探偵Xからの挑戦状

2011-04-30 12:25:47 | 日々事
うっかり会社で見ちゃったよ。
「探偵Xからの挑戦状 ~エピソード『ビスケット』~」。

山口祐一郎氏を見るため【だけ】にメルマガ会員の
登録もしましたけど何か?テヘ

携帯で事前に問題編を読んで自分なりの推理を立ててから
解答編のドラマを見るというシステムですが・・・
今回、犯人を当てられた人っていたの?!( ̄~ ̄;
難しいよぉ 香道が決め手なんて。

源氏香の「竹河」と「関屋」が似ていることに気付けば
ビスケットにミスリードしようとした関屋に辿り着く。。。
って専門的すぎない?!

で、 こっちが「竹河」で?


こっちが「関屋」ですか?


ややこしやー(遠い目)


でもまぁ・・・佑様の名探偵っぷりは一見の価値ありでした
屋台でたこ焼き売ってたり、居酒屋でビール運んできたり、
新聞配達のバイトで自転車を立ちこぎしてる姿に萌えぇぇ(笑)
あの尋常ならざる独特の佇まいは余人をもって代え難し。
香道の説明のために わざわざ着物に着替えちゃうあたりは
ファンサービスかと思ったさ(笑)
お香をたてる指先がすごく綺麗だったことに再び萌えぇぇ

「名探偵なるもの、森羅万象あらゆる世界に通じていなければ」

これを言わせて、こんなに違和感のない人もいないでしょ

舞台とはまた違ったウイスパーボイスを聴けて満足なり
でもちょっと・・・お疲れの様子でしたね(´ω`;
来週はいよいよレミゼ!! 佑バルに会うぞ!!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

A fascinating blue line

2011-04-28 20:45:36 | 日々事
今朝は本当に初夏の陽気でした
通勤ルートにある公園ではアオスジアゲハがお目見え。
今年の初蝶だー♪
シジミやモンシロやツマグロより先にアオスジとは、
今年は何だか私的にいい感じです

魅惑的な青いライン。
新緑の木々の間を誘うように舞っていました・・・

この陽気にあの誘惑、そして収まりつつある花粉
現実から逃げずに ちゃんと出勤した私って偉いなぁ。。。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

歓喜して やがて戸惑い

2011-04-27 22:15:30 | 日々事
僕がどれだけ君のことを愛してるか分からないのかい?
ぎゅっ☆ ちゅっ(>ε<

などと気持ちの悪いフレーズを展開しつつ。

戻ってきましたーーーー
先週の木曜に忽然と姿を消したageteのネックレス!!

帰宅したら玄関の棚の上に控えめに輝きを放つ物体が。。。

お、お、おまえは!!
どこに行ってたのーーーーー!!もーーーーー!!
見て見て見て!! おかあさーーーーん!!!
ほらほらほら!! あったの あったの!!!

あら、よかったじゃない。どこにあったの?

棚の上・・・あれ? でも先週探したときはなかったのに・・・

ふーん。あ、お兄ちゃん おかえり。

おかえり。

ただいま。あぁ それ。

え、お兄ちゃんが見つけてくれたの?

うん。

どこにあったの?

靴の中。

( ̄□ ̄||

兄が部屋に去ったあと洗面所で洗ったことは伏せておこう。

ありがとう、兄。 感謝する気持ちに偽りはございません。
ただ、ほら。衛生面はまた別の話だからさ。

玄関で鍵を取り出したときポケットから落ちたんだ、、、たぶん。

いやでも、見つかってよかったぁぁぁ
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Stepping Out  4/23

2011-04-25 22:01:34 | 舞台感想
久しぶりのTHEATRE1010で心温まる舞台に出逢えました

ミュージカル「Stepping Out」
4/23(土) 夜の部 【千秋楽】

保坂さんが観たいという理由だけで、ほとんど予備知識なしで
何となくチケットを買ったのですが ( ̄∀ ̄;(←おいっ)
まさかこんなに泣かされるとは・・・!

保坂さんのサバサバした魅力が充分に活かされた役だったし、
寿イーちゃんさんの“いるだけでOK”な存在感はすごかった!
この2人の場面のおかげで物語がぐっと締まる感じでした

紫城るいるいさんは線が細くて神経質な人妻を熱演してたし、
沢田さんは予想外の美声にびっくり、伊東さんは変わらずの安定感、
上田さんは元四季の正統派感がよく出てて好感度大だったし、
下村さんは珍しく不器用なオジサンを演じてて楽しかった

急遽代役に入った安田さんも頑張ってた!若いっ(笑)
荒木さんのパワフルボイス、坂本さんの絶妙な“はすっぱ”感。
本当に10人全員、うまいこと当てたなーと感心しちゃう配役でした
キャスティングの勝利かも

単にタップダンス教室の楽しい風景ということではなくて、
メイヴィスや、それぞれの生徒たちが抱える悩みや問題が
小さなエピソードの連続として絡んでくる。。。
何ともイギリスっぽい作品というか、長く愛される佳作だなと。

メイヴィス、アンディ、ヴェラが順番に歌う
「何故こんなにも愛しているの・・・私を愛さない人を」が
本当に切なくて、抱える問題の大きさに衝撃を受けつつも
3人の歌声がすーっと胸にしみてきて泣かされました。

最初タップが本当にたどたどしくて、いちいち動きが可笑しい(笑)
一応チャリティーショーまでに何となく形になりはするものの、
やっぱり素人さんなのねーっていう様子は逆にリアルでよかった。
でも、バラバラだった生徒たちがお互いに本音を言い合ったり、
励まし合ったりしながら本番を目指す姿に心がほっこりしました

1回目のショーから一年後という設定のラストシーンも素敵。
誰一人 欠けることなく揃ってるという事実が嬉しかったし
寿さんの待ってましたな歌声も (≧▽≦* ワーイ
やっぱり歌の上手な方には歌っていただかないと!
タラモサラダで秘かに喜ぶ姿もかわいかったけど(そんなに好き?笑)
「One night a week」の洒落たステージングが ちょっと男役っぽくて
スターオーラ全開☆でした。

最後はみんなで華麗なショータイム。
保坂さんの素晴らしい美脚も堪能しました細ーっ
下村さんはステッキの代わりにバトントワリングのサービス!
さすがは学生チャンピオン!
紫城さんと上田さんと安田さんは若さあふれる美スタイルでした
あ、もちろん他の女性陣も(笑)

人生にはいろいろある。
自分を騙してやり過ごす道もあれば、自分を大切にする道も。
でも結局は自分で選ぶ、自分のためだと思うことを。
明日へ一歩。前へ一歩。Stepping Out。良いメッセージだなぁ(゜ー゜〃

千秋楽の挨拶は保坂さんのキレのある魅力満載でした。
震災で被害を受けられた方にお見舞いの言葉、そして・・・
「この公演も震災のあと、一度は中止という判断になりました。
 それで『あぁ、もうこのメンバーとは二度と会うことないのかな』と
 思ってたんですけど、少ししてやっぱりやることになって。
 こんな時にという思いが私たちにもありましたけど、
 舞台の仕事をする者にとっては、お客様に元気とか勇気とか笑顔とか
 そういうものをお届けするのが役目なんじゃないかなって。
 今日は観に来てくださってありがとうございました」
大体こんな内容でした。
保坂さんのあの飄々とした、ちょっと早口でパキパキ話す様子が
何ともいえない独特な雰囲気を醸してました(笑)

哀れだったり、じーんとしたり、いろんな涙を流して、
最後にはパァーッと華やかなタップショーでわくわくして。
観てよかった!ほんとに!

願わくはもっと席が埋まってれば・・・良い作品だと思うけどなぁ。
観に行かなかった人。もったいなかったぞ d(゜へ゜;


◆キャスト
保坂知寿(メイヴィス)
沢田亜矢子(ヴェラ)
紫城るい(アンディ)
伊東弘美(マキシーン)
荒木里佳(ローズ)
坂本法子(シルビア)
安田有希(ドロシー)
上田亜希子(リン)
下村尊則(ジェフリー)
寿ひずる(ミセス フレイザー)

◆あらすじ *公式サイトより抜粋*
プロダンサーとしての舞台経験もあるメイヴィスは、今は田舎町の
カルチャースクールで素人相手にタップダンスを教えている。
自己主張の強い生徒たちに手を焼き、なんとなく過ぎていく日々。
そんな中、チャリティショーへの出演依頼の話が舞い込んでくる。
人前で踊ることなど夢にも考えていなかった生徒たちだったが、
期待と不安を胸にショーへの出演を決意する。
実力も連帯感もおぼつかなかった生徒たちがメイヴィスへの信頼感と
チャレンジ精神に支えられ、障害をひとつひとつ取り除き、
日々の解決しない苦しみを乗り越え、変わっていく。
そしてメイヴィス自身も“明日を生きる”ことを学ぶ。
それはダンスのみならず、人生におけるステッピング・アウトだった--。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

わたくし、引退します

2011-04-23 22:59:04 | 日々事
もう二度と・・・もう二度と夜行バスなんて使うもんか!ムキャーッ

わたくし、本日をもって無茶な遠征生活を引退します ( ̄^ ̄
今度からは、夜の部を観る場合はきちんと宿泊するぞっ。

というのも。

昨日の名古屋の帰り、宿泊代の小銭を惜しんで夜行バスを使ったところ、
朝4:30ですよ! 小雨降る足柄SAで突然の車内アナウンス・・・
「車両故障のため、これより先は運行できません」

へっ?

「他のバスに乗り換えてください」

あい?!

・・・いやいやいやいや!思いっきり睡眠の谷底ですけども?!

半分眠った状態で駐車場に出て、雨がそぼ降るなか震えながら
他の夜行バスの空いてる席に詰め込まれていくヒツジたち。。。

そもそも女性専用車を買ってる女子たちが、
おじさんたちの合間の席でイビキ聞かされるってどういうことよ
東京駅までの1時間半、眠る気にもならない・・・

本当にまあ、素敵な遠征の思い出の最後にミソを付けてくれちゃって。
夜行バスのばかーーーーー!!


がしかし。

転んでもタダでは起きないことにしましてね。
1時間半、iPodに仕込んでおいた涼風真世コレクションを堪能するの巻
周りがぐぅぐぅ眠りこける中、私の耳にはパックが。オスカルが。メフィストが
ついでに「うたかたの恋」も☆ (歌声は紫苑ゆうさんだけど)
6月のコンサート、CD化してくれたら嬉しいなぁ。。。

悪夢の夜行バスが一瞬にして夢の世界に

でも、もう二度と夜行バスは使わないんだわさっ!アッチョンブリケ
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CLUB SEVEN 7th 名古屋

2011-04-23 07:59:56 | だって私は涼風真世が好き
たっだいまーーーー!! \(゜∀゜
「CLUB SEVEN 7th Stage!」名古屋の大千秋楽から帰ってきました!

もう、もうもうもうっ 楽しかった
まさに大千秋楽の大盛り上がりという感じで、大きな劇場全体が
ライブ会場みたいに熱狂してました☆

シアタークリエと比べても3~4倍はあるんじゃないの?な大空間で
演出はどうするのかなと心配してたけど、杞憂に終わりました。
あのスクリーンの存在意義が初めて分かったような気がする(笑)
シーンごとにキャストの表情が細かく見れて重宝しまくり。
セットも東京公演と同じでしたが、みんなの動きが少し大きかったのか、
舞台の広さに負けないパワフルなショーになってました

名古屋ネタとしましては、、、
クリエ部長の「烏賊の足を口から出しながら」は当然のごとく「栄」。
監督シリーズでは、佐々木くんと相葉くんの『テニスの王子様』が。
  私はあんまり詳しくないのですが、2人の実際の役を再現してたみたい
  客席の歓声が半端なくて(キャ~~!!)、つられて楽しくなっちゃった(笑)
  ちなみにイクちゃんは「ひつまぶしの3杯目=お茶漬け」でした(笑)
  あと、テニミュの前は佐々木くんが山ちゃんの手羽先、相葉くんが味噌カツ。
  佐々木くんの「熱いよー」、相葉くんの「みそみそみそっ」で即カット(笑)
50音順「く」では涼風ダンバースが!
  これ嬉しかったー(≧u≦* 星金もいいけど、低音の「レベッカ~~♪」も迫力!
  すっごい得した気分。振ってくれてありがとう、吉野ファヴェル!
  ちなみに相葉くんの夢は「お嫁さん」⇒コーチ「ふざけんな!」
  佐々木くんはテニミュの歌を披露⇒コーチとボール「やらせねぇよ!」(笑)
50音順「に」、一週間コーナーも大千秋楽バージョン。
  「日曜日に東京楽で」「火曜日に大阪公演」テュラテュラテュラテュラテュラテュリャリャ~・・・
  「今日で大千秋楽だ」「次は8thで会いましょう」(客席大歓声)
  玉野「あ、やるんだ?じゃあ俺は客席で観よう」
  東山「いやいやいや!それちゃうでしょ」
50音順「ね」のニャンコ先生の誘い文句は「先に打ち上げ行こ」(笑)
50音順「ひ」Billie Jeanで脱がされたニャンコ先生「金の鯱」(笑)
50音順「や」やっぱこれだねーのトッポ、「一緒に食べよ」(笑)
  西村ニャンコとモンキー吉野が両端から同時にトッポを・・・!イヤンッ
  食べ進めて一瞬キスしちゃったように見えたけど・・・うわぁっ!(笑)
50音順「る」、今夜の徹子の部屋は急遽かなめさんが司会になって
  監督(玉野さん)からひと言・・・「○△×□◎▼」(笑)
  涼風「通訳お願いします」⇒西村「さっぱり分かりませんっ」(笑)
とまあ、こんな感じでしょうか。
あと、シンケンブルーもいろいろやってたけど何だっけ
テンション上がりすぎて もう覚えてないや ( ̄m ̄;
最後に一人一人の挨拶もあったけど・・・何だっけ
テンション上がりすぎて もう覚えてないや ( ̄m ̄;
でも、若手を含めてみんな感極まった表情で真摯なご挨拶でした。
聞いているこちらも3週間が思い出されて感動。。。


★玉野和紀さん
脚本・構成・演出・振付・訳詞・作詞・出演のトータルクリエイター。
この人なくしてCSはない! 本当に素晴らしい才能、そしてタップの妙技!
どちらかというと他のキャストを前に出して全体を監督するポジションに
徹している印象だったけど、タップに関してはさすがのテクニック。
ぜひ時間をかけて8thを創り上げていただきたいな♪

★吉野圭吾さん
教授から園長、猿から悪人まで、本当に役者としての幅が広い人。
帝劇ではあんなにスッとした感じなのに(笑) CSでのびのびしてる様子が
すっごく楽しそうで観ていてこちらも笑顔でした♪
妖怪でのジョウゲンを観てると、やっぱりミュージカル役者さんだなーと。
キャスト紹介やダンスシーンではちゃんとハンサムさんでした

★東山義久さん
ダンスすごい!あとコントのセンスも(笑)
Diamond Dogsを今まで知らなかったけど、今度行きたいかも♪
企画会議の小田くんもいいし、保育園のよしこちゃんも好きだけど、
やっぱり今回は妖(あやかし)かな。あの表現。ほんとすごかった。
ボールの「コーチ、愛してる」は名古屋も健在でした(笑)

★西村直人さん
MVPでしょ(笑) インタビュー動画ではあんなに好青年なのに・・・
ツッパリのシュウジ、なおこちゃん、助監督、ニャンコ先生(笑)
なのにダンスシーンでは普通にかっこよく決めちゃうんだもんなぁ
今夜の挨拶では「普段ストレートプレイをやっていると、こんなふうに
歓声をいただくことはないので戸惑ってます。嵐になった気分です」(笑)
今度、西村さんの出てる舞台観に行ってみよう♪

★原 知宏さん
唯一の非痩せキャラとして和み系でしたね(笑)
意外と一番振り幅の大きい配役だったんじゃないかと思うんですけど。
弱そうで強い学生とか、太田さんとか、イクちゃんとか。
なにげに妖怪の奴隷のお芝居が個人的に胸に迫る感じで好きでした。
最後のね、あの刀をそっと落とすタイミングがね。

★相葉裕樹さん
なんつー細身!女装が似合いすぎるよ(笑)
戦隊もの+ジュノンボーイ+テニミュとくれば順風満帆ですよね。
名古屋の客席の熱狂を見てたら、その人気のすごさが分かりました。
東京で開幕したばかりの頃と比べたら明らかに何かが弾けてたから(笑)
やっぱりこの23公演の間に得るものが多かったということでしょうか♪
これからもがんばれ!イケメンくん!

★佐々木喜英さん
彼の人気も凄まじかった!特にテニミュの再現では悲鳴が上がったし(笑)
アヒルや園児を軽々とこなしつつ、「Monster」とか「いとしすぎて」とか
OPのダンスシーンでは、かっちり“決め顔”でくるところがさすがだなと。
締めるところと抜くところのバランスを知ってるってすごいかも。
自分の魅力がちゃんと分かってるのが伝わってきて好感度大でした♪

★遠野あすかさん
かわいかった・・・♪あすかちゃんも意外と振り幅大きいポジでしたね。
芝居心がないと演じ分けられないと思うんですよ、あれだけの役。
さくら先生とれんげの時の、本線から離れたところでの小芝居が(笑)
イクちゃんには最後まで優しくしてもらえなかったね(笑)
ソプラノよりも地でぐわっと出す音域に魅力を感じました♪
宝塚時代からヘアメイクとアクセのセンスでずば抜けてたから、
できれば「うたかたの恋」ではちゃんとしたドレスとヘアメイクで
やらせてあげてほしかったかな

★涼風真世様(かなめさん)
この方のために通った5公演でしたけど何か?(きっぱり)
もう本当に本当にありがとう!!!!です。
出てくれてありがとう。出してくれてありがとう。です。
こんなにも かなめさんのいろんな魅力が散りばめられた作品って
後にも先にもないんじゃないかっていう。。。
何もかもを堪能しました
スケバン・ラン子は大千秋楽もおあずけだったけど、もういいんです。
OPのダンス、バーレスク、クリエ部長、青空すずめ、天使も妖も。
50音順の「あ」「う」「え」「お」「く」「さ」「し」「す」「た」「ち」「と」
「ぬ(←客席がどよめくぐらい麗しい)」「は」「へ」「め」「や」「ら」~「ん」
全部好き♪♪ 今なら脳内スイッチONで再生できるぐらい焼き込みました。
今日は企画会議で「50歳」とぱっきり仰ってましたけど、その時の
客席の小さな「えーっ(見えない)」の反応ににんまりするファン心よ(笑)
50音順が始まる直前の柔軟体操を見ていてふと思ったのですが、
アキレス腱伸ばしであんなに足が柔らかいってすごくない?!
カーテンコールでテーマ曲(2回目)をよく響く声で歌いながら
拳をがんがん突き上げまくってたのが楽しそうでした o(^ー^〃o



とにかく、とにっかく楽しかった!
CLUB SEVEN 最高!!
かなめさん 最高!!!
キャスト全員が最高!!
ありがとう、いやもう本当にありがとう!!!


※4/15版エントリーで50音順をコンプリートしました(と思う)。よくやった、自分!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

出てこい 出てこい

2011-04-21 23:00:19 | 日々事
明日は名古屋で「CLUB SEVEN」の大千秋楽!! (≧∀≦*
終わったら夜行バスに乗って、早朝に東京駅に着いて (゜ω゜;
土曜の夜はTHEATRE1010で「Stepping Out」です (X_X||

生きて日曜を迎えられるのだろうか・・・


で。
今夜は明日の遠征に備えてマッサージに行ってきました。
デスクワークでガビガビになった足腰をほぐされ天国へ↑↑

が。
帰宅後、施術前に外した大切なネックレスが見つからず
失意のどん底へ↓↓

↑ったり↓ったり。人生こんなものさ。けっ。

でも どうしよー。。。
すっごいお気に入りだったのに、ageteのネックレス!ビエー
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

祭りのあと

2011-04-19 22:02:31 | 日々事
いやいや、まだ終わってませんけどね。名古屋があるし。
でも、ひとまず「CLUB SEVEN 7th Stage!」東京公演の総括を。


公式サイトは5/31 18:00で閉鎖
ポスター画像も出演者のインタビュー動画も来月いっぱい!
もう一度見て余韻に浸りたい方はお忘れなく。

募金総額は473,861円也
クリエの義援金箱へ寄せられた募金の合計金額が発表されました。
もちろんTシャツを買った人はそれも義援金の一部ですね
気持ちが大事

人はギャップに弱い
ほんと今さらだけど、改めてポスター画像を見てみると
みんな男前ですね(笑) 実際の舞台ではあんな姿をしてても
本来 この9人は相当な美形さんたちですよ
うっかりその事実を忘れるぐらいDeep Impact☆な舞台でした。
(あ、女性陣は別格か。かなめさんとあすかちゃんは何をやっても美人です。ええ)

いやしかし、このポスター本当にかっこいいんですけど (しつこい?)

大阪公演は どんななのかなー  マッテマシタ!アオゾラッ


【余談】
そういえば、今日 仕事中に唐突に思い出したんですけど、
東京楽のモンキーマジックで吉野さんがマジック消してましたよ
マジック(手品)でマジック消してた! 2回言いましたけど何か?
上手だったなぁ・・・吉野さんって手先が器用なんだなぁ
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CLUB SEVEN 7th 東京楽

2011-04-17 20:38:42 | だって私は涼風真世が好き
あーーーとうとう終わってしまった ゜.・(>д<・゜・。 東京公演
本当に本当に最高のエンターテインメントショーでした!!
千秋楽ならではの振り切れっぷりに超感動
神経のすべてを舞台に委ねて、真っ白に燃え尽きたぜ。。。

というわけで、舞台・客席ともにテンション全開の最終日でした。
やっぱり男性陣のダンスはかっこいいし、若手2人は眩しいし、
遠野あすかちゃんは芝居心があるし、涼風様は突き抜けてるし・・・
これだけのベストメンバーを揃えてしまって次は一体どうするんだろ

もういいよね。今日はネタバレ許してください

保育園物語ではもう、みんなやりたい放題。
よし君とよしこちゃんは、あれ絶対キスしてたでしょ(笑)
よしこちゃん(東山さん)の方が照れてたのがおかしかったー(笑)
なおこちゃんのさくら先生に対するキレ具合も半端なかったし(笑)
西村さんの“あじの開き”に東山さんが素で笑ってました(笑)

青空すずめ姐さんは今日もサングラスを鼻の下にぶら下げたまま
監督のカットまでやり通しました
※この時、弟子2人が肩震わせてるのがおかしくて
大衆演劇口調(?)がだんだん大げさになってたけど、
あの存在感は涼風真世様にしか出せないな、と。

若手育成講座、今日は千秋楽らしく集大成(by監督)。
ロイヤルシェイクスピアカンパニーからの「ONE PIECE」。
佐々木くんはチョッパーがコサックしながら洗濯機。
相葉くんはルフィーでチアガール。
原さんはお茶漬け(←なんで?笑)
助監の西村さんは「チュクチュゥン」を監督に言わせないし(笑)
もう無理ってぐらい笑いました (T▽T ヒー

ミュージカル「妖怪」ではまた涼風さんの歌に泣かされちゃって・・
あの歌、何度も聴いてると歌詞の重さがすーっと入ってきて
ココロの中が静かになっていくんですよね。すごく好きかも
そして東山さんのダンス!今日もすごかった-。表現力が違う。
吉野さんとのダンスバトルも見応えありまくりでした。
物語のラストも切ない・・・

で、待ってましたの50音順ヒットメドレー!!!
前記事で書き出してみたけど、一部抜けてる気がするんだよなぁ
何だったっけなぁ・・・思い出せそうで思い出せない
もう後半になるとテンション上がっちゃって海馬が働かないナリ(笑)
名古屋でリベンジだ!

涼風様の七色ボイスも (少し鼻声だったみたいだけど) 堪能できて幸せ
バーレスクはめまいしそうなほど色っぽかったし、クリエ部長は安定感あるし、
青空すずめは男前だったし、修道女の歌ではソプラノさすがだったし、
ウララウララのリンダはキュートだし、ウイスキー飲みたくなったし、
ブルマ姿+二つ編みはかわゆいし、星金まで聴けてお得感たっぷりだし、
夜桜お七は本家顔負けの歌いっぷりだし、すみれの花は納得の美声だし、
涙サプライズはダンスが一生懸命で親心で見守っちゃったし(笑)
うたかたの恋ではあまりに麗しすぎてよだれ出そうだったし、
WINDING ROADのアカペラは綺麗だし、Seasons Of Loveは泣きそうに・・・
まぁ、とにかく、すっごいよかった!!ってことです

ひとつだけ心残りは、千秋楽で涼風ラン子が観られなかったこと。。。
今日もスケ番は遠野ラン子ver.でした。
あすかちゃんの「ジーザスッ」もいいんだけど、かなめさんver.の
スカート持ち上げてキャハハッて回るの好きなのに
名古屋公演で復活してくれることを祈っております ( ̄人 ̄* ナニトゾ

本日のキャスト紹介は「千秋楽の気持ちを色に例えると」でした。
佐々木くん:赤。まだまだ燃えてるぞ!ってことで。
相葉くん:白。真っ白に燃え尽きました。
原さん:灰色。カバだから。(会場笑)
西村さん:グレー。バカだから。(会場爆笑)
東山さん:ゴールドのスパンコール。もうちょっとしたら分かる。(会場爆笑)
吉野さん:ブルー。澄み切った青空のよう。
遠野さん:ピンク。楽屋を片付けてたらピンクの小物ばっかりだった。
涼風さん:レインボー!みんないろんな色だから♪
玉野さん:僕もレインボーって言おうと思ってました。

カーテンコールでは、なんと2回のリプライズ!
テーマ曲に乗せたダンスをもう1回見せてくれました \(≧∀≦〃
やっぱりあのテーマ曲と振付、カッコイイんですけど!!

というわけで、楽しい楽しい千秋楽。
終わってほしくなかったなぁアーン

CLUB SEVEN 最高!!
かなめさん 最高!!
9人全員が 最高!!!
なんかもう、ありがとう!!!!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

CLUB SEVEN 7th 4/15

2011-04-16 22:38:58 | だって私は涼風真世が好き
東京公演も残すところわずかとなった「CLUB SEVEN 7th STAGE!」。
今夜もとーーーーーーーっても楽しかったです★★★★★★★
もう本当にクラブ活動みたいに通いたい(笑)

記憶が鮮明なうちに“ネタバレポ”書いちゃおうと思います。
来週の大阪・名古屋公演をまっさらな状態で観たい方は
いますぐ画面を閉じてくださいね。

果てしなく長文になるので最小フォントにしちゃおう。


■CAST
玉野和紀/
吉野圭吾/東山義久/西村直人/原 知宏/相葉裕樹/佐々木喜英/遠野あすか/
涼風真世

■PROGRAM
≪ACT1≫
【M1】Club7テーマ(TAP)
  オープニングのダンスがかっこよくて一気に引き込まれました☆
  なにげにコスチュームデザインも素敵だし。照明も綺麗だし。
  テーマ曲のあと男性陣が披露するタップがまたかっこよかった!
  特に東山さんと吉野さんはキレがあって魅せ方がうまかったなー♪
  相葉くん・佐々木くんの若手はスタイル神。手足長すぎ!顔小さすぎ!
  涼風さんのふわふわのロングウィッグ、これ完全に私の好物です。
  ダンスに必死な涼風さんが見れて幸せ(本当に必死っぽかったけど)

【M2a】EXPRESSイントロ
  玉野さんのタップ。これはもう堂に入ってました!
  四季の加藤敬二さんがCFYで見せた軽快なステップも好きだけど、
  玉野さんのは一つ一つの音を大事にしている感じ。余裕の独壇場。
【M2b】EXPRESS(BURLESQUE)
  これはもう涼風さんの衣装にビックリウエスト細っ!足細っ!
  踊りも歌詞もあまりにセクシーで椅子から落ちそうになりました。
  二の腕見せの男性陣がまたフェロモン出しまくりだったのもおいしかった。
  遠野さんも金髪ロングでセクカワ。誘惑系の振りもよかったなぁ・・・
  ※いえ、私は変態ではありません。美しいものを愛しているだけです。

【Sketch1a】玉子レポーター
  ここからがコント(笑)。オープニングのかっこよさは忘れましょう的な(笑)
  玉子ちゃんの独特なノリに最初は客席も探り探りなんだけど、
  何故かあのちょっと昭和な雰囲気がジワジワくるんですよね(笑)
  客席インタビューのいじりの上手さに玉野さんのキャリアを感じました
【M3】EMPIRE STATE OF MIND
  ここは残念ながら初日~2日目までの幻の場面になってしまいましたね。
  女優・涼風真世(という設定)のクールさがお気に入りだったのですが・・・
  玉子のインタビューを無視して ひたすらNYについて歌う涼風さん(笑)
  ちなみにここの衣装はキラキラのカシュクール風トップスにワイドパンツ、
  大きなサングラスですっごい素敵でした。
【Sketch1b】玉子レポーター
  玉子ちゃんとあすかちゃんが宝塚84期で同期なの~~(キャ~~♪)設定。
  いや、同期はないでしょ。どう考えても干支一回りは離れてるし(笑)
【M4】CAUSE I SAID SO
  ここも2日目までで消えて、先日また復活したという謎の場面。
  今夜はなかったから本当に日替わりプログラムなのかも・・・?
  遠野さんが男性陣に囲まれてモテモテ状態。嫉妬する玉子ちゃん。

【Sketch2】ツッパリにからまれて
  パンチパーマ(というかアフロか?)のスケ番・ラン子さん(涼風)と
  ヤンキー・シュウジ(西村)のカツアゲコント。(カツアゲコントって(笑))
  親父ギャグ炸裂のラン子さんを違和感なく演じる涼風さんがかわいい(笑)
  仏像でぶつぞ!とか満面の笑みで言ってる人が帝劇で主役だもんね。
  女優っていう人種はすごいなぁ
  西村さんのヤンキーっぷりがまた楽しかったー(笑)
  カツアゲされる人々の中ではやっぱり吉野さんのおたく青年!
  黒猫片手に「メモリー」とか ほんとやめてほしい(笑) でも好き(笑)
  で、この場面はどういう事情でか12日からカットされてたんだけど、
  ななななんと今夜「遠野ラン子」で復活してました。遠野ver.はエセ外国人風(笑)
  親父ギャグのあとは自分で笑いながら「ジーザスッ」でした。
  途中で構成のみならずキャスティングまで変えるのが玉野流なのかな。
  名古屋でもう一度 涼風ラン子が観たいなぁ。。。
  
【Sketch3】【M5a~e】宿直教員とマイケル
  これは思い出すだけで腹筋痛いレベルです(笑)
  東山さんの空耳アワーなマイケル・ジャクソン!でも確かに聞こえる(笑)
  個人的にはSMOOTH CRIMINALの「宿直っ」と「朝ちょっと運動」が好きです。
  テニミュから不二先生も出てきて、ファンの人にはたまらないだろうなぁ。

【Sketch4】【M6】教授と助手の研究
  吉野さん・遠野さん・佐々木くんの「博士と助手コント」。
  惚れ薬をめぐる三つ巴の収集つかなさも面白かったけど、太田さん(原)が衝撃!
  あの風貌はずるいでしょ(笑) あと「ハイハイ・・ハイは1回」がジワジワくる。
  そこはアタシのバラ肉よ~~が夢に出そうです。

【Sketch5】【M7】クリエ部長の企画会議
  栗田えり:クリエ部長(涼風)と企画部メンバーのカラオケコント。
  小田(東山)と桑田(西村)の細かいネタが面白すぎ(笑)
  ガードレール下の飲み屋とか、チョークとか、25歳当時の涼風さんの写真とか
  クリエ部長の黒板爪でキ~~~~~~~~~~~~~ッに苦吟する4人が楽しい(笑)
  松田さん(相葉)は日を追うごとに表現が大きくなってますね。これが成長ということ?
  しかし、クリエ部長が実在したら周りは相当やりにくいと思う・・・かわいいけど。
  あ、あと、このタイミングで「見つめ合うと素直におしゃべりできない」は大丈夫なのかな。
  涼風さんに向かって歌うから、かなめさんの心情を思うと何となく心配というか。。。
  あ、あと、「クリエ部長」ってドラマシティや愛知芸劇ではどうするんだろ?

【Sketch6ab】【M8・9】保育園物語
  ここはリピーターにとっては一番おもしろい場面かも♪
  粘着質な園長・伊達まき(吉野)と保育士さくら先生の毒々しいやりとりと
  園児(西村/東山/原/相葉/佐々木)の風景。
  吉野さんの女装と「出産休暇・・・サンキュー」がツボでした
  それに、ヨシ君(佐々木)とヨシコちゃん(東山)はいつの間にLOVEモードに?(笑)
  しかもかなり本意気で見つめ合ってるんですけど(笑)
  西村さん(役名忘れた)がここでも最高!私的に今公演のMVPかなと
  あじの開きのキレっぷりが半端ないから(笑)

【M10】NO,NO,NO(TAP)
  お腹よじれるっていうほどコントを繰り広げておいて、いきなり真面目。
  お兄さんチーム5人のタップが清涼剤でした。なんだろう・・・箸休め?(笑)
  でもやっぱり5人ともダンサーだなぁと感じました。だって色気があるんだもん。
  意外とオトナの男のユニゾンって嫌いじゃないです。むしろ好物かも

【Sketch7】監督シリーズ
  ここはまず涼風さんの真骨頂でしょ!青空すずめ!最初、朝香光代かと思ったよ(笑)
  すずめ師匠の服がかなり派手なんだけど、かなめさん・・・違和感ないなぁ
  花より男子・大衆演劇ver.での役者衆(東山/吉野)がほんと最高でした(笑)
  吉野さんの階段降りは絶品。何であんなこと考えつくんだろう。
  すずめ師匠が見得を切るときにサングラスが落ちるのはデフォルトですよ。初見の方。
  (あ、初見の方はこれ読んでないか
  でも日によって、鼻の下で引っかかってるケースもあるので笑い死にに注意です。
  で、師匠がかっこよく去ったあとは若手育成講座(笑)
  監督(玉野)のむちゃぶりと助手(西村)の通訳に腹筋の限界を感じます(笑)
  これまでで一番面白かったのは、ディズニーver.かな。
  相葉くんがドナルド、佐々木くんがミッキー、原さんが・・・何だっけ?(笑)
  若手2人は開幕直後よりも今夜の方がうんと熟れてたのがすごいな、と。
  あれだけアドリブで表現できれば、どの舞台に行っても怖くないですよね。
  ちなみに本日の設定はシェイクスピアと、応援団&チアガール。
  原さんは「かち割り氷」で、「カチーン!早く私を食べてください」でした(爆笑)

【M11】La Religieuse(修道女の恋)【M12】Rencontres
  修道女(遠野)と男(吉野)の許されない恋=タンゴ。
  そして悪魔?(東山/相葉/佐々木)vs. 神父(原)と修道女の闘い。
  前半の涼風さんの歌が官能的でよかったです。天使みたいな姿も綺麗だし☆
  後半はコンテンポラリー系のダンス。悪魔軍団がかっこいいんですけど

【M13】いとしすぎて
  第1部のラストは男性陣による優しいハーモニー。歌詞が好きです。
  ソロありコーラスありで、いろいろありすぎたACT1をしっとり締めてくれました


≪ACT2≫
【M14】MUSICAL 妖怪
  歴代のナンバーでリクエストが最も多かった作品のリメークだそうです。
  太古の話。「妖(あやかし)」がまだ人間に姿を見せていた頃の物語。
  妖を奴隷のごとく虐げる村の実力者・ジョウゲン(吉野)と売人のヨイチ(西村)。
  妖を人として尊重する、ジョウゲンの妹ユキ(遠野)。
  ユキが偶然出会った妖(東山)がヨイチに捕らえられジョウゲンによって痛めつけられる。
  傷ついた妖を懸命に介抱するユキと、彼女の優しさに惹かれていく妖。
  ユキを守るための行動が、ジョウゲンの怒りを買い激しい戦いに・・・!
  妖vs.人間。虐げられてきた怒りが爆発し、妖はついにジョウゲンを追い詰めるが、
  ユキの制止で我に返る・・・そこへジョウゲンの刃が。
  死ぬ間際、それまで話すことのなかった妖が声を絞り出して呼ぶ。「ユ・・キ・・」。
  仲間の死に怒った奴隷がジョウゲンに刀を突きつけるが、そっと刀を落として、
  妖の亡骸を抱えて山へ消えていく。。。というお話。
  山の中で妖たちとユキが心を通わせる場面や、ジョウゲンとの戦いの場面は
  すべてダンスだけで表現されていて、特に東山さんの身体能力は素晴らしかったです
  それから、冒頭に玉野さんが見せる妖の踊り。独特の動きをタップで表現していて印象深かったです。
  さらに今回から新たに加わった「歌」。ストーリーテラーとして、また妖の心の声として
  涼風さんの歌がとても神秘的な空気を生み出していました。
  今日は最後の『次に生まれ変わるときは人に』という歌詞で涙が出ましたゥゥ
  哀しいんだけど、じんわり温かい小作品です。。。

【MC】キャスト紹介
  玉野さんのご挨拶(震災についての想いなど、真摯なお話に感動)のあと、
  日替わりのお題でキャスト紹介。本日は「自分を家電にたとえるなら?」。
  佐々木くん:「CDプレーヤー。いつでも踊れるから」
  相葉くん:「アロマディフューザー。好きなんです」
  原さん:「炊飯器」(会場爆笑)
  西村さん:「ミキサー。セリフとかいろいろ混ぜちゃうのが好き」
  東山さん:「加湿器。皆さんの心に潤いを与えるから」(会場フーーー!)
  吉野さん:「コタツ。皆さんの心を暖めるから」(会場フーーー!)
  遠野さん:「じゃあ・・・扇風機。皆さんの心に風を・・・」(会場爆笑)
  涼風さん:「クーラー。りょうふう⇒涼風⇒すずかぜ」(会場から喝采)
  玉野さん:「僕はメモリースティックかな。たくさん覚えないといけないから」
  今夜のが個人的には一番楽しかったです

