涼風真世35th記念コンサート

2017-01-04 20:12:29 | だって私は涼風真世が好き
「涼風真世 35th Anniversary Album 発売記念コンサート」 12/28(水) atヤマハホール


年末からチマチマ書き進めてはいたんだけど、ひとつ思い出しては床ゴロン(むふー♪)、
ひとつ思い出しては床ゴロン(むふふー♪)で全然終わらなかった。年明けちゃったわ。

グッドルッキング妖精によるファビュラスなコンサートでしたよ。

1曲目の「空そこ」のイントロで、客席を見渡しながら2階席に手を振る姿にもう目的達成。←早えよ
かなめさんは昼も夜も終始笑顔でした。それも、なんていうんですか、幸せそうな、満ち足りた感全開。
ファンはそれだけで「うん」ってなりますよね。「よかったね(袖で涙を拭う)」って。

印象的なフレーズや光景は山ほどあるんだけど、昼と夜の記憶がごちゃ混ぜで。。。
以下、順不同だしニュアンスだし個人的な感想なので大いなる心でどうかひとつ。

「空そこ」で始まって「空そこ」で終わる構成がすごくよかった。
冒頭、この曲を歌い終わってから歌詞を軽く朗読されたんだけど、それがまた優しくて温かかったです。
新曲の歌詞を松井五郎さんにお願いするにあたって、かなめさんは初めてお会いしたそうなのですが、
松井さんはこういう人だろうと想像していたとおりの、いつもニコニコしてる穏やかな方だったと。
いろいろ話をしているうちに空ブログの話題になり、松井さんから「それは詩(うた)になるね」と。

かなめさんが空ブログを始めたきっかけ、ファンの間ではよく知られていることだけど、
石巻、釧路、伏木、高岡、宝塚と、自然豊かな土地で暮らしてきたかなめさんにとって
退団後に出てきた東京は、山もない(富士山遠い)、浜辺もない(お台場あるけど人工的)。
息苦しくてふと見上げたら、そこには空があった。
空は全世界とつながってる。もしかしたら天国にいる大切な人ともつながっているかもしれない。
人はつらいときに下を向いてしまうけど、一日に一度だけでも空を見上げてほしい。
そんな思いを込めて毎朝、空の写真をブログに上げている───
「空だけはそこにある」今のかなめさんそのものの曲ですね。
1曲目も柔らかくて伸びやかな歌声だったけど、アンコールで再び聴いたらさらに心にすーっと来た。

昼はここから「MINE」の2曲を挟んで、宝塚コーナーへ。
新人公演初主演曲からのシルバ!(パンフにセトリがなかったから1曲ごとに猫パンチ受けてる感)
「銀の狼」を生で聴ける日が来ようとは!低音が超かっこよかった!
そしてウィーンミュージカルへ。過去・現在をさくさく行くねー。

MAの「愛したことだけが」、切なくて素敵な曲。マリーの曲も歌い続けていただきたいなあ。
ここで貴婦人の訪問の話題も少し。
MAのときと同じ竜真知子さんの訳詞、気持ちに寄り添う歌詞ですごく歌いやすいんだそうです。
そして「みんな大好き私も大好き山口祐一郎様もお歌いになった曲に挑戦しますっ」宣言からの
まさかのトート!!!!!!「最後のダンス」!!!!!!(ある意味で死亡)
曲の出だしが鳴った途端、全身が震えるのを感じたよね。これ自分の部屋だったら瞬時に正座してた。
たぶんだけど、客席の8割が同じだったと思う。みんなの脳内ガッツポーズの震動が聞こえたもん。
たまらんかったです。かなめさんが歌ったらこんなふうじゃないかな予想を2ゼタ上回る色気と迫力。
SVでまた聴きたい・・・

夜の部かな、貴婦人の訪問の共演者のエピソードが出てきたんですけど ※諸事情によりカット
この流れで出たかなめさんの某ものまねが絶対にメディア化できないタイプのものでした(笑)
先輩それただのミッキーマウスですやんと思いながら腹筋が強くなりました。まる。
かなめさんも、散々面白い話をしておいて「言わないでね!」って言うのやめてほしい(笑)

「言葉にできない」でクールダウンしてから、PUCKミッサマで再び萌えを与えられ(変態まっしぐら)
「夢人」で夢の作り方をレクチャーされつつ、大好きな「やさしいキスをして」。次から次に美声が・・・

あ、宝塚に関しては、宝塚を目指したいきさつの流れで、別科の通信簿が登場するという驚きも。
当日はコピーしたものだったけど、本体を取ってあったことがすごい。(私とほぼ同い年の史料)
1学期2位→2学期3位→3学期1位☆ 晴れてお父様の許しを得て音校受験へ。そして合格。入団。
「歌劇団には20年・・・いや、そんなにいない(笑) 12年と4ヶ月ですね」
この辺から徐々に始まる自分ツッコミの嵐。
かなめさん、昼夜とも本当にMCが面白かった(笑) まず普段こんなに喋るとこ見たことないし。

全部はとても思い出せないけど、夜の部では客席の不特定多数と会話し始めるという(笑)
「みんな独り言多いな。1対みんなだからね!でもできるだけ聞くよ」という未曽有の歩み寄り。
遅れて入ってきたお客さんにピンポイントで話しかけたり(笑)、客席の年代調査をしてみたり。
「20代の人(少なめ)30代の人(程々)40代以上!(大勢挙手)」秘技ひとくくりの術。
突如として始まるプレゼント抽選会では、昼はピンクのカーディガン、夜はカラフルなシャツ
(どちらもテレビやなんかで一度は目にしたことのあるやつ)を当選者に提供。細身の太っ腹。
昼は2階席の男性が当選して、その方が1階に降りてくる間、BGMに合わせて歌う太っ腹妖精。
「おめでとう♪早くして♪まだかしら♪」←落ち着いて
昼の男性も夜の女性もおめでとうございました。ツーショのチェキ付き・・・家宝だわ(羨)

そういえば、ウィーンミュージカルに関連して、ゾフィー役についても熱く語ってました。
「息子を皇帝として立派に育て上げることだけを考えて生きてきた彼女にとって、
息子の結婚は、もしかしたら誤算・・・だった・・・かも・・・?」と。
決してシシィを嫌っているとか、単純な嫁姑の問題とは捉えてなかったそうです。
(ニュアンスですからね。↑このままをかなめさんが発言したわけではないです念のため)
オープニングのトート閣下を迎える場面のダンスカウントまで丁寧に解説していただきました。
あれ結構大変だったのね。っていうか、皇太后役がこんなに踊ると思ってなかったらしい。

で、イケコの話も。かなめさんが初舞台生だった頃から思い出があるそうで(笑) ※カット
「かれこれ35年のお付き合いで、いや、付き合ってはないけどね」分かってます(笑)
ロビーにお花をくれたことへの感謝を大声で叫んでました。「小池先生 ありがとー!」。
イケコがゲストだったら面白かっただろうなあ・・・MCだけで5時間超えそうだけど。

昼は「グランドホテルで」も。やっぱりこの歌、好き。涼風オットーの優しい歌声が好き。
最後の鍵を投げるところはシャドーのみ。珠城さんと対談したこと、鍵を貸したこと。
元日の月組初日を観ることも嬉しそうに話されてました。

「不殺の誓い」は、今でも現役に戻れそうな男役モード。
実は昼はアンコール曲のあとに突然、「アカペラで何か歌おうか?」となり(客席びっくり)
「せっかくだからみんなで」となり(バンドびっくり)、即座に「不殺の誓い(キリッ」。
歌いたかったんだなあ(笑) 赤い衣装を着てたのもこのためか?と思うぐらいの熱の入りよう。

そう、衣装はですね、ナタリーとSPICEに写真が出てたのが昼の前半です。
帽子は内側が黒地で、上側に赤いレースが施されたものでした。髪はふわふわクルン。
赤いドルマン風のトップスは、肘先が黒いレース刺繍になってて。
黒い皮パンツに、黒いブーツ(ヒールの裏側と筒の内側が赤)。
ネイルはシルバーラメで、親指+中指+小指(かな?)だけ爪裏が赤でした。おしゃれさん。
昼の後半(アンコール以降)は、シャンパンゴールド地+全面に黒いレース刺繍が施された
京フィルのときのロングドレスの色違い版(だと思う)。裾がティアードになってるやつです。

夜は、真っ白なノーカラージャケット(背中にキラキラしたMAYOの刺繍入り)。
黒い皮パンツ、白いニーハイブーツ。帽子なし。髪は昼と同じふわふわクルン。
よしこちゃんの歌中に着替えて、後半は真っ赤なベルベットのロングドレス。
袖も長いし、首回りもボートネックだし、前から見ると結構シンプルな作りだったけど
客席降りのときに見たら、背中は黒いレース刺繍がV字型に入っててかなりゴージャス。

20代の頃、朝起きて、楽屋で、帰宅してと一日中聴きまくっていた憧れの玉置浩二さんに
曲を書いていただけることになってどれだけ嬉しかったか、だけど出来上がりがギリギリで
もう収録しないと間に合わないという日にデモが届いたことなどなど。
若い頃、玉置さんの歌から表現力や歌い方をたくさん学んだんですって。
「眠りの果て」、これも大切な楽曲ですね。

昼のアンコール後はスタオベでした。至福♪

夜の部までの時間、ファン友さんたちとお茶したような気がする。確か。←幸福感で海馬休憩

そして18時。昼も自由だったけど、夜のかなめさんのMCは輪をかけて自由でした。

とりあえず、2曲目が「私だけに」で私もうノックアウト。前奏でピャーッなりました。
だってもう何年も聴けてなかったし。「空そこ」でまったりしていた脳をシシィが直撃。
からの「最後のダンス」。ひとりエリザ最高。心拍数上がりまくりで死にそうでした。
シシィ、トート、ゾフィーと来たら、残るはルドルフとルキーニか・・・できる(確信)

我ら息絶えし者ども状態になってたら、「黒い翼」と「悪魔の涙」のたたみかけ攻撃。
時を超えたメフィスト降臨。死ぬの?私、死ぬの?
ロストエンジェル→天使の微笑み 悪魔の涙ですよ!!なにこのかつてない悪魔コラボ!!
メフィスずかぜの歌声があまりにも気持ちよすぎて、言われてもないのに署名しかけたよ。
昼と夜でセトリを変えるとは聞いてたけど、まさかここまで違うとは・・・すごい・・・

で、銀の狼では、とうとうミレイユ登場。ゲスト・麻乃佳世さん歌いながらカットイン。
このコンビ、お互いがボケとユルツッコミの二刀流という特殊さで、MCが奔放の極み。
とにかくよしこちゃんのかなめさんLOVEが素晴らしくて、ほんわかしたり爆笑したり。
全国ツアーで石巻を訪れたとき、かなめさんのおばあちゃん家?に月組みんなで行ったら
2階?の涼風展示館?に、ファン時代によしこちゃん贈った手作りの人形が飾ってあって
感動したっていう話がよかった。(?が多めなのは気にしないで)

ふたりがキャッキャウフフしてると思ったら、聞き覚えのあるメルヘンな前奏────
「パック誕生」!!!!!!!!!!!!!(自分の部屋だったら床に大の字になってた)
“月の音―――――”で私の中の何かが吹っ飛んだね。なんだろう、箍ってやつかな。
よしこちゃんのソロを挟んで、「愛あればこそ」「涙くんさよなら」をデュエット。
かなめさん真っ赤、よしこちゃんは黒と青のドレス。全然違うのにしっくりくる不思議。

ここから4曲〔男歌〕が続いて、「LOVER'S GREEN」では客席からの登場!!!!
(夜の部では驚かされてばかりいた気がする・・・)
私の座席からは残念ながら遠かったけど、客席を眺めながら楽しそうに歌う姿に心打たれ
さらに2階席にも「お一人お一人のお顔が見えてますよ-」とフォローする姿に感無量。
かなめさん、思いつくままに喋っているようで、実はとてもエンターテナーですよね。
客席すべてを楽しませる魔法を自然に出せる人。

それから、愛犬ココアさんがかなめさんの鎖骨に顔を埋めて寝るという話も。
鼻息がスースー寒いらしい(笑) ※会場全体が犬に嫉妬

かなめさん、終盤に(何の流れだったかな)「皆さんは私の声好きですか?」って。
好きに決まってるじゃあないですか!!
声の種類がたくさんあって自分でもどうしていいか分からないときがあるんですって。
ところが、貴婦人の訪問では“声に合う役作り”ができたそうです。
クレアは先に声を決めてから入ったので、いつもよりも自然と役を感じることができたと。
(ニュアンスですからね。↑このままをかなめさんが発言したわけではないです念のため)
当たり役・代表作の誕生には、それに相応しい理由があるものですね。。。聞けてよかった。

今回のコンサート、かなめさんは「偶然の出会いが必然となった」と表現していました。
そして「夢は持ち続けるものですね。夢は叶う」とも。

かなめさんの夢「Fairy2」が実現しますように。

「ひとりでは何もできません。今まで自分を支えてくれた人々。
舞台であれば共演者、スタッフ、オーケストラ、コンサートならバンド。
そしてお客様のおかげで今の涼風真世がいます。
これからも私らしく歩いて参ります。応援よろしくお願い致します」

かなめさんのご挨拶に心からじーん・・・感謝したいのはこちらです!

