【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

あけましておめでとうございます。

2017-01-04 17:19:23 | D-tablet

商品先物取引のリスクについて


明けましておめでとうございます。

2017年の干支は酉年。

正確には干支は「十干」と「十二支」を組み合わせたもので作られ
ているので、2017年はただの酉年ではなくて、「丁酉(ひのととり)」
の年にあたります。

十二支や干支の考え方では、酉のつく年は「取り込む」という意味の
語呂合わせもあり、商売繁盛に繋がる年と言われています。

多くの企業が仕事始めの4日、商売繁盛の神様を祭る神田明神では、
今年1年の商売繁盛を願って多くの企業が参拝に訪れています。

神田明神によると、4、5日で約4000社が訪れる予定になっているそう
です。


また、酉年は「革命の年」とも言われています。


宇宙開発やエネルギー分野などで、過去にとても革新的な出来事が多
く起こった傾向にあります。

今年は、米国の新政権が今月スタート。

更に、3月にオランダ議会選挙、4~5月にフランス大統領選挙、秋に独
連邦議会選挙と、ユーロ圏にも新たな時代が訪れる可能性があります。

昨年の英国のEU離脱や、トランプ新大統領誕生など、これまでのイデオ
ロギーに捉われない新しい政治思想や、それを支える民衆の動きを見る
と、今年は、新時代に向けた新たなうねりが起こる可能性があるかもし
れませんね。


さて、国内マーケットに目を向けると、日経平均株価が年末最終日に比べ、
479.79円高の19594.16円と大幅高で初日の取引を終えるなど、幸先の
良いスタート。


商品市況も東京金が前営業日比59円高の4,389円と、2017年のスタート
を大幅高で飾るなど、原油など一部商品を除き概ね順調な滑り出しと
なりました。

今の所、トランプ効果により、ドル高、米株高、債券安といった流れが
続き、それが円安進行や日経平均株価の上昇など、現状は日本経済にも
好影響をもたらしている様です。

トランプ次期大統領は、1月20日に正式に第45代大統領に就任します。

先ずは、その手腕が注目されますが、世界的な平和の維持や持続的な
好景気に期待したいですね。


それでは、2017年も引き続き北辰物産をご愛顧の程、宜しくお願い
申し上げます。








【プレミアムセミナー】2017年新春相場を占う 今年の注目銘柄はこれだ!



【プレミアムセミナー】初めてのネット取引 わかりやすく解説!ネット取引の基礎






商品先物 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「申酉騒ぐ」? | トップ | 明日の米雇用統計より、11日... »
最近の画像もっと見る