豊かさへの道

~豊かで幸せな日々~

リフトアップコースのご紹介

2017年05月14日 | アロマテラピー

現在キャンペーン中の【フェイシャルトリートメント+1】のご紹介。第二弾♪
 
 
3種類あるフェイシャルトリートメントのどれを受けてもらっても、6/30までは腹部トリートメントが無料でついてきます。
 
その3種類のフェイシャルトリートメントは、
 
(1)ベーシックコース…6,000円
(2)リフトアップコース…7,500円
(3)デコルテコース…9,700円
 
※全て足浴付きでトータル約90分
 
 
 
今回は(2)リフトアップコースを詳しくご紹介します!
 
●足浴15分(この時にお肌や体調のことをお聞きし、トリートメントで使用する精油を決めます)

●クレンジング(オイルでクレンジングし、ホットタオルで拭き取ります。全てこちらで行うので、お客さまは寝ているだけでOK)

●オイルトリートメント20分(オールハンドでのトリートメントです)

●ホットタオルで拭き取り(オールハンドトリートメントで浮き上がった毛穴の汚れをしっかり拭き取ります)

●リフトアップトリートメント10分(デコルテから首、顔にかけてたるみを持ち上げるトリートメントです)

●ラップパック10分(ラップでお肌に蓋をすることで、さらにオイル成分を肌に浸透させます)

●ホットタオルで拭き取り

●仕上げ(お顔だけでなく、肩やデコルテ・頭部を軽くほぐすことでさらにフェイシャルの効果をあげます)
 
 
リフトアップコースはベーシックコースよりもさらに肌の奥深くを刺激することにより、たるみを引き上げ、シワや濃いシミに効果大です。
 
もちろんベーシックコースで得られる、
 
・ニキビやニキビ痕の改善
・カサつき
・くすみ
・毛穴の開き
・シワ
・目の下のクマ
・目の疲れ
・頭痛
 
に対してもしっかりとケアできます。
 
 
 
エステティックサロンでは、よく機械を使ってのトリートメントがありますが、人間の肌はやはり人の手によってトリートメントされるのが一番効果が大きい。
 
機械でも施術直後はしっかりと効果がでますが、あまりその状態が長続きしません。
 
だからエステティックサロンでは最低でも1週間に1度の来店を推奨してます。
 
 
アロマテラピートリートメントはしっかり効果を出したいなら2週間に1度。
 
できれば1ヶ月に1度はトリートメントすることを推奨しています。
 
 
そしてこのリフトアップコースは、2週間に1度を継続することで、リフトアップ効果がだんだん長持ちし、最後には1ヶ月に1度のサロンケアだけでキープできます。
 
リフトアップコースを受けよう!と思ったら、最初の半年間は2週間に1度を目指してみましょう。
 
そうすることで未来のお顔の状態が全く違うものになりますよ♪
 
 
 
すぐに効果を出したいのであれば、エステティックサロンでケミカルケアを。
 
ゆっくりの効果で、そして長持ちを期待するのであればアロマテラピーケアを。
 
 
アロマテラピートリートメントは本来の自分の力を呼び覚ますケアです。
 
補うのではなく、自分の中の生命力を信頼して美しく保つ。
 
そんなフェイシャルトリートメントを、体の中からのアプローチもついている今のうちに、ぜひ体験してみてくださいね!
 
 

 


【フェイシャルトリートメント+1 キャンペーン】
 
 
フェイシャルメニュー3種類のうちどれでも、一つされた場合に腹部のトリートメントがついてくる!
 
期間…4/16(日)〜6/30(金)
価格…6,000円〜9,700円(フェイシャルトリートメントの種類によって異なります)
 
※トリートメント所要時間は100分(足浴付)
※期間中、何度でもご利用可能
 
詳しくは…http://www.healing-raphael.com/other/event.html
 
トリートメントご予約時に、「腹部もつけてください!」と申告してくださいね。
 
ご予約お待ちしています♪
 
 
 
 
 
====================
現在、募集中のイベント

5/30(火)   簡単♪アロマテラピー講座
6/30(金)迄 フェイシャル+1 キャンペーン
8/30(水)   お家でできるスキンケアレッスン

詳しくは…http://www.healing-raphael.com/other/event.html
====================

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕食断食 | トップ | ファンを発見! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL