【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

有事でゴールドの輝きが増す。って嫌な感じ。

2017-04-20 01:54:15 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



隣国の北朝鮮がいつにも増して物騒な気配。

「平和ボケしている」なんて揶揄される日本国民も、
少なからず危機感を持ち始めたのではないだろうか。

かく言う私もそんな一人で、北朝鮮ミサイル発射!
と聞いても、

どうせまた海の上でしょ!?

くらいの感覚でおりましたが、今回の一連のニュースを
目にするようになってから、

より具体的に"もし東京に核ミサイルが落ちてきたら"
"核じゃなくて生物兵器だったら"とかを想定して、その後の
行動計画をシミュレーションしてみたりしております。

東京なんかはPAC3とかいうミサイルで守られてるんでしょ?
なんて呑気な方がいたらご用心です。

このミサイルの迎撃率は、100%ではもちろんございませんし、
迎撃距離が比較的地上に近いため、仮にうまく迎撃できたと
しても、ある程度の被害は覚悟しなければなりません。

一応日本ではPAC-3と、もう一つ海上自衛隊の保有するSM-3と
いったPAC3よりも高度の高い場所で迎撃することのできる
ミサイルがイージス艦に搭載されており、このそれぞれの二段
構えとなっております。しかし、これでも個人的にはまだまだ
不十分だと思っています。

そのため、たとえ攻撃されてもアメリカ軍が、いやいや日本の
自衛隊が何とかしてくれるでしょ。とかいう、甘っちょろい
考えは捨てたほうが良いでしょうね。自分の身は自分で守るを
基本に、有事に備えましょうね。

当然、戦争なんてまっぴら御免なわけですが。



こんばんはSSです。

ミリタリー系に興味の無い方にとっては、少しマニアックな
お話しになってしまいましたが、これくらいは皆さん知って
いて損はないと思いますよ。


と、このように北朝鮮や中東シリアなどの情勢不安から、
地政学的リスクの高まりで実物資産であるゴールドが
ここ最近は買われておりますが、この北朝鮮問題は、
どう考えても短期的には解決できないと思いますので、
ゴールドにとって、しばらくは安定材料となるのでない
でしょうか。







【金と白金の鞘取り特集ページ】


【北辰物産プレミアムセミナーのご案内】
5月11日(木)開催
「貴金属、原油、穀物の夏相場を読む!!」」


【キャンペーン情報】



【白金限日取引上場記念キャンペーン】キャンペーン期間中の白金限日取引の手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暫くは北朝鮮情勢に注目が集... | トップ | 瀬戸際外交の先にあるものは。。 »
最近の画像もっと見る