リーマンゴルファーの闘病記

ゴルフ馬鹿のサラリーマンが送る闘病生活を記録します。

入院生活12日目(術後+4日)(2017/7/14)

2017-07-16 21:39:30 | 日記
こんばんは

さて+4日です。金曜日です。翌日から3連休が始まり、病院スタフが手薄になるでしょうから、順調そのもので週末を迎えたいムードです。
無事ガスが出て、流動食開始の日です。


7/9(日)の朝から絶食となり、7/13(木)までですから、丸5日間何も食べてないということです。
でも点滴ってすごいですね。ちっともお腹減ったりしないんですよ。


さすがに点滴で溜まった水分もかなりオシッコが出始めてますので、この日の朝の体重は107.7kgでした。
手術当日の朝が108.1kgだったので、400gしか減ってません。(これが取った胃の分かい?w)


どうせ後でイヤでも勝手に減るから、気にしないことにして、また朝の散歩の後、いよいよ朝食です。
その前に、看護師さんから食事の仕方のレクチャーです。


最初は1/3食べれば良い。30分かけてとのこと。


胃ってそもそも、口から入って食道通って到達した食べ物を、3~4時間かけて胃液で、その後の消化がしやすい状況を造るのが役目なんだと思ってます(医学に精通した人からすると正確じゃないんだと思いますが、そこはご容赦)。
それが1/3の大きさになってしまったので、入る量が減るだけじゃなく、すぐに腸へ送られてしまうんだそうです。

すると、よく消化できないまま腸に到達するとダンピングって呼ばれる症状に悩まされることになったりするんだそうです。
その為、口の中の唾液も使ってよく消化できるようにして、アシストしないといけないんだそうです。


早飯早○芸のうちと教えられた世代は、早食いが多いと思いますが、私ももちろんそう(会社の昼休みのメンバーでは一番遅いからそうでもないのか?)だと思ってますので、とにかくゆっくり食べるということをしなければならなくなりました。


しかし少ない量(簡単に言えば、胃の大きさである1/3)を長い時間かけてというのは、今迄の何倍もの時間をかけることになり、これは相当なストレスです。



これが記念すべき胃切除後、初の食事ですが、よく噛んでって言っても噛むもの無いんです。あえて言うならセリー(笑)

まあ口の中に止めとく感じで対応しました。続いて昼。



朝は味噌汁と付いてた塩で食べれましたが、昼の右下の野菜スープがまあ味が無くて


そして夜



お抹茶で締めじゃないですよ(爆)


食事を楽しみと言うより、作業と捉えないとやってられない状況が続きます。



この日が、本日の術後の状況(7/14)で書きました日です。



この日は、ガス出し成功に加えて、便通がありました。と言っても術前の残り物と思います。


そして夕方の回診で、先生が3分粥を出すつもりが、間違えて重湯にしたことを自白(笑)
翌日から三部粥に昇格です。


ではでは


『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院生活11日目(術後+3日... | トップ | 入院生活13日目(術後+5日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。