理想に秘めた文化への道!

身の回りで起こったことについていろいろお話していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

健康のため、また、痩せる・・・

2016-12-24 16:53:06 | 日記
こんにちは。突然ですが、健康のため、また、痩せるために、絶食療法を行う人が増える傾向みられます。しかしながら、ただ食べないというやり方では健康状態が悪化してしまいます。特に自分の尿サンプルを検査してケトン体が出たときは、栄養が足りていない状態を示しているので、そのような状態にならないように上手に絶食療法を行うことが必要です。

ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、一番効果的と思われる心拍数を把握することによって自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪燃焼を高めることが可能となります。しかしながら、長い時間体を動かせば動かすほど痩せるということではなくて、激しすぎる運動だと、筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果とも言えるのです。このごろは飽食の時代になったといわれていて、、食欲が起こるようなものがよく目にします。食べたいものがたくさんあって年々太ってしまう一方です。そこで休日を使って、少しは胃腸を休めてデトックスのために、プチ断食にチャレンジするのです。

基礎代謝量をあげるためには有酸素運動がオススメだとされています。簡単に取り組めてなおかつ、効果もあるのはウォーキングだといわれています。ただもちろん、ダラダラと歩く、それではなかなか基礎代謝を上げることはできないでしょう。下腹部にぐっと力をこめるようにして、顎をしっかり引いて前を向くなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、ウォーキングの効果があげることができます。

近頃、関心を持つ人が増えているファスティングには、さまざまなの方法があります。例を挙げると、週末などに1日だけ、酵素が入った飲み物や野菜ジュース、お茶などだけを経口摂取する方法です。また、3回の食事うち1食を酵素入りのドリンクなどに置き換えて、一週間以上続ける方式もあります。土曜日、日曜日だけ行うファスティングは、週末断食と呼ばれています。

自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは必須ですよね。なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、どのくらいカロリーを摂取すべきなのか把握することは不可能だからです。10代の頃のような無理なダイエットをするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、普段から穏やかに数値を考えていきたいと思うこの頃です。それでは、また明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車を売却すると、わずかば | トップ | 自分の周りでも、かに通販 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。