中山金杯

2017-01-04 19:18:04 | 競馬
◎ツクバアズマオー
○シャイニープリンス
▲ライズトゥフェイム
△クラリティスカイ
☆ストロングタイタン

なんかもうホント難解という感じ。
ツクバアズマオーは中山成績も去ることながらオールカマーでG1馬2頭相手に3着と大健闘(マリアライトは結果的に衰えてたが)。
前走から中2週というのと事前馬体重発表ではプラス10キロという事だが大崩れする要素とまでは見られなかったので素直に本命。

シャイニープリンスも前走58キロから1.5キロ減。
ダノンメジャーがハナを主張すればロングスパートの展開になるだろうが前走も淀みないペースを前目で粘って3着なら評価できる。
上記の展開になるならばクラリティスカイもこの面子では切るに切れない。

唯一の穴をライズトゥフェイムにしたがCコース替わりで追い込みは厳しい印象。
トミケンスラーヴァやシャドウパーティーを穴筆頭にしたかったが馬体重が前走から大きく増えたまま今日の発表では絞れていなかった(トミケンに至ってはさらに増えてる)ことと枠も外目にやられてしまったので流石に手が出ない。
ライズトゥフェイムは今回、陣営のコメントから早めに動き出すであろうこととロングスパート予想なので3着くらいには来て欲しいな、という9割願望。

ダノンメジャーはここに来て2000mというのがネック。
ドレッドノータスはよく分からんが露骨に京都での良績が目立つのと55キロが恵まれてると捉えられなかったため今回は消し、来たらごめんなさいで。
マイネルフロストは去年2着と好走しているが多分、去年の様に逃げられるほど行き脚つかないんじゃないかと。

最後にストロングタイタンは本命にする要素も特にないけどここが試金石なので一応、抑え。
人気的には切りたいのが本音(ストロング飛んでドレッド来たら泣く)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年の競馬 | トップ | 京都金杯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL