では【癒されたヒーラーを目指して】探求が始まりました。
ここで青木先生が話された、玉を磨くということを常に意識していたいと思います。
 
心理学的な観点という項目も興味深かったです。心理学はいずれ詳しく自分に取り入れていこうと考えている分野です。
 
二日目にマスターシンボルをアチュンメントしてくださりありがとうございました。

今回のアチューンメントでは、色の渦や光と共に 己の内側は?と聞いてくる鏡が見えたように感じ、自分の心にたくさんの課題があることを知りました。

人を憎む心や、妬み嫉み、おろかな心、

あかんたれやなぁと云われて自分の中の恐れに気付いて、それを手放した話をしましたが、恐れを手放した後、今回のアチューンメントで見えたのが憎しみでした。

昔から(私も含めて)人間が大嫌いだった私ですが、恐れを手放したことで人の目を見ることができるようになったので、もう大丈夫かなと思っていたんです。憎むところまでいっていたとはちょっとビックリしました。
でもそれに気づいたら、人間が愛すべき存在なんだってことが解ったんです。不思議ーー!
 
光と影、それが人間  そのまま あるがままってことですね。
もちろん私も人間ですのでどこまで行けるかわかりませんが、
少しずつ光り輝く自分自身となれるよう精進していきたいと思いました。
拘りをほぐして水に書いた文字のような人になれたら、と思います
 
青木先生にご指摘いただいた人を見る時に慈愛の眼で見るようにという言葉は私の宝にさせていただきます。
長年の悩みの解決の糸口が掴めたようです。ありがとうございます。
 
最後に青木先生にレイキをしてもらった時は途中から意識が ない時があり、終わった後は頭の中が眩しくて、しばらく光の中にいるような状態でした。
その後、長患いだった左膝がギシギシいわなくなりました。
 
レイドウレイキにきて様々な気付きと出会いがありました。
青木先生、小川先生に感謝いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第二段階感想(感覚が磨かれる)

2016年04月06日 | レイドウレイキ体験談
ウェブサイトからヒューマン&トラスト研究所のレイドウレイキを選択していただいて出会えたMさんは先日に第三段階a神秘伝を受講されました。
自分の周りに体調すぐれない人が多くいて回復に向けて一助となりたい、特に高齢の両親にはレイキを学んで親孝行をしたい、そして絵画家として自分の才能を開花させてみたい、そのような目的を持たれてヒーラー養成コースの研修に励まれています。
今日は第三段階の感想の前に第二段階で学んだ後に貴重な経験をしたことを書き留めておこうということで感想文(一部抜粋)の掲載のお許しを得てご紹介したいと思います。
******************
 
先日はレイドウレイキ第三段階a(神秘伝)ご教授ありがとうございました。 

その前に受けた第二段階の受講後の感想をまだまとめていなかったので、先に第二段階の感想を書きます。 

第三段階aを終えた今の時点で考えてみて、身体的に一番大変だったのが第二段階かと思います。 

シンボルを3つ覚えることもそうですが、なにより他者ヒーリングの実習でヒーリングをした時に、何というか密度が高くなって暑くて、またレイキの導管になるよう意識していたのですが、初めてのセッションで自分の体に力が入り過ぎていたようで難しく感じました。
 
そんな私を指導する青木先生にはいつもわかりやすく教えていただいて本当に助かっています。
また緊張しすぎないように、はからってもらいありがとうございました。

「自他共に健康に、身体は授かりもの」この言葉を聞いて、50年生きてきて初めて、自分の体をどんなに粗末に扱っていたか気付くことができました。あっ‼️と思う気付きがあり、それから私の中で新しい価値観が生まれました。とはいえまだ生来の癖は抜け難いのですが、そこは少しずつ前に進んでいこうと考えています。

