さらばい、2010。

2010-12-31 10:23:27 | 日々事
大晦日に空を撮るの巻。パチリ。

写ってないけど飛行機が飛んでました。

こんなに天気が落ち着いてるのって東京だけかもね・・・

今日でサヨナラ、2010。
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

るろ剣 -再閃-

2010-12-29 22:12:41 | だって私は涼風真世が好き
気持ち的には若干スルーですけど、一応PVを見つけました。
PSP専用ソフト「るろうに剣心 -再閃-」。

PSP持ってないし、テレビアニメも数回しか見てないので(ファン失格・・)
緋村剣心のCVがかなめさんで、男役時代に近い声でかっこいいなぁとか
そのぐらいの接点しかないのです。

でもこれ、何がいいって初回版特典の「ボイス時計」!
かなめさんの声で『おろ』とか入ってるみたいです。
ゲームはできないけど、この時計だけ欲しい。

いまだに「涼風真世=剣心」というイメージの人が多いらしく、
この間、とあるブログで「モーツァルト!を観に行ったら剣心の声がした」
と書いてる人がいて苦笑しました・・・
いやいや! 剣心はあんなドレス着ないから!※そこか
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2010最後の謝罪

2010-12-28 23:59:45 | 日々事
宣誓!
2011年のー、私の年賀状はー、まず間違いなくー
元旦には届かないことをー、ここに誓いまーす。

・・・だって書けてないんですもんっ ((C)MHK)

だいたい明日まで仕事で、ついでに元日も仕事ですよ。
年賀状を読むより先に顔合わせるっつー話でしょ。

明日の夜中に仕上げるとして、30日に郵便局に持っていったら
年明けのいつごろ配達されるんだろ。。。
4日とかに届いても白けちゃうしなぁ(しょぼん

逆に、直接渡すっていう手もありますけどねっ ((C)MHK)

ちゃんと25日までに年賀状を投函できる人って偉いなぁ。
私なんて毎年この時期はダメ人間を痛感しますからね。

来年からはちゃんと真人間になりまーす。
ごめんなさーい。
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

帝劇ワンダーランド

2010-12-27 23:13:31 | だって私は涼風真世が好き
年明けに発売される帝劇100周年記念ムック「帝劇ワンダーランド」、
こんな装丁になるようです。

表紙にちゃんと「涼風真世」の文字が♪
インタビューの内容が楽しみ。

ところで、改めて聞くとすごい名前。「帝国劇場」って。
普段は気軽にテイゲキとか言ってますけどね(笑)
昔はこうして貴賓席(当然ここはロイヤル専用)もあった訳ですから・・・

かなめさんが、この歴史ある大劇場で主役を演じていることは
本当に誇らしいことですよね。

来年はご出演がなくて淋しいですが、新たな100年間に突入する帝劇で
また素敵な姿を見せてくださることを期待しておりまーす。

で、この本、やっぱり買いまーす!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

関テレ特番 おもろー

2010-12-25 11:46:31 | だって私は涼風真世が好き
関西テレビ「TKOが行く!ミュージカル“モーツァルト!”舞台裏マル秘大探検」。
K*yho*eTVのおかげで、東京にいながらにして見れちゃいました。やった。

かなめさん、テンション高っ(笑)
TKOさんとかなり楽しそうにされていて、特番の効果大だったかも。
大阪公演も満席の日が続くといいですね。

番組の内容も興味深いものでした!
舞台裏とか衣装部屋とか、普段見られないところの案内がおもしろかったし、
発声指導で『星金』も聴けたし♪
しかし、あんな細っこい体で よくあの声量が出るなぁ・・・感嘆です。

あと、井上芳雄さんから暴露されてましたね。
「お酒を飲むと、この5倍テンションが上がる」・・・5倍ってどんだけ(笑)

最後の「あごなし」は要らなかったと思いますけど(笑)
またまた素敵なクリスマスプレゼントをいただいた気分です。

これで2010年の締めくくりかな?
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

M!東京公演 千秋楽

2010-12-24 23:50:04 | 舞台感想
ミュージカル「モーツァルト!」東京公演が千秋楽を迎えました。
さすがに今日は行けなかったけど、猊下とパパの驚きのハグ(笑)や
皆さんの心温まるご挨拶が動画で出ています。
12月24日 特別カーテンコール

本当に本当に素晴らしい作品でした!
重たいテーマではあるけど、不思議と何度でも観たいと思わせる魅力があったし、
何よりアンサンブルを含めた全キャストが本気で臨んでいるのが伝わってくる
熱い熱い舞台だったなぁ♪

今も名曲の数々が頭の中でリピート入ってます。

梅芸で再び会えるけど、ひとまず東京公演は幕を閉じました。
切ない喪失感でちょっと胸が痛いです...

