庄内の塾 進学補習総合塾 佑学塾 塾長のブログ

庄内 塾 佑学塾 進学塾 補習塾 個別 個別指導 本部は進学補習総合塾 個別指導部

「生きる力」と「学力」

2011年05月31日 | 教育よもやま話
幼稚園や小学校で配られた小冊子で、こんなの見かけませんでしたか?



社会全体ではぐくむ「生きる力」

家庭をはじめとして、社会全体で、子どもたちの
「生きる力」をはぐくんでいくことに
ご理解とご協力をお願いします

みなさんの家庭ではいかがですか?

□学校での出来事について子どもと話をしている
□「おはよう」「ただいま」「おやすみ」などのあいさつをしている
□早寝早起きを心掛けている
□子どもは毎日朝食を食べている
□子どもが手伝う家事の分担を決めている
□テレビやゲームの時間にルールを決めている
□家で読書や勉強する時間をとっている
□子どもと一緒に地域の活動に参加したことがある


塾講師として断言します。

このようなことが普通にできているご家庭の子供さんは

学力が高い!

です。

厳密に言えば、できている項目の多さと、学力の高さには
「正の相関がある」ということなのですが。

私も親として実践しなければ・・・(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模倣と習熟

2011年05月30日 | 教育よもやま話
江戸中期の儒学者、貝原益軒の「和俗童子訓」の一節


およそ人は、よき事もあしき事も、いざしらざるいとけ[幼]なき時より、ならひなれ[習ひ馴れ]ぬれば、まず入りし事、内にあるじ[主]として、すでに其性となりては、後に又、よき事、あしき事を見ききしても、うつりかたければ、いとけなき時より、早くよき人にちかづけ、よき道を、をしゆべき事にこそあれ。


人は、幼児のころから、まわりの人をまねて「習い馴れ」ていくものであり、それが子どもの心の「あるじ」となり、生まれつきの「性」と変わらないものになる。したがって、幼児のころから、「よき事」「よき人」に近づけ、「よき道」を教えるべきである。悪いことが「性」となってしまった後にそれを変えるのは困難なのだから・・・。ほんもの・善きものを模倣し、練習し、習熟し、習慣化し、自分の性(第二の天性)にしていくこと、それが学習と教育の要諦である。


素晴らしい!


模倣 → くり返し(反復練習)→ 習熟 →習慣


うん!シンプルだ。


結局、いつの時代も、真理は真理なのだなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父親の役割

2011年05月29日 | 教育よもやま話
「わが子の幸せを願うならば、まず母親が幸せを感じていなければならない」

「わが子の安寧を願うならば、まず母親が安寧でなければならない。」

と思うのです。



なぜなら、子どもが小さいとき、

いつもそばにいるのは母親。

いつも面倒みてるのも母親。

接している時間が長いのは母親。


ということは、

母親が機嫌が悪い、

母親のストレスがたまっている、

母親が煮詰まっている、

母親が幸せを感じていない、

という状況は、すぐ子どもに伝わってしまい、母親も子どもも可哀相。



で、父親は確かに、家庭生活の根幹を成す「仕事して稼ぐ」という、

重要で重大な責任ある役割を担っている。

がしかし、それだけではわが子の幸せは望めないのでは?


上に書いたような考え・意識を、少しでも持っておくことで、

ふとした瞬間に、そのように行動できるのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宿題をサボる

2011年05月28日 | 塾でのできごと
よくあることなのだが・・・特に中1の生徒。

昨日、宿題の答え合わせをしていて・・・

講師「あれ?お前半分以上やってへんやんけ。なんで?」

生徒「わかりませんでした。」

講師「ほ~ぅ、じゃあどんな問題があって、どんな所が
  分からなかったのか、言ってもらおうか。ただ単に
  さぼっただけなのに、分かりませんでしたという、
  もっともらしい言い訳をしているだけやったら、
  エライことになるけど、ええんかいな?」

生徒「・・・・・・さぼりました」

講師「やっぱりな。お前は嘘をついた。それは理解できるな?
  次回また同じことしたら、どうなるか分かってるやろな!」

生徒「はい。もう二度と・・・」


まあ、小学校時代、宿題をするのが面倒くさくて、その言い訳に
「わかりませんでした」
が通用していたのだろう。
ウチでは絶対に許されない(笑)