夜の部でひとつだけ心残りは、カテコのあとにスタオベできなかったことです。
拍手は続けてたんだけど、結局もう一度登場することはないまま閉演アナウンスが。。。
5分以上続いたあの拍手は、次のコンサートまで持っていきましょう。

大量のグッズを抱えて、寒いのに全く寒くない(いや実際はかなり寒かった)終演後。
とてもじゃないけどまっすぐ家に帰る気にはなれず、ワインで乾杯しておきました。
会場でお目にかかったファン友の皆さま、初めましての皆さま、ありがとうございました。

楽しかった。すっごく楽しかった。


【素晴らしい演奏者の皆さま】
ピアノ:三枝伸太郎
ベース:えがわとぶお
ドラムス:赤迫翔太
ギター:田中庸介
パーカッション:相川 瞳

ヴァイオリン:吉田篤貴
ヴァイオリン:青山英里香
ヴィオラ:三品芽生
チェロ:島津由美
ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017事始め | TOP | 1993オットー×2017男爵 »

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます‼︎ (Sakaki)
2017-01-04 23:48:14
いつも、詳細なレポありがとうございます。
夜しか行けなかったので、お昼の情報が聞けて嬉しいです。
セトリが素晴らしかったのもありますが、かなめさんが、かなりイキイキとされていて見ていて嬉しくなりましたよね‼︎
客席降りの際は、すぐ近くにかなめさんがいて天にも登りそうでした…
まだ、興奮覚めやらぬものでして、ついコメントしてしまいました。失礼致しました。
蘇ります… (にこにこ)
2017-01-05 00:33:43
楽しかったですね…。
本っっっっ当に楽しかったです…。
管理人さまの素晴らしいレポを読んでると、あの日に戻りたくなっちゃいます。
またあんな幸せな時間がありますように。
それまで脳内再生して耐えようと思います。
ありがとうございます、ありがとうございます! (ゆっこ)
2017-01-05 07:32:14
私と同じ様な状態でいらっしゃったということが分かり安心致しました(笑)

1番の違い、大きな違いはきちんと書き記していらっしゃること。才能を活かしていらっしゃる。
これでここにくればいつでもニマニマできます。
ありがとうございます、ありがとうございます!

Fairy2
そして
記念コンサートを楽しみにいたしましょう。
本当に至福なひとときでした‥ (えな)
2017-01-05 20:27:50
初コメ、失礼いたします!
いつも素晴らしい詳細なレポ、本当にありがとうございます‼︎

初コメ、失礼いたします!

私も今だにコンサートでの出来事が脳内で無限ループしているのですが、管理人さまの素敵レポでさらに鮮明に蘇ってくるので、幸せがとまりません‥

たった1日でこんなに歌って、喋って‥
私も笑ったり泣いたりで忙しくて、半ばパニック状態でした‥
かなめさんワールド全開のあの幸せな時間と最後の拍手の一体感、一生忘れられません‥。

初めましてでしたが
ヤマ花メンでも、お世話になりました!
とても素敵なお花でしたね♪
本当にありがとうございました!

コンサート、そしてFairy2。
実現される事、切に願います‥!
皆さま (hcrmt)
2017-01-08 00:33:15
Sakakiさま
コメントありがとうございます♪
昼と夜とでセトリは変わりましたが、かなめさんの楽しそうな様子は同じでした。
とっても素敵なひとときでしたね(^-^)

にこにこさま
脳内再生が擦り切れる前にBlu-rayを出してほしいですね。
幸せな時間でした(*^^*)

ゆっこさま
ワインにお付き合いいただきありがとうございました。
お店で完全に上の空でしたよね(笑)
またあの喜びを味わえますよう…

mz3211さま
そう言っていただけると嬉しいです。
コメントありがとうございます♪

えなさま
花メン、ありがとうございました。
かなめさんファンだけが集結したあの空気、本当に温かかったですね。
また次回がありますように(^人-)

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。