【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

トランプ劇場継続中。。。

2017-05-17 22:18:35 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



良くも悪くもアメリカのトランプ大統領が
市場に与える影響の大きさを感じております。

特に為替は顕著で、先週まで円安ドル高の流れで
”115円までこのままいくのか?”
なんて話もチラホラ聞こえていましたが、
今は111円台までドルが売られて(円高)おります。

ドル円 30分足



この為替の円高の発端は一部メディアで
「トランプ米大統領が前FBI長官に対して、ロシアとの不透明な
関係に絡んで辞任した前大統領補佐官に関する捜査中止を要請した」
と報じたことがドル売りのきっかけになったみたいですが、
最近でも、ロシアに機密情報を漏えいした事が問題にあがったりと、
国内の政策に対する期待が萎んで、キナ臭い悪い部分が際立って
目立ってしまっていますよね。

元々、大統領になる前からロシア絡みで色々ありますね。
振り返ってみると。。

昨年12月 
CIAがロシアが米大統領選に関与したと認定

今年1月 
ロシアがトランプ氏の醜聞を握っているとの報道
大統領補佐官が政権発足前にロシア大使と制裁解除を議論した疑惑が米紙で報道

2月
その大統領補佐官辞任

3月
司法長官がロシアとの接触について虚偽証言した疑いとの報道
FBI長官がロシアの大統領選関与を捜査すると表明

5月
トランプ氏がそのFBI長官を解任
トランプ氏がロシア外相に機密情報を漏洩したとの報道

と、大国同士の遣り取りで、小説や映画にでも出てきそうな事が
現実として取り上げられております。

その度にマーケットは乱高下しておりますので、
昨年からのトランプ劇場はネガティブな要素は多いけれど
まだまだ継続しているな、という印象です。

国内で支持率が低下して厳しい舵取りを余儀なくされている大統領が、
今後、軍事行動等によって信任を得ようとすることだけは避けてもらいたいものです。




さて、当社も金オプション取引のサービス提供を6月5日(月)より、
開始する予定です!

損失を限定させて利益を伸ばしていくコール・プットオプションの買いや
原市場の金と組み合わせることでリスクを抑えながら利益を追求するなど
今後の取引戦略の幅が広がるのではないでしょうか。

特集ページをご用意しておりますので、
ご興味のある方は是非ご覧になってご検討いただければ幸いでございます。


それでは、また。



【金と白金の鞘取り特集ページ】


【北辰物産プレミアムセミナーのご案内】

5月25日(木)開催
「商品先物取引を始める前に知っておきたいポイント」


【キャンペーン情報】





商品先物 ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みなさんも十分警戒してくだ... | トップ | 感謝の気持ちを伝えましょ »
最近の画像もっと見る