W.R. / 1948xx, jxx

2017年03月17日 | 【 WEST RIDE 】 

 

 

 

West Ride with Conners Sawing Factory

"1948XX & 1948JXX"

 

 


 

 

 

ウェストライドとコナーズソーイングファクトリー(滋賀)による

大戦終結後のデニム製品を現在に再現させたシリーズ。

 

最たる特徴は、

1900~1940年代のデニム生産において用いられていたミシン、

それを数十におよぶ台数でご用意なされ、

当時と同じ生産環境まで再現され、仕立てられる点にあります。

 

 

 

オリジナル(起源)と呼ばれる当時の製品。

それを基にして現行設備で作られるレプリカ(復刻)。

 

そこから更に踏み込まれた作り込みを目指された工房様が、

"The Original" と名付け、生地から工程まで限りなくオリジナルに近づけた一本から、

ウェストライドモデル 1948XX シリーズ生まれます。

 

 

 

この環境を整え、且つ古い機械を直しながら仕立てられるデニムは日産二本。

 

世界的にも稀有な工程を経て、

新品で手に入れる事のできるヴィンテージ。

  

pictures / © 2016 Western river

 


 

 

 

 

1948JXX

32, 34, 36, 38, 40, 42, 44, 46, 48

48,600- (incl.)

made in Japan

 

 

 

1948JXX - embroidered

32, 34, 36, 38, 40, 42, 44, 46, 48

70,200- (incl.)

made in Japan

 

 

 

1948XX

28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 38, 40

45,360- (incl.)

made in Japan


 

 

1940年代の大戦期デニムを裁断、分析されて織り上げられたオリジナル生地。

 

濃紺に染められた経糸(タテ)に対し、甘めに打ち込まれた緯糸(ヨコ)が成す、

やや柔らかなテンションと、

滴がつたわった様な長めでムラのある白点の表情。

 

濃淡深い経年変化を期待したくなる顔ではないでしょうか。

 

 

 

"Not Every Garment Guaranteed"

 

モーターサイクルもミシンも衣類も、形あるものはいずれ壊れます。

 

が、そこに愛情があるのなら直せばいい。

このデニムがそうである様に、そこから見出せるものもあるでしょう。

 

「製品の全てを保証する訳ではない」

が、

永くご愛用頂ける様に修理補修に対応いたします。

 

逆説的に製品に思い入れが込められたパッチ。

同ブランド様らしい表現ではないでしょうか。

 

 

(当紹介文面はウェスタンリバー様が作成されたものを基に記述させて頂いております。)

 

 


 

 

 

枻出版社 ライトニング2016年7月号 より

工房様が集められ、現役で働くミシンが一覧できます。

 

当時の作業工程は、一本のデニムに対し

時に十台近いミシンが用いられていたそうです。

 

 

ご案内製品のお渡し時期は、生産都合上、

適宜納品形態を取らせて頂いております事を

ご了承願います。

 

ブランド様のご意向により、実店舗販売のみとなっております。

 

 

hohdi

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« thanks! | トップ | Link - W.R. / grizzly sweat »