No Photo,No Joy.

2011-08-31 20:02:54 | 日々事
毎度おなじみ、秋の定期健康診断。
人生初の胃カメラで医者にいじめられる8月最終日。
胃の方はよくある「炎症の跡がちらほら」ってな程度だけど
声帯の奥の辺りが赤く腫れているとかで(原因不明)
一番苦しい喉の位置でまさかの“静止”(;ω;)コラーッ

嘔吐いちゃうのは仕方ないとしても、終わったあとも
ずーーーーーーっと喉に激痛が(瀕死)
これいつまで続くんだろ・・・

そんなことはどうでもよくて。

ロミジュリ掲載の雑誌が続々と出てます。

まずは「DDD」10月号
演出家、振付家、R×2、J×2、死のダンサー×2の
かなりしっかりしたインタビュー。
それぞれのビジョンもよく分かって読み応えあります。
写真も結構クオリティー高い

そして「BEST STAGE」10月号
こちらもR×2、J×2に加え、ベンヴォーリオの記事。
若手のプリンシパルの中でもより中心的な5人ですね。

さらに げきぴあの稽古場レポート
これも詳しい様子がわかって楽しいなぁ♪

でも、共通して言えるのはかなめさんの写真がない
(げきぴあの1枚に手だけ写ってますけどね)
というわけで、現時点では立ち読みで済ませております
実際に舞台を観たら、改めて買いたくなるかも。

9/5発売の「ミュージカル」には、禅さんとの対談で
かなめさんのインタビューが載るようです。
こちらは期待大☆☆☆でっす o(゜ー゜o
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

OG NAVI #109

2011-08-29 23:44:50 | だって私は涼風真世が好き
スカイステージ「OGエンターテインメントTV NAVI」#109。

ようやく涼風キャピュレット夫人が登場です
山崎育三郎さんとの対談、それから未来さん&大鳥さんの同期トーク。
稽古場風景もあって、かなめさんの歌が初めて聴けましたっ

かなめさんの髪型は・・・別に変わってなかった(オヤ?)
キャンディキャンディみたいなくるんくるんスタイル。
服もネイル(すっごいキラキラで綺麗!)も髪留めも
相変わらずかわゆいよ、もう (/ω\*

とりあえず対談の最初は、相手に「どうですか?」と訊くのが
かなめさんのポリシーみたいですね(笑)
でも、山崎ロミオがちゃんとはきはき答えるから偉いなぁ(笑)

かなめさんは、20代中心の稽古場の中で“年長”だそうですが、
若い方々が元気にやっているのを見るとワクワクする♪とのこと。
※学年でいえば安崎さんが最年長のはずだけど・・・まぁいいか。

「ロミオもジュリエットもそれぞれぴったりで、ふたりのシーンは
恥ずかしいぐらい羨ましい!・・この表現で合ってるかな」
に笑わせていただきました ( ̄∀ ̄〃 羨ましいんだ(笑)
初恋を思い出してキュンとするらしい。

稽古風景は、キャピュレット親子の最も重たい場面。
ロミオを忘れてパリスと結婚しなさい!の図。
昆ジュリ・莉奈ジュリは本当にピュアな感じなんですねー
反抗する娘に対するママの「おだまり!」がいいっ (そこ?)
禅パパの歌声もいいなぁ・・・渋い雰囲気で素敵です。

「キャピュレット夫人は結構ダークな面を持っているので、
そこの表現を小池さん・・・『さん』だって(笑) 小池先生が、
修ちゃん(!)が引き出してくださるので、忠実に表現したい」
話の内容は真面目なのに、下線のところで笑っちゃったっつーの(笑)

「宝塚は宝塚で繰り広げられる世界がありますから、
違いを見つけるというよりも、個々に別の作品のような気持ちで
観に来ていただくと楽しんでもらえると思います」

なるほどなるほど♪
日本初演と銘打った今作、まるで宝塚版がなかったことのような
扱いなのが若干気になっていたのですが、かなめさんみたいに
うまいことフォローしてくださると嬉しいですね

「劇場でお待ちしてます」
はいっ☆ 喜んで伺いますっ☆(え、私に言ってる訳じゃないの?)


