傍聴絵日記

トライアスロン選手に突っ込まれ、パーキンソン症状に悩む人生はもうすぐ終わりそうです。

トライアスロン選手曰く(大宮区)

2016年10月09日 | トライアスロン
平成23年9月15日、私と事故を起こしたトライアスロン選手は 「右側通行していた」と主張しました。 後に競技者団体である「日本トライアスロン連合」は公道走行時に置ける右側通行を禁止していなかったとその理由を述べています。 今も昔も、「軽車両」に分類される自転車は道路交通法では道路の左端を通行する事が義務付けられています。 歩行者を含む道路を通行する誰もが同一の法規に従い通行するから、事故の発生 . . . 本文を読む
コメント

虚偽弁解を容認する弁護士

2016年10月08日 | トライアスロン
トライアスロン選手の虚偽弁解を、事故現場に写真撮影に赴いている吉森大輔弁護士が気付かない筈有りません。 . . . 本文を読む
コメント

ロードバイクに運転免許と保検の義務化を

2016年10月03日 | トライアスロン
無謀な自転車事故を防ぐ為にせめてきちんと道交法に従って通行しないと。これ以上不幸な事故は増えて欲しく有りません。 . . . 本文を読む
コメント

杜撰な大宮西警察

2016年10月03日 | トライアスロン
大宮西警察に限らず自転車事故の事故処理はいい加減過ぎます。 せめて。自動車と変わらない速度で走行出来るロードバイクが関与した事故はきちんと実況見分してもらわないと、私死んでも死にきれません。  . . . 本文を読む
コメント (1)

算数が出来ない大島淳司裁判官(5民)

2016年10月03日 | トライアスロン
小学生低学年程度の計算が出来ない大島淳司裁判官って、一体? . . . 本文を読む
コメント

自転車の右側通行を容認する日本トライアスロン連合

2016年09月23日 | トライアスロン
平成23年9月、さいたま市大宮区内の道路左端を走行する私の自転車の前に対向車線から斜め横断して事故*原因を作った加害者(トライアスロン選手)は「いつも右側通行をしていました」と弁解しています(トライアスロン選手の答弁書より)。 事故(平成23年)以前には、所属する競技者団体の日本トライアスロン連合から右側通行に関して注意を受けたことは無かった旨述べています(トライアスロン選手の答弁書より)。 ま . . . 本文を読む
コメント

Twitter