その後、研修をご一緒したメンバーにそれぞれ遠隔ヒーリングをすることで、本当に出来た事の驚きと喜びを感じ(あ、けして疑っていたわけではありません)た次第です。

レイキを学ぶことで色々な感性が磨かれていることに気づきます、例えば遠隔ヒーリングは送信することもそうですが逆に受け取ることも出来るようになるということです。
 
時にはレイキを知らない趣味のグループで一緒になる女性の念を感じてしまうという出来事がありました。
 これは不思議な出来事でしたが、レイキをやっていくと念というものに敏感になっていくのかも知れません。
始まりはお昼頃でした。本を読んでいたのに、やけに彼女の顔がチラチラ脳裏に浮かんで気になると同時にイライラしてしまい、その後30分くらいなんでかな〜?と思っていた時に、遠隔ヒーリングで感じる最初の一波と似た粒子が集まってくるような感じを感じて、「あ、これは彼女の念だわ」とわかったのでした。結構うっとうしかったので、彼女に対して「ちょっとー、やめてよ〜」と呟きつつ どうしようか悩んでいた時に、青木先生の「けして邪念を送ってはいけない」という言葉を思い出して、そうか、レイキを送れば防げるかなと思い、ひとまずこのモヤモヤとした否定的な念から逃れるために、シンボルを書いて被り、マントラを唱えてからレイキを送りました。
もちろんレイキを送るときには私はあなたが大好きですよと思いながら送りました。
 
そうしたら静かになってくれて、もう〜本当に助かりました(^ ^)
今は第三段階で教えてもらったマスターシンボルを朝に夜に使い、第一シンボルもよく使っています。
第一シンボルは身体の4面と上下にやってレイキエネルギーに包まれて生活しています。
第三段階aの二日目の時に、青木先生から 他者は自身を映す鏡という言葉をもらい、
ふと、「鏡、鏡、、、あの彼女が念を送るようなことは、私もやっているのじゃないだろうか?」という思いに至り、彼女と同様のことをお前はしていないか?このようなことはしてはいけないよ、という天からの教えだったのではないかと思いました。
あのように念を送ることを誰もが本当に出来ると思わずに軽々しくやっているのかも知れませんね。
そう考えると怖いです。レイキヒーラーとしてエネルギーに敏感になり気づかせていただきました。
 
今回の対処の仕方で良かったのかどうか正直なところ、わからないですがマスターシンボルが良きヒントをくれることでしょう。
次に彼女に会った時に私の気持ちが届いたかどうかきっとわかると思います。
もし、また念が来たらまたレイキの波動で身を守り、浄化することが出来ます。
きっと天からの愛のレイキで念は綺麗な空気になってしまうと思います。
今回はこのような気づきがあり、第三段階aで学ぶ「人を癒させていただくことは自分を癒すことだ」自利利他の教えに繋がっていると感じた次第です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第一段階(初伝)を受講して

2016年03月18日 | レイドウレイキ体験談

第一段階を受講された絵画家のMさんから受講感想をいただきました。有り難うございましたお許しを得て感想文一部を紹介しましょう。

Mさんはご自分や家族そして周りの人に、自分自身から愛の手を差し伸べれる療法を学びたいと思われたのがレイキとの出会う動機でした。

レイキのことはウエブサイトをみて、あまりの数の多さに驚かれたと聞きます。

星の数ほどある教室の中でレイドウレイキがご自身にはフィットしていると判断して、まずはお試しコースで、どんな教室の雰囲気なのか、誰が指導しているのか等確認していただき、レイキの説明と実際にレイキヒーリングを受けていただき、学ぶ決断をされました。

レイドウレイキを学ぶ多くの方はお試しコースを受講していただき、日程なども決めてから、研修が始まります。

*****************

レイドウレイキ第一段階をご指導いただき、その節は大変お世話になりました。

霊気→reiki→レイキへの歴史や現在の社会でのレイキがどのような位置にあるかなど、お聞きして創始者臼井甕男先生から林忠次郎先生そして高田はわよ先生へとレイキが流れて初めて私たちが今の時代にレイキを学ぶことができていることに敬意を感じます。

またそれ以外にもお名前の知らないレイキに関わる先達の働きと熱意があって、社会や人のために霊気を役に立てようという心が伝わってきて感動しました。

私もこうして長い年月を経て出会うことのできたレイキと長く付き合っていきたいと考えています。

まだまだ始まったばかり亀の歩みですが挫けすに少しづつ進んでいけたらと思っています。

アチューメントを受けた時の経験は言葉で言い表すことが難しいと感じます、ともかく美しい色彩があらわれてきたような記憶がありますが受けていて一番実感したのは重力が変わったような?手のひらや体全体に重さを感じたことでした。

ドキドキの第一段階が終わり、さっそく家でセルフヒーリングに励んでいます、まだ不慣れなのでスムーズではありませんが、これから自分がどのような状態を経験できるかを楽しみに継続してみようと思います。

実は研修を終えて3日間は旅行に出かけていたのですが、旅行から戻ったら家の観葉植物がみんな元気でいてくれました。これは絶対出かける前に植物たちにレイキエネルギーを施したからだと思います。今までの経験ではこのようなことはありませんでした、うれしい驚きです。