ハマコさん&みどちゃんの同期ならではの弾けるトークも楽しい。
元ゾフィーと元シシィということで、小池演出は慣れっこですね。
楽しんで作品に参加されているようでよかったよかった。

ひとつ気になったのは「リアルな芝居を あの衣装で」という話。
ど、ど、どんな衣装なんだい?! (((゜m゜;))

【再放送予定】
8/31(19:00),
9/01(08:30),03(02:00),04(09:30),06(18:30),08(23:30),11(15:30)
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

BWML2011 8/28

2011-08-29 12:14:43 | 舞台感想
「BROADWAY MUSICAL LIVE 2011」 8/28(日) 16:30の部


ちょいと体調不良ながらも出掛けて参りました
新国立劇場は以前に小劇場の「ゴッドドクター」を観に行って以来、
中劇場は初めて入りました・・・結構 横に広いのね。

BSフジの後援のおかげか、想像以上にゴージャスな舞台構成。
出演者もそうそうたる顔ぶれでした

【演奏曲目】
On Broadway「スモーキー・ジョーズ・カフェ」(全員)
Bamboleo「ゾロ・ザ・ミュージカル」(石井一孝)
Just Around The Riverbend「ポカホンタス」(土居裕子)
One Song Glory「レント」(藤岡正明)
Whistle Down The Wind「ウィッスル・ダウン・ザ・ウインド」(神田沙也加)
Empty Chairs At Empty Tables「レ・ミゼラブル」(岡田浩暉)
Try To Remember「ファンタスティックス」(戸井勝海)
This Is The Moment「ジキル&ハイド」(キム・ジュンヒョン)
Elaborate Lives「アイーダ」(キム・ジュンヒョン/笹本玲奈)
Defying Gravity「ウィキッド」(笹本玲奈)
Buenos Aires「エビータ」(知念里奈)
Some Enchanted Evening「南太平洋」(今井清隆)
Beauty And The Beast「美女と野獣」(今井清隆/姿月あさと)
Rebecca「レベッカ」(姿月あさと)
Don't Stop Believin'「ロック・オブ・エイジズ」(笹本玲奈)
Anything But Lonely「アスペクツ・オブ・ラブ」(保坂知寿)
Who Will Love Me As I Am?「サイド・ショウ」(保坂知寿/土居裕子)

Tap Your Troubles Away ~ Doin' The New Lowdown(本間憲一)
I'd Give My Life For You「ミス・サイゴン」(知念里奈)
Super Star「ジーザス・クライスト=スーパースター」(岡田浩暉)
Wouldn't It Be Lovely「マイ・フェア・レディ」(神田沙也加)
In His Eyes「ジキル&ハイド」(戸井勝海/藤岡正明)
Almost Paradise「フット・ルース」(藤岡正明)
Aimer「ロミオ&ジュリエット」(石井一孝/神田沙也加)
Home「美女と野獣」(笹本玲奈)
Le Jazz Hot「ビクター・ビクトリア」(本間憲一)
Tonight「ウエスト・サイド・ストーリー」(岡田浩暉/知念里奈)
Sunset Boulevard「サンセット・ブルバード」(今井清隆)
Maria「ウエスト・サイド・ストーリー」(石井一孝)
China Doll「マルグリット」(土居裕子)
One Night Only「ドリームガールズ」(保坂知寿)
You Should Be Loved「サイド・ショウ」(戸井勝海)
Stars「レ・ミゼラブル」(キム・ジュンヒョン)
Der Letzte Tanz「エリザベート」(姿月あさと)
Lullaby Of Broadway「42nd ストリート」(全員)


ね、セットリスト見るだけでもお腹いっぱいでしょ(笑)

今回特に注目したのはキム・ジュンヒョンさんと藤岡正明さん。
おふたりとも上手いわー
キムさんは四季時代から素敵な声だと思っていたけど、
藤岡さんは何だか垢抜けたというか、魅力開眼というか☆
2階席で裸眼0.6の乱視で観てたら(眼鏡かけろよってね)
どことなく中川晃教さんに似た雰囲気を感じました。
リズム感といい、メロディーを自在に操る感じといい・・・
去年の「RENT」のピンチヒッター、観とけばよかった

