庄内の塾 進学補習総合塾 佑学塾 塾長のブログ

庄内 塾 佑学塾 進学塾 補習塾 個別 個別指導 本部は進学補習総合塾 個別指導部

中学受験は「親の受験」???

2011年08月01日 | 教育社会学
中学受験させる予定の保護者(全体の約13%。都市部では約2割、その他の地域では1割未満)
の教育観や子どもへの関わり方の報告を見てみましょう。

「中学受験させる」約13%の保護者の特徴
保護者が「中学受験させる」ことを決めた要因をさぐるため、
保護者の教育観や子どもへ期待する項目を見ていきます。

【図1 教育に関する意見や考え(受験予定別)】



注1:「とてもそう思う」+「まあそう思う」の合計
注2:(   )内はサンプル数



一番注目してほしいのは、3番目の項目

「今の学区の公立中学校は不安なことが多い」

です。これは、地域によっては、荒れている・学力が低いと言われている、など

保護者どうしの噂によって、ある程度その学校の様子が分かってしまうからでしょう。

ですから、良い学校に行かせたいという積極的な理由ではなく、

「その中学に行かせたくない」

という消極的な理由の場合もあるのですね。

私はこれを「逃避型」と呼んでいますが、これは

裕福な家庭はそれでよいでしょうが、そうでない家庭はどうしたらよいのか?

という問題を必然的に引き起こしてしまいます。

どうしましょうか?


ベネッセ教育情報サイト
http://benesse.jp/blog/20110127/p2.html
から引用


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想像を絶する「ヒマ」 | トップ | 炎色反応~花火の色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育社会学」カテゴリの最新記事