【M15】50音順ヒットメドレー
  はい来ましたよ、これ。でも全部書くの大変だよなー、、、間違ってたらすみません。
  ★あ★
  「weeeek<NEWS>」みんなで一緒に歌って始まるのがなんか楽しい (^ー^*
  「Troublemaker<嵐>」
  「会いたかった<AKB48>」
  「ヘビーローテーション<AKB48>」AKBの振りが普通にかわいい・・・この時点で女装に慣れている自分←
  「アメーバピグ」かわいいw
  ★い★
  「ツッパリ High School Rock'n Roll<横浜銀蝿>」お弁当小さっ
  「いっぱい食べる君が好き<川本真琴>」遠野・吉野ペアの瓶底メガネに萌え
  ★う★
  「噂話もすべてタダ<softbank白戸家CM>」涙雨~の東山さん(笑) 頭でビブラスラップ鳴らすのやめて(笑)
  「狙い撃ち<山本リンダ>」涼風さんのリンダファッション違和感皆無(笑) 西村さんは年上好きらしい(笑)
  「We Are The Champions<Queen>」ここのスローモーションも日替わりです・・みんな自由すぎ
  「ウイスキーが、お好きでしょ<竹内まりや>」涼風・遠野ペアのハーモニーが絶品!
  「太麺堂々<日清食品CM>」西村ショッカーのこけてからの逆ギレ(笑)
   →ここでシンケンブルー登場!日替わりでむちゃぶりされる相葉くん(笑)
    ちなみに本日は「ヤッターマン」「アンパンマン」「もんじゃ焼きマン」で
    もんじゃ焼きの表現は素晴らしかったです(爆笑) ⇒真面目にやれ!⇒真剣じゃ!
  ★え★
  「もらいなき<一青窈>」ええいああ柔道もいいけど、なにげに涼風さんの「始めっ」も低音で素敵
  ★お★
  「この夜を止めてよ<JUJU>」涼風さんの切ない歌声のうしろで別れを惜しんで抱き合う男2名・・
  「マツケンサンバ<松平健>」東山さんのマツケン扮装(笑) ずるいでしょ(笑)
  ★か★
  「way of life<V6>」SPに向かう銃弾をなぜ戦場カメラマンが・・・つか玉野さん似すぎだから
  「Best Friend's Girl<三代目J Soul Brothers>」風よ運んで~って吉野さんの歌詞どおりに風がマツケンを運ぶ(笑)
  ★き★
  「君って<西野カナ>」遠野さんのJ-POPって初めて聴いたかも♪
  ★く★
  「アタックNo.1<大杉久美子>」コーチとボール君の息の合い方がプロ級(笑) 涼風さん(ブルマ姿)の星金に感動
  「だんご三兄弟<速水けんたろう・茂森あゆみ>」串に刺さるときの顔芸(笑)
  ★け★
  「浪花恋しぐれ<都はるみ・岡千秋>」桜の木を頭に乗せた旦那とは別れた方がいいね
  ★こ★
  「桜色<アンジェラ・アキ>」桜の木を頭に乗せた旦那にも昔はいい時があったのね
  「この冬わたしは15なの<西友CM>」出た!ニャンコ先生! 「42歳、立派に生きてます」(笑)
  ★さ★
  「SAKURA<いきものがかり>」どうしたの?ってな衣装・・・でも涼風さん違和感皆無
  「夜桜お七<坂本冬美>」涼風さんの迫力の歌声と桜ダンサーズと、夫を捨てるあすかちゃん
  「遥か<GReeeeN>」ROOKIESのパロディ ※髪型だけじゃんって人も多数(笑)
  ★し★
  「Precious<伊藤由奈>」涼風・遠野ペアのデュエットが美すぃー!
  「Monster<嵐>」
  ★す★
  「すみれの花咲く頃<宝塚歌劇団>」燕尾服の遠野さんとピンクドレスの涼風さんが華やかー
   →薔薇組の生徒(玉野/原/吉野/東山)が登場(笑) それカツラっていうより帽子ですよね?
    でも吉野さんは手足の伸びが男役然としていてよかったです!さすが宝塚ボーイズ☆
  「ずっと好きだった<斉藤和義>」客席から女性を引っ張り出して告白してからの~・・・
  ★せ★
  「SAY YES<CHAGE&ASKA>」無理やり「Yes」言わせる作戦
  ★そ★
  「宙船<TOKIO>」お客さんに渡してるあの船(折り紙)って何の模様なんだろう?
  ★た★
  「アセロラ体操<ニチレイアセロラCM>」たたたたたいよう楽しくたいよう ビタビタしたらミンミンするよ~ かわいいっ
  「銭形平次<舟木一夫>」原さんの銭形平次は うっかり八兵衛っぽい(笑)
  ★ち★
  「異邦人<久保田早紀>」振り向いた原さん「イエス!高須クリニック!」
  ★つ★
  「One Love<嵐>」こういうショーでのジャニーズの求心力ってすごいなぁ・・とか思ったり
  ★て★
  「This is love<SMAP>」
  ★と★
  「SEIYU1107<クレイジーケンバンド>」買い物かご片手にピルエットするのって大変そう
  「キスしてほしい(トゥートゥートゥー)<THE BLUE HEARTS>」
  「HOWEVER<GLAY>」突然話は変わりますが あなたは夜中 腹が減ることありますか~ を限界ギリで叫ぶ吉野さん(笑)
   →ドドスコスコスコで楽しんごな相葉くん(笑)「お湯注入」がかわゆい☆ だけど冷たく受け流す女性陣(笑)
  ★な★
  「Life<キマグレン>」泣きたくなっちゃった相葉くんを励ます佐々木くん・・肩を組む2人の細さといったら(そこ?)
   →バナナ大好き~♪ やっちんちん♪ でダブル楽しんご(笑)
  ★に★
  「一週間<ロシア民謡>」名物・日替わりコーナー(笑) 玉⇒原⇒西⇒東で歌いつなぐアドリブ歌詞
   →ちなみに本日は「日曜日の楽日に向けて」「残すところ3公演」「テュラテュラテュラテュラテュラテュリャリャ~ テュラテュラテュラテュリャリャ~」
    「このコーナー日替わりでした」「ネタが尽きて ありません」「テュラテュラテュラテュラテュラテュリャリャ~ テュラテュラテュラテュリャリャ~」 えーっ!?(笑)
  ★ぬ★
  「うたかたの恋<宝塚歌劇団>」これーーーーーーー!!(≧∀≦* もうファン垂涎です!