何かが確かに変化している、そんなことを研修を終えて感じています。第二段階(奥伝)の研修楽しみにしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年受講感想文第一弾

2016年01月06日 | レイドウレイキ体験談
昨年末にレイドウレイキ第三段階bセラピストコースを受講していただいたMN様より感想文を頂戴しました。
大きな目的実現に向けて真剣にレイキ療法の可能性にチャレンジされていました。
今年はその目指す目的が実現される年となりますように祈念しております。
 
********************
 
第三段階セラピストコース(3b)を終えた感想をしたためました。
ご一読頂ければ幸いです。
 
 
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
おかげ様で一歩前進した実感を持って新年を迎えることができました。
 
第三段階セラピストコース(3b)を終え、今はとにかく毎日自分を癒すことを続けています。
自分を癒すことで修練を積み、その先に人を癒すことができるようになればと思っています。
 
レイキはこれからの私に、“人が喜びを手に入れるためのお手伝いをさせて頂く術”
を与えてくれたのだと思います。
 
それは人に何かを「してあげる」という思い上がりや自己満足ではなく、
「咲いてあげる」と言って咲く花が一つもないように、
「咲いているだけ」で人や動物や自然を癒す、
そんな生き方を与えてくれるものです。
いつか私もそんな存在になりたいと思います。
 
********************
自らを癒し、他を癒やす、そのプロセスが大切だと思います。
人生とは喜び悲しみ、山あり谷あり、そんな道を歩んでいく私たちをレイキはいつも照らしてくれるエネルギーです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の頂から上ってきた道を見てみると

2015年12月30日 | レイドウレイキ体験談
レイドウレイキヒーラー養成コースの頂にある段階はマスターコースです。
2015年12月に開催したマスターコースを研修されたSさんから受講感想文が届きました。
レイキに出会う前の自分、淡々と研修に臨み、自分が一体「何のための人生を生きているのか?」
そんな内なる答えを求めて上り詰めたマスターコースでした。
アチューメントをしているマスターの凛としたあり方
シンボルの丁寧な描き方、そしてエネルギーがマスターのもとに注がれていく様などに接して感動されていました。
マスターのアチューメントは真剣で責任ある儀式ですねとSさんは感想を述べていました。
「多くの人に光を照らす存在」となる、レイドウレイキは自信を持ってマスターを育成します。
その学びをマスターはどのように人生に活かしていくかはそれぞれの課題となるでしょう。
お許しをいただき、マスター受講感想文をご紹介いたします。
********************
 
ヒーリングについて何もわからず、
まったく自信のなかった私がここまで辿り着けたのも、
お二人の先生の心のこもった丁寧なご指導のおかげだと感謝しています。
 
子育てを終えたこの年になると、
周りの友人は普通に淡々と仕事と家事をして過ごす人がほとんどです。
私のように何かを学ぼうとすれば、
気が若いねとか元気だねなどと言われ好奇な目で見られがちです。
 
もちろん普通に人生を終えることは悪いことではないけれど、
それでは私たち はいったい何の為にこの時代に生まれてきて、
どんな思いを抱えて向こうの世界へ帰っていくんだろう、
人生を終える前に少しでも誰かの役に立ちたい、
自分の出来る範囲で何か力になってあげたいと考えてしまいます。
 
そんなときに臼井先生のレイキを知りレイドウレイキの門をたたきました。
ここではヒーラーになる知識だけではなく、
心のあり方を学ぶことが出来ました。
過去のトラウマの浄化、身近な人の大切さを再認識できたこと、
第1段階から各講座ごとに一つ一つがとても充実した内容でした。
まるで何年も通っていたような気分です(笑)
もう今では周りに何を思われても大丈夫。
今の自分に自信と誇りが持てるようになりました。
 
これからもレイキを通じて人生の学びの探求は続いていきます。
まだまだ未熟者ですが、
多くの人に臼井レイキの真理を伝えていけるようなマスターになれたらいいなぁと思います。
 
青木先生と小川先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
忙しい年末ですが、お身体 に気をつけてお過しください。
元旦は晴れるみたいですね!
どうぞ良いお年をお迎えになられますようお祈りしています。
********************
Sさん感想文有難うございました、ますますのご活躍を祈念しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、これが霊気なんだ!!

