【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

平成も30年!今年の相場は!?

2018-01-11 19:04:24 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



こんにちは、DNです。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年はご存知の通り平成30年。
故小渕元首相により昭和から新元号が「平成」と発表されてから
はや30年が経ち、節目の年ともいえますが、来年の平成31年
5月1日には皇太子殿下が新天皇に即位することから、
今年の秋頃には新元号が公表される予定のようです。

人生の中でもそうそう何回も変わる事の無い元号ですが、
調べてみると、その決め方などが元号法により定められており、
いくつか条件が設けられているようです。

・国民の理想として相応しいような意味をもつものであること
・漢字2字であること
・書きやすいこと
・読みやすいこと
・これまでに元号またはおくり名として用いられたものでないこと
・俗用されていないこと

などなど、言われてみると、なるほどなと思うところであります。

また、大正や昭和、平成がアルファベットでT・S・Hと略されて
使用されるケースも最近では多い為、これらのアルファベットと
被らないものである、ということもいわれております。

はやくもインターネットでは用いられる漢字の予想で盛り上がっており、
「安」や「永」などの文字が予想の上位となっているようですが、
果たして。。。



さてマーケットですが、年明けからNY原油が騰勢を強めています。

NY原油 日足チャート


中心限月2月限では1バレル63ドル台と
年初から約5%程上昇しております。


背景には、記録的な寒波による暖房油需要の増加観測で、
製油所の稼働率が高まっており、米国では8週連続で原油在庫が
減少していることもありますが、世界的な株高も影響しているようです。

史上最高値を更新している米ダウ工業株30種平均や、
年初から26年振りの高値を付けた日経平均などにより、
「株高⇒好況⇒原油消費増」が連想されているようで、
投機資金のリスクオンの流れが商品市場にも追い風となっているようです。

今後も投機資金がどこに向かっていくのか、
注目していきたいと思います。

それでは、また。



【トレードコンテスト情報】


【セミナー情報】
2018年01月30日(火)開催
初めてのネット取引 ネット取引の基礎をわかりやすく解説!


【キャンペーン情報】








商品先物 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強運続くか!? | トップ | 商品相場がアツい!! »
最近の画像もっと見る