【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

10月18日は統計の日!

2016-10-18 19:39:57 | D-tablet

商品先物取引のリスクについて



10月に入り先週辺りはだいぶ涼しくなったと感じたものですが、
本日、都内では半袖でも暑いくらいの気温となりました。
最高気温では25度から26度近くまで上昇したらしく、
季節外れの夏日となったようです。

相当に暑く感じた本日でしたが、過去、東京で記録されている
10月の最高気温と最低気温はどのくらいなのかと気になり、
気象庁のホームページで調べてみると、最高気温は1979年に
32.6度という気温があったそうです。

10月に30度超えの真夏日って。。。37年前になりますが、暑いですね!

そして更に驚いたのが、最低気温。
-0.5度だそうです!氷点下です!

こちらは1877年の10月というから、かれこれ139年前に遡ります。
統計期間は1875年から記録しているとのことで、140年以上も前の
データを蓄積して、公開しているということにも驚かされました。

気になって色々と過去の天気の統計を調べてしまいましたが、
皆様、本日、10月18日は「統計の日」と定められているのは
ご存知だったでしょうか。

こちらは総務省が統計の重要性に対する関心と理解を深め、
統計調査に対する国民のより一層の協力を得られるようにと
定めた日とのことです。

確かに、相場の世界では雇用統計であったり、在庫統計であったりと、
様々な統計の発表が今後の相場動向を左右する、重要な指標として
注目されることが多いですよね。

本日も21時30分にアメリカの消費者物価指数の発表が行われます。
こちらも一般的には物価の上昇すれば、利上げに舵を取り易くなると
見られますので、12月の利上げ観測が高まっているアメリカの
金融政策を占ううえで重要な指標となります。

経済指標の速報は弊社ホームページの経済指標カレンダーから
ご覧いただけますので、是非、注目してみてください。

経済指標カレンダーはこちらから

それでは、また。


【10月26日開催】 HOXSINプレミアムセミナー



【原油特集ページ】どうなる?原油相場 歴史的安値から反転!?


【新規口座開設キャンペーン】1枚以上のお取引で3000円キャッシュバック!!




商品先物 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週は19日の中国GDPに注... | トップ | 何があるか分からない。 »
最近の画像もっと見る