そんな作品に巡り会えたことに感謝しつつ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

CLUB SEVEN 7th 動画

2010-12-24 23:06:03 | だって私は涼風真世が好き
サンタクロースからの贈り物をもういっちょ。

「CLUB SEVEN 7th Stage!」 かなめさんのインタビュー動画です。
(お知らせありがとうございました。ぺこり)

もう・・・なんつー かわゆい声(笑)

【0'22"】
「その作品に私が出演するということで、ちょっと・・ダンスが心配なので
今から体を鍛え、がんばりたいと思っております」

【2'05"】
「涼風のダンスを見るということで、不安がってらっしゃる方も多いと思います。
私も、はっきり言って不安です! でも・・・がんばります

動画を視聴する上での注目ポインツをピンク色にしてみました(笑)
絶対この2ヶ所は萌えます。

“ショーで踊る涼風真世”、これは見逃せないでしょ。

玉野和紀さんをはじめとする魅力的なメンバーも楽しみだなー♪
来年の春は、極上のエンターテインメントをがっつり堪能したいと思います。
今から結構ワクワクです!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

麗しのヴァルシュテ

2010-12-24 13:52:35 | だって私は涼風真世が好き
昨日の余韻を残したまま、ぽけーっと一日が過ぎております。。。

と、そこへ更新情報!

涼風真世様 公式ブログにドレス姿が!!
ヴァルトシュテッテン男爵夫人だぁ(´∀`*
美しすぎるー♪ 麗しすぎるー♪

すばらしいクリスマスプレゼントになりました。
千秋楽おめでとうございます!

Merry Christmas
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルト! 12/23

2010-12-23 23:25:24 | だって私は涼風真世が好き
とうとう この日がやってきてしまいました・・・
東宝「モーツァルト!」、本日が涼風男爵夫人の楽日でございました。
2ヶ月の長丁場、本当にお疲れ様です!

怒濤の昼夜観劇で体は疲れ切ってますが、精神的にはこれ以上ないほど
満たされた一日となりました。。。


【12/23 昼の部のキャスト】
・ヴォルフガング;井上芳雄
・アマデ;松田亜美 〔ラスト〕
・ヴァルトシュテッテン男爵夫人;涼風真世

【12/23 夜の部のキャスト】
・ヴォルフガング;山崎育三郎 〔ラスト〕
・アマデ;坂口湧久 〔ラスト〕
・ヴァルトシュテッテン男爵夫人;涼風真世 〔ラスト〕


この引きの強さは本物ですね。最後までワク専でした(笑)
6回のうち5回が湧久くんという・・・運命を感じちゃいますね。
配役盤の前で密かにガッツポーズしていたのは私です。
湧久くんはアマデ三人衆の中でも最年少なので、ちょびっと幼いんですよね。
そこがまたいいんですけど。

いやしかし、初めて観た松田アマデはすごかった!
表現力が半端ないですね・・・特に井上ヴォルフとの組み合わせだと
本当に一体感があって、本来のアマデの役割がより鮮明に見えました。
ヴォルフの感情にリンクするところ、逆にアマデがヴォルフを先導するところ
豊かな表情と機敏で大きな動作で、二人の関係をとても的確に表していました。
楽譜の書き方、羽根ペンの刺し方。すごい迫力。。。

それから、井上さん⇒山崎さんと続けて観るとヴォルフも違いがくっきり。
井上さんには一日の長があると前にも書きましたが、一つ一つの表現に
余裕が感じられました。顔の表情も体の動きも無駄がないというか・・・
対する山崎さんは、等身大の男の子の苦悩がリアルに伝わってくる感じ。
ただ、動きの中に迷いがあるというか持て余している部分があったような・・・
どちらがいいかは、もう好みの問題だなーと思いました。

