髑髏城の七人 花 4/15

2017-06-09 00:12:27 | 舞台感想
「髑髏城の七人 Season花」 4/15(土)夜の部 at IHI STAGE AROUND TOKYO


感想を書きたいんですけど、その前にこれだけ言っておきますね。

見えなかったの。舞台が。

うっかり主催先行に手を出したばかりに23列の下手壁横という悲しい席が来るの巻。
もともと席配置が頭おかしい上に、舞台方向に座高の高い方がお座りになっていて
どんなに動いても舞台の真ん中部分55%ぐらいが見えなかったんですよね。

で、大抵の舞台って真ん中部分55%ぐらいで進行するじゃないですか。

逆マスキングの状態で一幕90分を過ごし、もうお家に帰っちゃおうかなと思いながら
幕間に係のお姉さんに相談したら、特別にということでクッションをお借りできまして
わーい、これで見えるーと思ったのも束の間、前の方の座高と客席の設計には勝てず。

たぶんですけど、舞台は面白かったんだと思います。みんな楽しそうだったし。

席が遠い&よく見えないうえに、髑髏城自体も初めてだったので、
登場人物たちの細かい心理描写まではちょっと掴みきれなかったのが本音なんですけど
とりあえず贋鉄斎が出てきてほっとしました。あそこだけ笑った。

基本的に見えない席にいた私が一番「おぉ」と思ったのはカテコでした。←
ぐるっと一回転していくと、それぞれの場面にキャラクターがいてっていう作り。

劇場のほうは360°舞台で4つのセットを最初から作り込んであるのが画期的だなと。
ラストの一番盛り上がるところで本水をあの規模で使えるのはいいよね。
座席が回る感触も、車酔いキャリアの私でも全然余裕なレベルだったし。

でも、客席の設計をした人は、私に何か言わなきゃいけないことがあるはず(真顔

今後の鳥風月極は映画館にしようと思う。真ん中を見たいし。

 劇場ぽつーん

 看板どーん

【キャスト】
捨之介:小栗 旬
無界屋蘭兵衛:山本耕史
天魔王:成河
極楽太夫:りょう
兵庫:青木崇高
沙霧:清野菜名
三五:河野まさと
狸穴二郎衛門:近藤芳正
贋鉄斎:古田新太

【スタッフ】
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オペラ座の怪人 4/5 | TOP | マディソン郡の住人 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。