リーマンゴルファーの闘病記

ゴルフ馬鹿のサラリーマンが送る闘病生活を記録します。

入院生活11日目(術後+3日)(2017/7/13)

2017-07-16 21:05:35 | 日記
こんばんは

さきほど、夜の体重を量りに行ったら、あの悪人西○元PのJrが居てびっくらこきました・・・・
まさか親父がこの病院に居るとは思えないが、散歩のふりして、よく名札チェックしてみよう(汗)

そいて大河ドラマを見ながら、頑張って書いてます(笑)



リハビリの為、歩きを頑張り、また夜のオシッコと格闘して迎えた+3日の朝です。


オシッコも、その前日ほどは続かず、明け方は寝ることが出来てました。そして起きてビックリしたのは、やはり痛さが、かなり減ってきてたこと。
こりゃいいぞーって感じです。


朝の回診で、傷口の上に貼ってあったテープが剥がされました。
今回の手術で、自分でお腹の傷みてビックリしたのは、噂通りホチキスで止めてあるのもそうなのですが、この私の分厚い脂肪の鎧がホチキスだけで傷がふさがるのか?と思ってたら、本当にテープが貼ってあるだけの感じなんですよ。
でもそのテープって、あの傷パワーパッドみたいに、しみ出す体液を使ってふさぐ的な感じのテープのようで、この日の朝の回診の時は、もう真っ白な太いものがテープに走ってる感じの状態でしたね。

剥がされたら、貼りなおすのか?と思ったら、貼らないで、そのままホチキス止めで終わりでした。ムカデみたいです。(画像は自粛)


そして回診の前に、ベッドに戻ったら、ベッドが汚れていました。
どうも手術時に背中に挿入した痛み止め注入用の管がとうとう3日目となりモレてしまったようです。

この痛み止めは、初日はさておき2日目以降をこの程度の痛みにし、リハビリさせてくれた頼みの綱のような存在だったのですが、初日に使いすぎて、2日目にボトルに補充という他の患者さんから比べると早いペースだと言われてました。
しかし前日の昼以降、追加注入はせずに過ごした為、もう無くても大丈夫だろうという話になり(というかまた入れるのはあり得ないんでしょう)。管を抜いて、痛み止めがこの日から飲み薬に切り替わりました。

やはり、この点滴の痛み止めがなくなった影響は、多少ありまして、午後から歩くと傷がシクシクするような感じで、あまり歩かなくなってしまいました。


ですが、この管が抜けたことで、シャワー浴びてOKが出ました!
傷口も、軽く洗ってよしとのことですが、なんてったって頭が洗えるのがうれしい!水のいらないシャンプーでかなり持ちこたえますが、やはりトニックシャンプーにはかなわないからね。
(備考:トニックシャンプーは、100均で空ボトル買ってまでして病院に持ち込み。子供のころから愛用。これのおかげで、この歳でもハゲないし、白髪出ないと信じてる)


お腹の右側から出ている管(ドレーンって言うらしい。)は防水シートみたいなのを貼ってくれて、点滴はカバーしないといけない範囲が広いのでビニール袋被せてグルグル巻きにテーピングって感じ。
いや~ まだ管が付いてるし、ドキドキしながら入りましたが、サッパリしました。


なんかこうやってると、治っていってるなーって実感します。


夕方の回診で、「ガス出ましたか?」と再度確認されましたが、術後まったく出ていない。今までなら、タバコとコーヒーがあればすぐにでも出せたけど(爆)
先生から「明日流動食開始しようと思いますが、ガスが朝までに出ていなかったら、状況見て再判断します」とのこと。

その後、看護師さんに「もしガス出なかったらどうなるの?」って聞いたら「鼻から腸までの管入れることになりますよ」と強烈な・・・・・
前日聞かれた時は、お腹が張ってもいなかったのですが、今日はガスが溜まって張ってる感じが出ているし、2回ほど空振ってる・・・・意地でも出さないと!



この時点が、「生還しております」って術後初めて書いたブログの頃です。

やはり腸の動きが弱いからなので、それは運動しか手がないそうです。まあそれから結構歩きました。



そして忘れもしない20:34 無事おいでなさいました(笑)


明日からの流動食決定です。


しかも寝るまで、結構な回数出ましたよ。人間の体って現金ですねw



この日も何度か目覚めながらも痛みと戦う感じは無く、翌朝を迎えられました。




ではでは
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院生活10日目(手術翌々日... | トップ | 入院生活12日目(術後+4日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。