女性陣ではやっぱり保坂知寿さんと土居裕子さん
おふたりのデュエットなんて、この企画以外では聴けないし。
保坂さんの貫禄の歌声と衣装選びのセンスはさすが!
土居さんのソプラノの伸びも気持ちいい!
来年も出てほしいなぁ♪

それから、笹本玲奈さんも若手の中でピカイチでした。
任された曲目も見ても期待の高さが窺えますね。
ウィキッドも圧巻だったけど、個人的には「迷いつつ」!
アイーダ演って!四季のシーズンメンバーで!

あと、予想外にハートを掴まれてしまったのが岡田浩暉さん。
JCS「スーパースター」 これにはやられました。
ちょっとノリが軽いけど(笑)まぁ、ご愛敬ということで。

今井清隆さんの「魅惑の宵」も素敵だったし(とろけるね)
本間憲一さんwithダンサーズの「ル・ホットジャズ」も
すっごく楽しかったです

本間さんのタップを見てて思ったのは、私はダンスが好きで
中でもジャズが一番好きで、さらに言えば複雑なステップも
「何でもないよ」と軽々やっている人が好きだということ。
もちろん踊っている当人は必死も必死だと思うのですが、
それを感じさせずに、飄々とニコニコとこなしているのを
見るのが好きみたい・・・
だから加藤敬二さんが好きなんですよね (/∀\* キャッ
そんな訳で本間さんも好きです(笑)

そして、今回気になっていた「レベッカ」と「エメ」。

ずんこさんの「レベッカ」は世界観が少し違いました。
つまり作品の中で聴いたものとは全く別物という感じ。
一度、本番の舞台であの鬼気迫る歌声を体感してしまうと
なかなか他の歌声を受け入れられないのかも・・・
かなめさんの生歌を聴いた身としては、あれ以上のものには
まだまだ出会えそうにないぞと嬉しくもありニヒ

で、「エメ」ですよ。
これは・・・カップリングに難ありという
石井さんの甘い声は曲調に合っててよかったんだけど、
沙也加嬢はちょっと・・・高音が出ないのは痛かったかな。
(今回は周りが本格的な歌ウマさんばかりだったから、彼女は目立ってしまったよね)

ラストの2曲、「Star」と「最後のダンス」はすごかった!
キムさんはぜひ次回のジャベール役に挑戦してほしいです。
ずんこさんのトート閣下もさすがの迫力。
今でもまだ現役として演じられるんじゃないかな。

客席満杯、拍手喝采。
全体的に非常に満足度の高いステージでした

この人気だと来年もありそうだなぁ。
とりあえず次回からは、冠から「BROADWAY」を外して
米英欧にまたがって広ーく扱うってことでどうでしょう?
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

裏側を知るということ

2011-08-28 22:30:08 | 日々事
ロミジュリ開幕まであとわずか・・・ハクハク

以下、とりとめない意見です。
書いておいてなんですが、スルーしていただいてOKかも(笑)

配役発表前の先行開始とか、コーラス担当は誰なんだとか
出だしからいろいろ懸念ポイントが多かったこの作品。
佳境を迎えた稽古をめぐって関係者のブログやTwitterで
本当にさまざまな声が上がっています。
演出についてのネタバレもあれば、現場の混乱が呟かれたり
スタッフさんの本音みたいなものまで (_ _;

8.28の安崎神父様のアメブロは、稽古場の実態が分かって
なるほどーと思う反面、これを観客が知ってよかったのか
戸惑う部分も。。。(でもほんと、なるほどーだったけど)

ロミオズや公式Twitterの中の人の宣伝文句を聞いていると、
ものすっごい作品が生まれようとしているような印象だけど
それは決して、和やかな緩い空気の中で創られている訳では
ないということですよね。