2015年08月10日 | レイドウレイキ体験談

レイキの道に生きて思うのですが、レイキ療法を本当に必要と感じていただける方との宇宙の出会いがあると感じるのです。

臼井甕男先生が生誕された1865年8月15日あれから150年の時を迎えようとしています。

臼井霊気療法学会が創設された1922年4月から93年の時を経て、レイキ療法は世界中で広まりレイキヒーリングの効果性をお伝えできる時代となってきました。「よいものはよい」民間療法として活用してくださることは嬉しく思います。

8月に10年ぶりに日本で猛暑の真夏を迎えたと言うスペイン在住の青年がレイドウレイキ本部で4日間の研修を受けていただきました。不思議な出会いですが、ご自身の健康回復に向けて「ゆっくり・しっかり・確実に」のレイドウレイキポリシーで研修に臨んだNさんから感想文が届きました。ご了承を得て今日のブログで紹介いたしましょう。

******************

2015年8月。レイドウレイキ第一、第二段階を4日間で受講しました。動機は自らの体調不良です。

私は音楽家でギターの演奏をしますが、一年ほど前からフォーカルジストニアの症状になりました。フォーカルジストニアは未だ現代医学では解明できていない病気で研究中ですが中枢神経系の疾患であると言われています。

スペインに住んでいる私はインターネットで日本の某大学病院診療をしているという医学会では著名な専門医を見つけ、藁にも縋る思いで帰国しました。しかし、その医師は診察に臨んだ私の話はほとんど聴いていただけず、投薬に頼る治療法であったため継続することを断念しました。健康回復の為に諦めることなく代替療法や統合医療の知恵を借りて、じっくり治療しようと強く思うようになりました。

その中の一つとしてレイキ療法を選択して、レイドウレイキ本部でレイキ療法(ヒーリング)を受けることになりました。

レイキとの最初の出会いはスペインです。スペインで長年生活をしてスペイン人のパートナーがレイキを勉強しており、彼女を通してスペイン人のレイキマスターとも知り合いました。レイキの持つ不思議なエネルギーを感じながらも、一つのファッションのようなヒーリング技法のような扱い方や伝えている人の表れとを垣間見て、若干共感できない部分を感じていました。

その後、スペインのレイキマスターの通訳としてレイドウレイキ本部を訪ね、青木、小川、両先生に初めてお会いしました。

その時に通訳した私自身が大きな衝撃を受けました、長年レイキ療法をされている両先生はインタビューに対する応答を訳しながら、流行のように語られているレイキとの違いを感じたのです。「ああ!!これが霊気なんだ」と開眼する機会となりました。何よりもお二人のお人柄に強く感動し、また訪ねることがあることを胸に誓った経緯があるのです。

日本に帰国してから早速でレイドウレイキのレイキ療法を2回受けに来ました、そのたびに心身ともに穏やかさを取り戻し、病気回復への希望が湧いてきました。こんなに誠実に真剣にレイキ療法に取り組んでいるレイキ教室があることを頼もしく感じていたのです。

講義は第一段階、第二段階を4日間に分けて青木先生からご指導していただきました。非常に丁寧で、随時させていただいた質問にも多角的に答えをいただきました。レイキの技術的な説明の他にも、ものの見方、捉え方、考え方など、レイキと繋がっている精神性まで教授していただき、与えられた新しい知識を納得して持ち帰ることが出来た貴重な学びです。

「学びを終えてからが肝心」とお聞きしました、知識だけでなく本当に実践してみる、それが本当の意味での享受することだと思います、そして日々の生活にレイキを活用していこうと心に誓いました。

宇宙・地球・世界そして自分の存在意義すべては繋がっているという学びを、心身ともに経験できるようにこれからはチャレンジしてみようと強く思えるようになりました。レイキ療法の素晴らしさに触れる意義ある時間を共有していただき心より感謝申し上げます、有難うございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろなご縁でレイキは学ばれています