あと、「時間がありませんでした」という言い訳もよくある。


講師「ほ~ぅ、じゃあ、昨日と一昨日、どういう行動をとってたのか
  一から説明してもらおうか・・・

   以下省略(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残心

2011年05月27日 | 塾でのできごと
先日、テストをやらせていて・・・

まあ、よくできる子が、さっさと終わらせてしまったすぐ、

見直しをまったくせずに、机にうつぶせになり、眠る体勢になった。

それを見かけて、私は軽く手刀で頭をコンとしながら、


「あんな、剣道で、残心っちゅうのがあんねん。メ~ンってするやん。
 その後に、反撃に備えた心構えになっとかんと、一本ちゃうねん。

 それと同じやん。出来たからといって、あ~終わった終わったって
 安心したらアカン。ミスはないか、勘違いはないか、確かめてから
 やっと終わりやねん。見直しせんか~い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どういう子どもに育てたいのか

2011年05月26日 | 塾でのできごと
数年前から、入塾の問い合わせ、小学校低学年が増えた。

危機感を感じている親御さんが、「少なくない」ということだろうと思う。

そのとき、題にあることを遠まわしに聞きます。
(ダイレクトに聞くわけにはイカンもんね)

例えば・・・

小2で算数の他に、英語もやらせたいという。

そのときの私の台詞。

「どうしてもと仰られるならやらせていただきますが、私の本音を言わせていただければ、まだ必要ないというのが正直なところです。それよりもまず、国語です。英語というのは外国語ですから、母語のレベルを超えて、身につけさせることは出来ません。国語をしっかりとやって、国語力が高い方が、結局、英語の力も、習い始めると、そのぶん身につきますよ。ウチの英語は読み書き中心ですから、小6からでも十分間に合いますよ。なぜ英語をやらせたいと思っていらっしゃるのですか?」

中学になったとき、英語が出来ていれば、定期テストのときなど、
他の教科に勉強時間を割くことができると思いまして、とのこと。

「それならば尚、まだ必要ないと思いますよ。低学年で英語の発音や、リスニングの耳を鍛える、ということであれば今からやる方が良い、という部分もありますが、そうでなければ、算数・国語だけで十分ですよ。そして2年生ですから、まずは学習の習慣を身につけることが一番重要です。これを確立してる子は、どんどん伸びていきますし、後に英語をやらせても伸びていきますよ。」


親御さんの中には、「英語が得意ではない」という人が少なからずいて、
英語が得意ではない理由として「中学からやり始めたから」という考えを持ち、
逆に言えば、「幼いころから英語をやれば、できるようになるのではないか?」
という淡い幻想を抱いている人が、これまた少なくない。

考えなければいけないポイントは、

・高校入試・大学入試に必要な「英語力」と、いわゆる「英会話の能力」はまったく違うもの
・「英語ができる」「英会話ができる」というのは、「ツール(道具)」の一つ
・英語ができたからといって、それで「食える」人はごくわずか
・幼い子は、覚えるのも早いが、忘れるのも早い(英語習得には不断の努力が必要)

などでしょうね。

小学校低学年であれば、まずは「学習習慣」
教科であれば「国語力」であると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育の「外部経済効果」

2011年05月25日 | 教育よもやま話
外部経済効果とは、ある個人の活動が、市場を経由しないで、
他の個人に与える、好ましい効果のことである。

例えば、農業経営者が果樹園を営むと、近くの養蜂家は蜂蜜の
生産を増加させるできるので利益を得る。このとき、農業経営者は
養蜂家から金銭の支払いを受けることなく利益を与えている。

これを教育に置き換えてみた場合、教育で社会的価値や行動規範
を教えれば、その好ましい影響は社会全体に及ぶ。また、教育により
社会の成員の識字力が高まれば、情報伝達が容易になるなどの、
社会全体としての利益を得ることができる。

もっと卑近な例を言えば、無知・無学な人々が住む社会に、唯一人
博識・博学の個人がいたとする。この個人は他の人間とコミュニケイト
できないから、自分の情報や知識を他人に伝達することができない。
他人が持っている情報を受け取ることもできない。その人が持つ
情報や知識の唯一の使途は、自分を自家消費することだ。この場合、
この人の持つ情報や知識は完全に私的なもので、外部性は無い。

何が言いたいかというと、これを被教育者に置き換えた場合、
勉強するのは「自分のため」だけではなく、「他人のため」
ひいては「社会のため」という側面もあるのだということだ。

無論、このようなことを子供に言っても通じないし、勉強するための
説得性もありはしない。大人・親に向かって言いたいのだ。近年では、
「勉強は自分のためにするもの」という認識を持つ者がほとんどでは
ないだろうか。もちろんそれもあるのだが、前述の観点も必要だろう。