何だか・・・モヤモヤしちゃう
他の作品の時には感じないんだけどなぁ、こういうの。
私だけ?
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

夫人は実寸2.5cm

2011-08-26 18:00:25 | 日々事
ロミジュリ掲載媒体をちょこちょこチェックちう。

エンタメターミナル【ロミオと死の稽古風景
フランス版では女性が務めていた「死」のダンサーを
日本では男性が演じるということで、その表現の違いと
衣装デザインが気になるところであります。

読売新聞8/24夕刊【ロミオと演出家とロミオ
確かに宝塚では出せない“リアル”が売りであると同時に
課題でもある訳ですよね、今回は。
(なお、真ん中の御仁は台に乗っているという噂です)

雑誌「LOOK at STAR! plus 2011」8/25発売
城田ロミオ、山崎ロミオ、浦井ベンヴォーリオの対談。
仲良し3人組の賑やかな雰囲気が伝わってきて楽しい

稽古初日の写真もたくさん載ってます・・・が。
発声のウォーミングアップを紹介する写真の中に
涼風キャピュレット夫人が写ったものが1枚だけあるけど
サイズ的にはたぶん2.5cmぐらい?(/ω・、)チイサイ
ストレッチをしている様子がちらっとだけ。
かなめさんの写真がもっとあるといいのにー。


そうこうしてたらメルマガNo.6が到着しましたね。
特製チケットホルダーをプレゼントとは太っ腹
RRJJのインタビューも非常に興味深い内容です。
チワワとレトリーバーって(笑)

・・・携帯電話!? なんだそりゃ!? Σ(゜□゜;ノ)ノ
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルドルフ再演

2011-08-25 17:36:30 | 日々事
 何やら新しい匂いが・・・

ミュージカル「ルドルフ ザ・ラスト・キス」2012年7月再演。

デヴィッド・ルヴォー演出のウィーン版ということと
主演が井上芳雄さんということ以外は謎 ( ̄∀ ̄;

前回公演を観ていないので比較はできないけれど
単純にルヴォー演出を観てみたいっ(NINE以来かも

他のキャストの発表が待たれます!ワクワク
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ツイフォト初登場

2011-08-24 21:15:21 | だって私は涼風真世が好き
思ったより傷が深くて、まだ立ち直れてないんだけど(。・ε・`。) プゥ

公式Twitterの情報で2mmだけ浮上しました。

涼風真世様、スカステOG NAVIにご登場です
放送はいつだろ・・・8/29(月)ファーストランの#109かな。



ん? かなめさんのヘアスタイルが違う。。。

もしかしてパーマかかってる?

ロミジュリって、もしかして全員が地毛でやるの?
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

落選(っぽい)

2011-08-22 17:09:00 | だって私は涼風真世が好き
かなめさん(涼風真世様)のお誕生日イベント、
当選者には既に通知が届いているようです

そして、

我が家には、

来ず。

。・゜・(>д<。)・゜゜・。 ビエーーー!!!!!!!

行きたかったよーーーーーーー

かなりの落ち込みであります

参加された方のレポを待とう・・・ぐすん。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

涼風剣心ふたたび

2011-08-21 07:25:12 | だって私は涼風真世が好き
行ってまいりました。「るろ剣オールナイト」☆(゜ー゜ゞ
夜の映画館に謎の大行列・・・意外と若い人が多かったなぁ。
諸事情によりトークイベントのみの参加になったけど
新作情報もちゃんと聞けて楽しかったです♪

既に公式に出てますね。新作アニメはこんな感じ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 新京都編
前編のみ12月公開予定、その後OVAとして発売らしい。
御庭番衆・操ちゃんの一人称で語られる物語で、
京都編のダイジェスト的な作品になるようです。

そして!
一番気がかりだったキャストはオリジナルのまま
やったーーーーっ
涼風真世様の剣心ボイスがまた聴けます!!