今日がMy楽だったので、もう作品についての細かい解釈はすっ飛ばして、
とにかく涼風真世様が素晴らしかったということだけ・・・
ええ、もちろん今日も涼風真世様を観るために行きましたけど何か?(きっぱり)

かなめさんは、昼の部と夜の部で全く印象が違っていました。
(ま、大体どの公演でも日によって少しずつ作り方が変わる方ですけども)
昼はとても力強い男爵夫人で・・・なんというか「男前」(笑)
夜は打って変わって非常にたおやかな、女神のごとき柔らかさでした。
個人的には、夜の部の女性的な作り方が好みですが、
いずれにしても『星から降る金』の歌声は神の領域。

登場するだけで舞台に光が溢れるみたいで本当に美しくて・・・
幕開きの「アマデ」の声、『人は忘れる』の透き通った歌声、
『星金』の絶唱、『ここはウィーン』のいたずらっぽい微笑み、それから
皇帝陛下を前にしたコンサートで絶賛されるヴォルフガングを見ながら
まるで少女みたいに喜ぶ無邪気な笑顔が本当にかわいかったです。
カーテンコールでは、今年一番の大きな拍手をさせていただきました。

で、なんとも仕事の早い東宝さん。
今夜の特別カーテンコールの様子がアップされてます♪
12月23日 特別カーテンコール

いずれ消されてしまうと思うので実況してもいいですか? (いいよー)

-----
※敬称略

武岡「一足先に千秋楽を迎えた方からご挨拶をさせていただきます。
   まずは涼風真世さん!」

(盛大な拍手・・・両手でぐっと拍手を止めるジェスチャー)

涼風「(満面の笑みで)一度やってみたかったんです。ありがとうございます」

(場内 笑)

涼風「皆様どうぞご着席くださいませ。

   一足先に千秋楽を迎えさせていただきました 涼風真世でございます。
   私、このミュージカル「モーツァルト!」大好きです。
   そしてヴァルトシュテッテン男爵夫人、大好きです。
   この作品を愛してくださる皆様、そして この作品に携わってくださった
   関係者の皆様ひとりひとりに、お客様に、感謝の気持ちでいっぱいです。
   本当にありがとうございました。

   「モーツァルト!」の道は、明日の千秋楽、そして大阪 梅田芸術劇場、金沢と
   まだまだ旅は続きます。
   皆様、時間の許す限り、お金の許す限り(笑) ぜひいらしてください。
   本日は本当にありがとうございました!」
-----

このあと、山崎さんからも感動的な挨拶があり、湧久くんもかわいく挨拶し
会場は割れんばかりの拍手に包まれ無事に終演となりました。
EXITミュージックも、ほとんどのお客さんが残って手拍子。

これだけ通った作品が終わってしまうことで、一抹の寂しさも感じますが、
今夜は充実感で胸がいっぱいです。

明日から何を楽しみに生きよう・・・
と、大げさなことを呟いたところでごきげんよう。


&&&

今さらですが2005年当時のハイライト・スタジオ録音CDも買ってみました。
帰るときに劇場の受付の方に伺ったところ、残念ながら今のところ
今期のCDは予定されていないそうです。がつくり。

出すべきですよ、東宝さん! 売れると思うけどなぁ!
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ファイナル再び

2010-12-21 23:09:30 | 日々事
夕方、たまたま覗いた東宝Twitterにて
【「ラ・カージュ・オ・フォール」ファイナルステージ・アンコール】の文字。

2012年1月に再びファイナル公演を行うそうです♪
PVはこちら

キャストは市村正親さん(ザザ)と鹿賀丈史さん(ジョルジュ)で、
そのほかのキャストは未定。日生劇場にて。発売開始は9月。
すごーく先のお話ですが楽しみです♪
だって好きなんだもん。あの世界(笑)

しかし、まだ2010年の終わりも迎えていないというのに、
舞台の話題は早くも2012年ですよ。

各劇場の2011年のラインナップも、もっと知りたいけどね-。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加