「勉強は自分のためにするもの」ということだけでは、では自分のため
にならないから、自分には必要ないから、というエクスキューズ(言い訳)が、
容易に成立し得る。

だからと言って、「社会のため」に勉強しなさいと子供に言え、と
いうことではなく、そのような意識を持ち、子供が社会に出たとき
困ることのないように、また、未来の社会がより良くなるように
腐心することにも責任があるのだ、と言いたいのだ。

子供にしっかり勉強させるということには、「個人的」「社会的」
二重の責任が我々大人・親にはあるのだと言いたいのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブス・ブサイク25か条

2011年05月24日 | 教育よもやま話
友人のブログよりいただきました。


宝塚歌劇団の壁にはってあるらしいです。

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.精気がない
5.自信がない
6.グチをこぼす
7.希望や信念がない
8.いつも周囲が悪いと思っている
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくイジケている
11.なんでもないことにキズつく
12.他人にシットする
13.目が輝いていない
14.いつも口がへの字の形をしている
15.責任転嫁がうまい
16.他人をうらやむ
17.悲観的に物事を考える
18.問題意識を持っていない
19.他人につくさない
20.他人を信じない
21.人生においても仕事においても意欲がない
22.謙虚さがなくゴウマンである
23.人のアドバイスや忠告を受け入れない
24.自分が正しいと信じ込んでいる
25.存在自体が周囲を暗くする


容姿が、ブス・ブサイク、ではなく、人の内面の話でしょう。

「勉強・学習」だけでなく、子供たちの成長過程において、
人として重要なことがらがたくさん含まれていると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸田露伴の「努力論」

2011年05月23日 | 教育よもやま話
幸田露伴は「努力論」の中で、おおよそこう言っている。



  幸運に出あう人は、いかなる心がけをもっているか。
 
  多くは巡って来た幸運を取り尽くさず、使い果さず
  「惜福」(せきふく)の工夫をしている。

  さらに、「分福」(ぶんぷく)の工夫をして

  自分の得た福を、必ず他者に分かち与えている。

  それだけでなく、「植福」(しょくふく)の工夫をして

  徳を積む手立てを講じている。



これがいわゆる「三福説」というもの。

こうありたいものですねえ。そしてまた、



  注意深き観察者となって、世の中の失敗者、成功者、幸福者、不幸者

  を見て分かることは、幸運を導き出す人は、何ごとによらず

  自己を責める精神に富み、過失、不足、不妙、拙なること、愚なること

  の原因を自分に帰して、決して他人を責めず、運命をとがめず、

  うらまず、非常な痛みを忍んで努力して事にしたがうものである。




とも言っている。う~ん至言ですなぁ。

「他人のせい」「運のせい」「環境のせい」にするのは

【ラク】なんですよね。

だから弱い人は、すぐこの考えを持ってしまう。


「勉強・学習ができる子、できない子」もまったくこれと同じですなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守・破・離

2011年05月22日 | 教育よもやま話
この考えは、茶道や華道、そしてまた剣道や格闘技などなど
いろんなものに共通しているそうだ。

そしてまた、これは「学習道」というものがあるとすれば、
すごく役に立つ考えであると思う。


川上不白 (1716-1807)
かわかみ ふはく。18世紀の日本の茶人。不白流開祖。

守ハマモル、破ハヤブル、 離ハはなると申候。弟子ニルハ此守 と申所計也。弟子守ヲ習盡し能成候へバ自然と自身よりヤブル。これ上手の段なり、さて、守るにても片輪、破るにても片輪、この二つを離れて名人なり、前の二つを合して離れてしかも二つを守ること也。 --『不白筆記』(1794年)
守は下手、破は上手、離は名人。 --『茶話集』


守:最初の段階では、学習者は師の教えを正確に模写する。理論についてあれこれ考える前に、その作法に集中する。作法が複数ある場合でも、師の教えをただ忠実に守る。

破:この段階では、学習者は新しいことに手を出す。基本的な実践を身に着けたなら、技術の裏にある原則や理論を学んでいく。また、他の師からも学び、得たものを自身の実践に採り入れていく。

離:この段階では、学習者は、自身の実践を通じて、他者から学んでいく。自身の手法を生み出し、学んだことを自身の環境に適応させていく。


日頃、生徒たちに教えていて、よりよく学習するには
「型」をつくると必要があるといつも思う。


まず「守」の段階で、勉強する方法・やり方である「型」を徹底的に叩き込む。
ノートの作り方、問題への取り組み方、テストの受け方・・・などなど。
これを確立しておけば、年齢が上がっても自ら進んで勉強するのではないか。
土台がしっかりしていれば。

逆に言うと、「型」が備わっていない者は、学習する必要に迫られたとき、
方法がわからないのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「褒めて伸ばす」

2011年05月20日 | 子育てにおけるマジックワード
「先生~、ウチの子、褒められると伸びるタイプなんです~!」


いやいやいやいや(笑)

たとえそうだとしても、他人に

話すことではないし
要求することでもないし
同意を求めるものでもないと思いますよ?

