豊かさへの道

~豊かで幸せな日々~

精油を選ぶ時のポイント

2017年03月21日 | アロマテラピー

よし!アロマテラピー生活を楽しもう!と思って精油の購入を決めたものの、色んなメーカーの精油があって何を選べばいいかわからない。

100円均一ショップで1本100円で販売されていたり、ラファエルでは同じ量を平均4,000円で販売しています。

この差っていったい何なの?って思いますよね。

そこで今回は精油を選ぶ時に失敗しないための簡単ポイントです。


【精油を選ぶ時のポイント】


(1)100%天然、と表示されているか。

精油の薬効効果の恩恵を受けるには、100%天然のものでなければなりません。
ただ、日本では精油は雑貨扱いで登録されているため、厳密な薬事法で規制されていないので、天然成分が10%入っていれば「100%天然」と表示してもOKなんです。
だから100%天然、と表示されていても安心できません。なんだか変な話ですよね。

一番安心なのは、精油が抽出された時点でロットNo.がしっかりと表示されているメーカーがあります。
そのロットNo.で検索すれば、いつ、どこで精製されたのか、がはっきりとわかります。
ラファエルの精油は、小分けされた10mlの精油には1本ずつロットNo.は表記されていませんが、大元の精油瓶には記載されてありますので、知りたい方は問い合わせしてくだされば教えることはできます。


(2)10mlの価格が3,000円前後の精油が揃っているか。

精油は薬効効果のあるハーブから抽出された濃縮液です。ですので、1滴の精油を取るのにも大量のハーブが必要なんです。
ローズ精油を1滴抽出するには40本のバラが必要だと言われています。
精油10mlはおよそ400滴です。そう考えると安すぎる精油は何か混ぜられている…と考えるしかありません。

100%天然、と書かれていても日本では完全には信用できませんが、この価格帯で提供されているメーカーのものならかなり安心できます。


(3)精油の種類によって価格にバラつきがあるか。

精油を抽出するハーブは、その種類によって取れる量が変わります。
たとえばユーカリ精油はローズ精油に比べるとたくさん取れるので、同じ10mlの精油であったとしてもローズより安く手に入ります。
ですので、違う種類の精油が同じ量で同じ価格で売られているとしたら、あまり信用できないでしょう。


(4)信頼できるアロマセラピストがいるか。

精油を販売しているお店に、その商品を使っているアロマセラピストがいるのが最も安心です。
実際の使い方もきめ細やかに教えてもらえるし、精油の体感や効果など個人で違う場合もあり、本に書かれている以外の情報も教えてもらえたりするので、その精油のヘビーユーザーに相談できると最高です!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は春分の日 | トップ | なくなってたよー(>_<) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL