傍聴絵日記

トライアスロン選手に突っ込まれ、パーキンソン症状に悩む人生はもうすぐ終わりそうです。

犬の鳴き声に立腹し放火、殺害予告(判決、戸田)

2016年10月28日 | 刑事事件
平成28年(わ)第1134号等

古川 晃(28)

脅迫

【判決】
懲役6月、執行猶予3年

被害者宅の飼い犬の鳴き声に(日中の)安眠を妨げられると不満を募らせて、被害者宅に脅迫文をくくり付けたペットボトルを投げ込み、警察に通報されたとみるや更なる脅迫文を(ペットボトルと共に)送付して逮捕されました。

被告人の居候先のアパートの大家(長女)から、被害者宅の飼い犬の鳴き声には被告人以外の近隣住民も困惑していたので「犬の責任(?)は大きいと思います」との嘆願書が弁護側から提出されました。

だからといって、いきなり「殺!」と書いた脅迫文を送りつける被告人の行動は如何なものでしょうか。
日中に犬が吠えるのは止むを得ないし、水商売勤務で夜働いて昼間寝ようとしているのは被告人の個人的な事情だし、耳栓すれば眠れたのと違う。
『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無免許運転に知人の名前を無... | トップ | 個人情報がモレているとJC... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

刑事事件」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。