このようなことを言う親を持つ子は

「勉強できない」子が多い、という現実。
そして、その親は普段、あまり「褒めていない」という現実。

そしてまた、教育界でも「褒めて伸ばす」ということが
まことしやかに言われていますね。


確かに「褒められて伸びる」タイプの子はいます。
反対に「叱られて伸びる」タイプの子もいます。

そしてまた、これが10か0か、ということではなく、
ケースバイケース、そしてバランスがだいじなんです。

見極めが重要なのです。ここが腕の見せ所なのです。

人間、褒められたら嬉しいのは当たり前。
褒められ続けて、伸びていく子もいます。
しかし、褒められ続けると、慣れてしまって
「な~んだ、この程度で褒められるのか」と
ナメてしまう子もいます。

人間、叱られるとへこむのは当たり前。
へこんだまま、やる気を無くす子もいます。
しかし、そこから次こそは褒められよう
叱られないようにしようと、なにくそ~と
努力する子もいます。

まずは見極め、次にタイミングが重要なのですね。

子供の状態なんて、日ごと、週ごと、月ごと、年ごとに
ころころと変わるもの。
表情・体調・状況などなど、全て考慮にいれて、
そのつどベターな方法を採るのが重要です。

ワンパターンじゃダメなのです。

だから、冒頭の「褒めて伸ばす」というのは
1つの方法に過ぎず、方程式の答みたいに、
「これしかない!」というものではないんです。

そして、「褒める」というのも難しい側面があって、
無理矢理にに褒めると、

「なんだ、折角叱ってやったのに・・・」
という感情は持つことが少ないのとは反対に、

「なんだ、折角褒めてやったのに・・・」
という感情を持つことが人間にはあるのですね。
特に我が子だと、そうなりがちです(笑)

そこで、
「もう二度と褒めてやるもんか」
という、愚かな結論を出すことがあるのです。


やはり、「褒める」だけではダメで、
「褒める」「叱る」のバランスが重要なのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やればできる」

2011年05月18日 | 子育てにおけるマジックワード
「ウチの子、やればできる子なんです~」


あたりまえです(笑)

勉強すれば、ある程度はできるようになる子が大半です。


「やればできる」⇒裏 「やらないので、できない」 
        ⇒対偶 「できないのは、やってないから」


こんな台詞は、やることやってから、または

親が子に、やらなアカンことやらせてから、言うべきでしょうね。


まあこのような台詞を言う親の子は、

「やったことないから、できるかどうかわからない」

という傾向が強いです。


これは、いわば「不戦敗」の状態。

それ故、「できない」と決まったわけではないので、プライドだけは保たれる。

しかし、この状態はいつか負けることを先延ばしにしているだけなので、

延ばせば延ばすほど、取り返しのつかない状況になる。

無論、「やればできる」というのも証明不可。



一所懸命にやれば、それなりの結果はついてくるのになぁ、とよく思います。

なぜ、目先の快楽にすぐに負けてしまうのか。

やっぱり子供は鍛えないとアカン!

不戦敗ばかりに、慣らさせたらアカン!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「のびのび」

2011年05月16日 | 子育てにおけるマジックワード
子どもにとって、勉強ができる、学力が高い、
というのが「すべてではない」というのを前提で。

よく大人が、世間話などで言います。

「やっぱり子供は、のびのびと育てないと・・・」


【のびのび】を広辞苑で調べると、

おさえられることなく自由であるさま。ゆったりしているさま。
「~と育つ」「~した生活」
とある。

がしかし、よく聞いてみると、どうも「勉強をする」「勉強をさせる」
の対義語として、「のびのび」を使っているフシがある。


少数ではあるが、ほぼ毎日のお稽古事や、習い事・塾をやらされて、
友達とあまり遊べない子はいますよ?

そういう子を想像して、あ~可哀相!それに比べてウチの子は幸せや!
とでも言うのでしょうかね?
そういう親に限って、

自分がラクしたいだけちゃうん?
面倒くさいだけちゃうん?
自分のやりたいこと優先してるだけちゃうん?
ほったらかしにしてるだけちゃうん?