それから斎藤一は成田剣さんが引き継ぐそうです。
古橋監督が「声が似てる」と思って決めたのだとか。

アフレコはまだ始まってないようですが、いつやるんだろ。
かなめさんは10月下旬まではロミジュリ大阪があるから
体が空かないはず。そのあとかな・・・

そうそう、トークイベントのレポを一応しますと。。。

出演者は古橋監督とANIPLEXの阿部プロデューサー。
そして後半、新作発表に関連したサプライズゲストで
成田剣さんが登場されました。

るろ剣を愛してやまないといった感じの阿部Pと、
昔のことをあまり覚えてない監督(笑)
以下は覚えている範囲で・・・

▼15周年を迎えた心境は?
阿部「15周年の節目をこんな風にお祝いできて嬉しい。
   るろ剣は時間が経ってもDVDやCDなどの物販で
   予想を上回る売り上げを出してくれるので、
   すごく“強い作品”だなと思ってました」
▼15周年プロジェクトのきっかけは?
阿部「特に15周年で何かをやる予定はなかったけど、
   たまたまゲームやグッズを作りたいという声が
   多かったので、じゃあブルーレイ出そうかなと」
▼今だから話せる裏話は?
監督「テレビ的な事情があって話せないことが多い・・・
   今はすぐに広まりますからね(ゴニョゴニョ)」
阿部「テレビシリーズの最後の方は、ちょうどプロ野球の
   シーズンと重なってしまい、雨が降ったら放送、
   降らなかったら休止というスケジュールだった。
   だけど最終回の日付は決まっていたので、
   放送がとんだ分を作り直したりして大変でした」
▼OVAの経緯は?
監督「テレビシリーズが終わることが決まって、
   何かOVAでも作りたいよねーという話だったかと」
阿部「テレビとOVAでずいぶんデザインが変わりましたね」
監督「がらっと変えた方がいいかなと思ったんだよ」
阿部「ブルーレイ化のために映像をチェックしましたが
   古い作品という感じが全然しないんですよ」
監督「あれは全部、人の手で作りました。
   髪のハイライトもすべて筆で入れてあるんですよ」
阿部「すごい労力ですよね。気持ち悪いぐらい(笑)すごい」
監督「でも、結構アラがあるんですけど。袴の裾なんかも
   色分けが間違ってたり・・・」
阿部「そんなところは誰も見ませんから大丈夫です」
▼実写化については?
阿部「あれは15周年とは関係ないんですよね」
監督「どのエピソードをやるんでしょうね」
阿部「薫ちゃんが出るから、最初の方じゃないですかね」
監督「まぁ、当たれば続編をと考えているだろうから
   いきなり終盤はやらないでしょうね」
阿部「我々も知らないんですよ、詳細を(笑)」
▼新作について教えてください
阿部「新作のタイトルは『新京都編』です。(客席歓声)
   前後編のOVAで、12月にはお目にかけられるかと。
   監督は古橋さんにお願いしてます。
   脚本は岡田麿里さん、デザインは萩原さん。
   ちょっと尺が・・・短い・・・んですけどー」
監督「尺がね・・・京都編のダイジェストになるかな。
   作りやすいのはワンキャラの一人称なので・・・」
阿部「今回は操ちゃんです。(客席歓声)
   追憶編が巴、星霜編が薫。で、今回は操ちゃん」
監督「当時の政府への批判も扱うことになるので
   今にも通じる・・・ちょっと社会派な内容になるかも」
▼皆さんも気になっているキャストは?
阿部「あ、オリジナルキャストです。(客席どよどよ)
   ただ斎藤一ですよね。鈴置さんが・・・
   実はるろ剣のゲーム収録が最後の仕事だったんです。
   お会いした時はお元気そうだったんですけどね・・・
   それで今回は、、、成田剣さんに(客席歓声)」
監督「シュバリエで声を聞いた時に、鈴置さんの声と
   似てるなーと思ったんです」
▼ここで成田剣さんにご登場いただきましょう!
成田「(客席大拍手)よろしくお願いします。
   資料用のDVDを見た時、一瞬“似てる!”と思って、
   すぐに“いや、やっぱり似ていないか”と(笑)
   鈴置さんとはお仕事をご一緒したこともあります。
   僕は坂本竜馬のファンなので、新選組というと
   あまり良い印象はなくて(笑)・・いやいや、でも
   がんばります!」
▼新作はどのようなものになりますか?
阿部「実は新ビジュアルが出来上がっているので
   今日ご覧いただきましょう(客席大歓声)」
※公式にUPされている剣心と操のポスターが公開されました
阿部「前回のOVAとは雰囲気が変わってます。
   元気な操ちゃんといった感じで」
監督「剣心の腕に止まっている鳩は原作にも出てきますので」

