石井一孝ソロコン 8/28

2016-09-18 00:09:42 | 舞台感想
「石井一孝ミュージカルコンサート ~ミュージカル高座2016~」
8/28(日) 16:30の部 at浜離宮朝日ホール 小ホール


熱風亭小顔という高座名までつけた汗っかきエディのソロコンサート。
禅さんがゲストということで、一粒で二度おいしいを狙って参戦してきました。

笑ったー。何だろうあの二人が揃ったときの収拾つかない面白さ(笑)
ミス・サイゴン上演時に二人+αで行ったタイ旅行の話が最強すぎた。
旅行での出来事を一切覚えていないカズさんと、何もかもを覚えている禅さん。
カズさんの「初めて知る事実が多いから常に新鮮な気持ちで聞ける」のひとことに
ポジティブの模範を見た思い(笑)

二人の話で一番印象的だったのは、今の若手たちについての思いですかね。
自分たちの頃は少しでも大きな役を勝ち取ろうとみんな切磋琢磨していたけど、
今の若手たちは年齢によってやる役が決まっていて、取り合うことがないから
結果として同じ世代にライバルがいない、ライバルはいたほうがいいよね、と。
確かにそうかも。特に若手男子たちは、下克上もなく、数珠つなぎというか。
同じ轍の上を同じスピードで歩いて、これをやったら次はこれ状態だもんね。

考えてみれば、若い頃にオーディションで競い合って、役を得るために力をつけて、
そうして生き残るわけだから、50代以上に魅力溢れる役者さんが多いのも当然だわ。

セットリストが手元にないので全部は書き出せないけど、曲数は結構多かったはず。
CHESS、シスアク、蜘蛛女のキス、スカピンからの曲、オリジナルソング etc.
「私が生きてこなかった人生」とか、演じてない役の曲もあって面白かったなあ。

そして、この日のメインイベント「二人だけでレミゼ」!
WアンジョにWマリウス、バルジャベ対決、ついでに禅さんのガブローシュも(笑)
二人のミュージカル人生=レミゼと言ってもいいぐらい。深い愛を感じましたよね。

トークの内容はとても書き切れない。ひたすら笑ってたので細かく覚えてないし。←
そんな中で、カズさんが教えてくれた「ミュージカル俳優のケア」にフムフム。
まず心身共に健康な人じゃないとミュージカルはできないそうです。(ごもっとも)
コンディション維持に最も重要なのは睡眠をしっかりとること。(これもよく聞く)
それから就寝時の喉のケアには相当気を遣うらしい。
腹巻き、首巻き、そして寝てる間に口が開かないようにテープを貼るんですって!
何だっけ・・・商品名は忘れたけど、唇がかぶれないタイプのテープがあるそうな。
夢が壊れるからミュージカル俳優とは一緒に寝ないほうがいいと断言してました(笑)

禅さんは楽屋で加湿器もたかないし、割とその辺はのんびり構えるタイプらしいけど
カズさんはどうやらケアマニアっぽい。似ているようで全く似ていない好敵手の二人。

ソロコンもいいけど、気心の知れた人たちのこういう時間は格別楽しい。

そして、この数日後に禅さんのソロコンが。。。(続く)
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.9.11 | TOP | 石川禅ソロコン 9/1 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。