とツッコミをいれたくなる人は少なくない。

躾、子供の教育をあまりしない言い訳として「のびのび」
という言葉を使ったらアカンのでは?


遊びに行って来ま~す!と言って、子供が出て行って、

公園でDSしてるの知ってるんちゃうん?
友達の家でゲームしてるの知ってるんちゃうん?

何が「のびのび」なんでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「権利」

2011年05月13日 | 教育界のマジックワード
教育界(主として公立小・中学校) での、「権利」の

定義として、次のような傾向があるように思われる。

「権利」=「~してもよい」

どういった使われ方をしているかというと、


・授業中に、眠る権利・他のことをする権利

(理由)授業が面白くないから。自分にとっては意味の無い授業だから。

他人に迷惑をかけていないから。先生の授業が下手だから。


・宿題をやらない権利

(理由)宿題は強制だから。やっても意味ないから。

他の子もやっていないから。宿題をする時間がないから。


この論理もまた、子供に阿る大人がひねりだした、珍妙なもの。
「ラク」をしたい大人の「言い訳」の変形バージョン。

このような行為を叱責すれば、子供から、時には親から、
「人権無視」というクレームがつくこともある。
学校の教員も大変だ。
しかし、その行為をそのまま放っておいて、子供が悪い方へ
成長していくのを「見過ごす」のは「人権無視」ではないのだろうか?


このような拡大解釈された「権利」の定義が、はびこる一因
として、1994年に批准した「子どもの権利条約」というのがある。

まず1989年に国連で採択されたのは「児童の権利に関する条約」
というものであり、「子どもの権利条約」という名称ではない。
この点だけでも、怪しい意図が見え隠れする。

そして条約における「児童」とは、餓死する子供、人身売買される
子供、少年兵、ストリートチルドレンなどが念頭に置かれたもの
であり、これらの子供の生存権・生活権を保障しようというのが
条約の趣旨なのである。

そこに自分に都合のよいことを主張する「権利」なんてものは
有る訳が無い。

しかし、首をかしげるような自治体もあって、ある市はご丁寧に
「子どもの権利条例」なんてものを作って、

・ありのままでいる権利
・秘密が侵されない権利
・子どもであることで不当な扱いを受けない権利
・余暇を持つ権利

などという、恣意的に使用すれば、子供がかなりの強者になる ような

権利を保障しているのである。

これでは先生や親の言うことをきくはずがないのではなかろうか?


教育において「権利」とは、親にある「子供に教育を受けさせる義務」
に基づいた、子供が「教育を受ける権利」があるだけで、
それ以上でも以下でもないのではなかろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「個性」

2011年05月13日 | 教育界のマジックワード
「個性」を広辞苑で調べてみると・・・


個人に具わり、他の人とはちがう、その個人にしかない性格・性質


とある。しかし、教育の場で「個性」と言ったとき、

個人の特徴や癖とは違う意味を内包するのではないだろうか?

・他人とは違う「良さ」
・他人に良い影響を与える、他人に素晴らしいと思われる
・結果的に仕事になったり、「食える」ようになる

などではないだろうか?例えば・・・


・数学がめっちゃ得意
・サッカーがめっちゃ上手い
・元気よく笑顔で挨拶ができる
・この子がいるだけで、周りが明るく・楽しくなる


などなど。しかし、「個性」を拡大解釈し、

え~っ!と言いたくなるようなことを言う大人がたまにいる。


「ウチの子はゲームが大好きなんです!それが個性なんです!」

「ウチの子、鉛筆の持ち方がヘンなんですが・・・それも個性ですよね?」

「ウチの子は勉強があまり出来なくて・・・でもまあそれも個性ですから・・・」


違うのではないだろうか?

それはただの良くない癖であったり、躾をされていなかったり、

良くない特徴であったり、ただそれだけでは?

じゃあ、結果的に、ニートも個性? イジメ・イジメラレも個性?

罪を犯すのも個性?



このような「個性」という使い方をする大人の思考回路を想像するに・・・


一応、それではアカンなぁと自覚はしている
        ↓
でもゲームしてたら、放っておいてもいいし、ラク
躾や勉強させたりすんのは、メンドクサイ
        ↓
これも「個性」なんだ~と逃げる



「個性」とはこのようなエクスキューズ(言い訳)のために使われるべきものではない。


「個性」=良いモノ、素晴らしいモノを内包したもの

そうでないもの=悪い癖、悪い特徴

と峻別すべきだと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加