   涼風さんの男装はまるでオスカル様 軍服かっこいいぃぃ 低音も麗しいぃぃ
  ★ね★
  「まねきねこダックの歌<アフラックCM>」ニャンコ先生とアヒルに扮した佐々木くん・・どういう関係?(笑)
  ★の★
  「喜びの酒 松竹梅<宝酒造CM>」飲むことすなわち喜びさの歌い方がツボ(笑) 西村さん、好きだわ(笑)
  ★は★
  「intelジングル」パンパパパン♪ インテル入ッテル
  「Butterfly<木村カエラ>」
  「涙サプライズ<AKB48>」Happy Happy Birthday♪ 4月生まれの方をお祝いしてくれます羨ましい・・・
  ★ひ★
  「Beat It」吉野さんの腰使いがすっごいカッコイイんですけど!
  「Billie Jean」ジーンズをビリッとしていくとニャンコ先生が出てきてポゥッ!ってくだらなすぎ(笑)
  「Bad」バット⇒惜しい!バッグ⇒そうそう、取っ手がねって違ーう! 東山さんのノリツッコミが面白すぎ(笑)
  ★ふ★
  「恋する瞳は美しい<Superfly>」
  ★へ★
  「Prisoner Of Love<宇多田ヒカル>」この歌の時の涼風さんの雰囲気、好き・・・
  ★ほ★
  「ポニーテールとシュシュ<AKB48>」
  「Beginner<AKB48>」AKBに対抗して初陣のSSG(新撰組)登場・・・相葉くんって沖田総司とかいけそう
  ★ま★
  「WINDING ROAD<絢香×コブクロ>」アカペラの綺麗なハモリに結構うっとり
  「吾亦紅<すぎもとまさと>」またぎ姿が似合いすぎる西村さん(笑)
   →東山さんと相葉くんのニセ「うたかたの恋」(笑) 棒読み(笑) 歌い出した途端に銃の暴発(爆笑)
  「透明人間<ピンク・レディー>」まさかとお思いでしょうがーって・・・
  「1本満足<アサヒフードCM>」
  「負けないで<ZARD>」チアガール風お母さん=原さん≒太田さん?!
  「手紙<アンジェラ・アキ>」受験勉強に負けそうな佐々木くんに・・・
  ★み★
  「ミルキーの歌<不二家CM>」ペコちゃん風お母さん=原さん≒ベロ付き太田さん?!
  ★む★
  「You Give Love A Bad Name<Bon Jovi>」息子しゃ~んは中3で~!を半裸で叫ぶ吉野さん(笑) 拗ねる佐々木くんがかわゆい
  ★め★
  「Keep Holding U<Sunmin Thanx Kubota>」涼風さんと玉野さん、肩を抱き合う・・んだけど背丈が(自粛)
  「純恋歌<湘南乃風>」いい雰囲気の東山・遠野カップルの背後で、お星様と花火のかぶりもの(原/佐々木)がワイワイ(笑)
  ★も★
  「一番綺麗な私を<中島美嘉>」ニャンコ先生と相葉くんの間には過去に一体何があったんだ(笑) 共演者も素で笑うほどの熱唱!
  「MONKEY MAGIC<ゴダイゴ>」猿!!(笑) 猿が油性マジックで無表情!!(笑) 吉野さんってほんと素敵(笑)
  ★や★
  「EARLY IN THE MORNING<桑田佳祐>」モンキーとニャンコ先生のバトル
  「TOPPO<ロッテCM>」やっぱこれだね~ってトッポを無理やり食べさせられるニャンコ先生「口が渇いて死にそう」(笑)
  ★ゆ★
  「弾丸ファイター<SMAP>」
  ★よ★
  「Fit's LINK<ロッテCM>」40分~味がずんずんずんずーっと続くよ~
  ★ら★
  「DIVE<B'z>」盛り上がりMAX!男性陣が客席降りでガンガン煽ってくれます☆ 握手できた人はラッキー!
  「ミスター<KARA>」ララララララでヒップダンス♪ かわいいよ、みんな
  「ライオネスコーヒーキャンディー<ライオン菓子CM>」
  ★り★
  「リンダリンダ<THE BLUE HEARTS>」ここに来てもダジャレ・・結局 玉野さんの足を踏んだのって誰?
  ★る★
  「徹子の部屋のテーマ」日替わり無茶ぶりコーナー(笑) 誰もが部屋に呼ばれたくなくて戦々恐々としている感じが・・・
  ★れ★
  「Synchronized Love<武富士CM>」玉野さんと涼風さんの歌で他全員があのレオタードダンス!懐かしい!
  ★ろ★
  「ロート製薬のテーマ」
  ★わ★
  「スキップ・ビート<KUWATA BAND>」※名古屋公演でようやく判明※
  「エロティカ・セブン<サザンオールスターズ>」我は我はクラ~ブセブ~ン♪
  「お祭りマンボ<美空ひばり>」ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ そ~れそれそれ50音!!
  ★を★
  「ニホンノミカタ<矢島美容室>」だけど味方、なんか今の日本に向けた感じがしてほっと温かい気分になる♪
  ★ん★
  「Seasons Of Love<ミュージカルRENT>」これを最後に持ってくるとは・・・今までのふざけっぷりが嘘のような静謐な空気。。。

  最後のナンバーで一気に心をぎゅっとされて、ものすごい高揚感と感動に襲われました (*_*〃
  本当に50分間ノンストップだし、次から次に息つく暇もなくて、これだけを観るのでも充分成り立ってるなーと。
  これ、8thがあったらまた行きそう☆

【M16】Club7テーマ(Reprise)
  そしてエピローグ、再びクールなダンス! ここまで盛り上がった分、客席のテンションも最高潮って感じでした!
  やっぱカッコイイなー



というわけで・・・50音順は千秋楽を見て完璧に埋め・・られたら奇跡。
あの楽しさの中で いちいち曲順まで覚えるの大変なんだよね f( ̄v ̄;
【4/23追記】「わ」を追加、「と」の曲順を入れ替え ⇒ コンプリート!!!のはず

でも本当に、記録にも記憶にも残る作品でした
明日はとうとう東京ラスト。。。思い残すことのないよう200%全力集中でっ

ま、来週名古屋にも行くけどさ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加