2015年07月28日 | レイドウレイキ体験談
ご自分の予定を組んでいただき、熱心に研修に励まれたSさんから研修の感想文が届きました。
 
Sさんとヒューマン&トラスト研究所のご縁はアニマルヒーリング講座でした。
小川先生の楽しい講座はいつも笑い声がたえません。
そこで初めてレイキヒーリングの事を知り、飼い主さんへのヒーリングに興味を持たれたことがレイドウレイキヒーラー養成コースを学ぶきっかけとなりました。
ご家庭やお仕事もお忙しいので、ご自身のご都合よい日を決めていただき一回3時間の研修プランを立てて第三段階bセラピストコースまで誠実に取り組まれました。
心身ともに健康の維持とペットや大切な家族のためにレイキヒーリングを学ばれました。
Sさんのように、「ゆっくり・しっかり・確実に」レイキヒーリングを学ぼうとお考えになる方もいれば、緊急を要して家族のためにレイキヒーリングを学び自宅療法のできるヒーラーを目指す方もいます。
どちらにしてもレイドウレイキはレイキヒーリングのできるヒーラーを育成して、人生に役立てていただきたいと念願します、そして卒業してからもレイキの支援をしています。
お許しをいただきSさんからの感想文をご紹介します。Sさん感想文有難うございました、出会いに感謝。
 
*******************
 
アニマルヒーリング(レイキ)がご縁で、もっとレイキを深く学びたく思い、ヒーラー養成コースを受講しました。
 
幅広く奥深い知識と、実践的な指導を、マンツーマンでしっかりと教えていただきました。
基本は西洋式レイキですが、伝統的な靈氣の知識なども組み合わせたオリジナルかつ、とても内容の濃い授業でした。
また、第3段階まで学んだ後、第1、第2段階のテキストを読み返すと、必ず新たな気付きがあります。
何度でも基本に立ち戻りつつ、さらにレイキを深く理解できる、贅沢なテキストです。
私は愛読書のように頻繁に読み返しています。 
 
神聖なアチューメントもそうですが学んだ通りに誠実に真摯に取り組めば、ちゃんとレイキは流れます。
私は動物にレイキをする機会が多いですが、動物は素直に反応するので、その効果が分かり易いと感じます。
  
実は、レイキの学びがきっかけで、内なる探求が始まりました。
ますます自分自身への興味を持ちさらに輝いた人生を生きていくためにレイキを活用していこうと思います。
道はさらに先があるようですが、今度は本格的にアニマルレイキイニシエイターを目指したいと思っております。
 
その際はまた、どうぞご指導の程宜しくお願い致します。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイキセラピストコース受講感想文

2015年06月24日 | レイドウレイキ体験談

レイキ教室との出会いは「ご縁」と「タイミング」ですね、と第三段階セラピストコースの研修を終えてK先生がしみじみと言いました。全くです、この瞬間に出会えたこと、この機会に伝授できたことを私どもも大変うれしく思います。

レイドウレイキは第三段階セラピストコースの研修が終わるまでに大きく8種類のレイキヒーリングを学びます。家庭内療法から体調すぐれない第三者に対してもレイキ療法ができるようにご指導いたします。昨日はその研修の最終日でした、K先生は毎週お休みの時間をここにきて研修に励まれました。レイキの素晴らしさを次世代につてることが出来ることは誠に光栄なことです、受講された感想をいただきましたので、お許しを得てご紹介させていただきます。

**********************

今回3bセラピストコースを受講して「完全なレイキ療法」を学びました。何回か私のヒーリングを受けていただきました。第一段階からいろいろなレイキヒーリングの種類がありますが、家庭内で行うにふさわしいショートレイキは短時間で行えるヒーリング技法です。第三段階までくると約一時間のレイキ療法は身体全体にレイキヒーリングが出来るように指導していただきました。

最初は手順通りに上手くやれるだろうかと、自分自身が集中力が長時間持つだろうかと心配しておりましたが、実際に「完全なレイキ療法」をやってみたところ、それまでの心配が嘘のように施術している自分も心地よく施術することが出来て驚きました。

宇宙一体の理を青木先生は指導してくれましたが、施術する前の自分よりも施術させていただいた後の自分がスッキリと清々しい心持になっていることに気づきました。これが先生のおっしゃるヒーリーと共に自分自身もレイキの恩恵を受けているかと納得し感動しました。他者を思いやりレイキ療法を出来ることは自分にもエネルギーが循環して帰ってくるレイキエネルギーの不思議さに感動です。

毎週休みに懐かしい大井町のレイキ故郷ヒューマン&トラスト研究所でレイドウレイキヒーラーコースを学んだわけですが、青木先生そして小川先生がいつも笑顔で迎えてくれました。自分の人生で「今」このタイミングでレイキの素晴らしさを学ぶことが出来た事を心より感謝いたします。いろいろな分野で学んだことを活用していこうと思います。有難うございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイキ療法・レイドウレイキヒーラー養成・伝承靈氣研究会を通して健康と幸せに貢献↓クリックで応援お願いします。


癒し・ヒーリング ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村