最後におひとりずつご挨拶があってイベントは終了。
なんと抽選会が追憶編/星霜編の上映の【あと】と判明し
半券をお隣の方にお渡しして、そそくさと退出しました。
商品が気になる・・・かなめさん関連でないといいな(←)

あと、来月のジャンプSQにもうひとつの新ビジュアルが
掲載されるそうです。要チェック。


いやぁ、それにしても (;´・д・)=3
やっぱり一日で舞台⇒リフレクソロジー⇒イベントはきつい。
帰りの電車で頭割れるかと思いました(苦笑)
足裏マッサージなんて行かずに、おうちで寝ればよかった。

でも、ちゃんと今朝は5時起き
えらい!えらいぞ、私!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三銃士 8/20

2011-08-20 17:20:53 | 舞台感想
ミュージカル「三銃士」 8/20(土)昼の部


サトス(アトス)
  「ひとりはみんなのためにー?」
客席
  「みんなはひとりのためにー!」
ポルトス
  「8時だよ?!」
客席
  「全員集合!!!」(←こっちの方が声が大きい)

もうね・・・爆笑ですよ、カテコ後の銀橋タイム ( ̄∀ ̄;
お決まりの掛け声に続いて、とうとうドリフターズまで(笑)
しかも客席がちゃんと返すっていう(笑)

井上ダルが「僕、8時だよの方はちょっと分らないなぁ」と言うと
すかさず三銃士から一斉ツッコミ。そうね、嘘はよくないね(笑)
確かに井上さんと同い年である私も、リアルタイムではそれほど
全員集合を見ていないけど、でも「分からない」は無いわー。
私はちゃんと大きな声で参加させてもらいましたよタハッ

ちなみに袖へ入る間際の井上ダルの言葉は「歯磨けよ!」でした。
あんたも知っとるがな。

そして、本編の方はといえば相変わらず日に日にメリハリが増し
締めるところは締めて、弾けるところは弾けまくるといった様子。
さすがに4度目ともなると、人の動きや歌詞にも集中できるので
余裕で作品世界に入り込めちゃいます。

しかも今日はこれまでで最も前方での観劇
皆さん、ちょっとお疲れも出ていたようでしたが(特に殺陣)
やっぱり前の方で観ると臨場感が増していいですね♪

銃士隊のテーマは何度聴いてもワクワクするし、
バッキンガムを巻き込んでの殺陣は予測不能の展開(箱が)で
役者さんたちが本気で翻弄されている様子がおもしろいし、
枢機卿はあのロックで間違いなく客席を笑わせようとしている!!

「絶好の狩り日和だぁ♪今日は私も楽しむとしよぉ♪」のところも
私の半径2mぐらいの肩が震えてました(笑)
祐様を野放しにしてはいけない・・・

今日は女性3重唱でグッときたのが個人的には収穫でした。
歌詞がはっきり聞き取れたのが大きいけど、あのメロディーも
なかなか切なくて好きです。想いの届かないアンヌとミレディ、
恋に希望を抱いているコンス。「愛こそ命」。うん、素敵だ

帝劇じゃ当たり前だけど、今回は生オケの意義を改めて感じました。
舞台の前に指揮者がいると何となく安心するんですよね。
いかにも本物の舞台芸術を観に来たんだ!という気持ちになるというか。
あとEXIT MUSICが嬉しいし

はぁぁぁ (゜ー゜* やっぱ舞台っていいわ。
楽しかった

さ、るろ剣オールナイトに行ってきましょうかね。
忙しや忙しや ≡┏(;0_0)┛
Comment
この記事をはてなブックマークに追加