貴婦人の訪問 11/3

2016-11-04 06:17:18 | だって私は涼風真世が好き
「貴婦人の訪問」プレビュー公演 11/3(木) atシアター1010


最初の森の場面まで来たとき、「あーまたこれを観られるんだ!」っていう喜びがひしひしと。
無事に再演の幕が開いてよかったです。祝・プレビュー初日。

変わったところ、あります。でも、作品の持つ魅力は変わってない。むしろ増してる。

1年数ヶ月ぶりに観て、改めて、なんて不思議な物語なんだろうと思ってしまいましたよね。
すごくリアルなんだけど、そうかと思うと幻想の世界のようでもあるし。
気持ちが追いつかないようで、決して置いていかれない。

前回もプレビューの初日を観たんだけど、同じ空間で同じ芝居を観ながら全く違う感覚。
去年は、濃密なドラマを見せられたあと、ラストで突然ぽーんと結末を投げて寄越されて
びっくりして受け止められなかった思い出・・・あの終わり方は衝撃だったよ、ほんと。

今はもう、どんとこいです。がっちり掴んで自分でもぐもぐ味わえるようになりました。
割といい年ですから。大人のミュージカルの味も分かるお年頃(キリッ

だからね、本当はもうちょっと観客を信頼して任せてほしい。
いろいろ親切にしてくださってお気持ちはありがたいんだけども。
そんなに分かりやすくしてくれなくても大丈夫ですよーって、言いたい。言えるなら。

再演で変わったところ(私が気付いた範囲で)はこんな感じです。
・クレア、ハットを手で押さえながら登場
・歓迎の演奏がさらに酷い
・晩餐会のマチルデの登場が印象的
・「市長はまだ私だよ ワウッ」←大型犬
・マチルデはアルフレッドよりちょっと若いのかな(返事の仕方とかが何となく)
・とんでもない♪振付リニューアル
・余裕でクレジット♪振付リニューアル&全員ハイテンション
・イル雑貨店にはエルメスやティファニーの包装紙がある ※何で?
・アルフレッドのワンレッグ ダウンドッグ
・トビー、割とよく笑ってる
・クレア「二度と子供を産めない【体になった】のよ」 *追加
・ヨハネスvs.アルフレッドが熱い
・黒豹の弔い:クラウスの訴えに対する周囲の冷たさ
・黒豹がバージョンアップ(脚が細い)
・クレアに銃口を向けるアルフレッド、安全装置を外してかなり本気
・クレアともみ合いになったとき首に手をかけようとした?
・「愛の嵐」若いアルクレが現在のアルクレを前から抱きしめにくる
・「モラルの殿堂」マチルデの動き/リポーターが男性に変更
・旧リポーターの吉田さんは市民の一人(おばあちゃん)に
・マチルデ、怒りより悲しみが強い
・夜の森、クレアの手を握るアルフレッド
・住民投票の場にやってくるクレア、下手袖から(途中這う)
・小切手を離そうとしない
・空から降る札を見て微笑むクラウス
・カテコ後の演奏に「モラルの殿堂」追加

ざっと。きっと細かいものはまだまだあると思うけど。

変わってよかったなと思うものと、変えないでほしかったなと思うものと。

いい変更だなと思ったのは、黒豹の弔いの場面がさらに引き込まれる演出になってたこと。
あと黒豹自身もより黒豹っぽくなってました。去年は完全にぬいぐるみだったもんね。
殿堂のマチルデの心境も分かりやすいし、マスコミが3人とも男になったことも新鮮。
最後の森の場面も、アルクレの心情がより伝わってきたんだけど・・・これは演出というか
アルクレの中の人たちが丁寧なだけなのかも。

初演と変わらなくてよかった!と思うものも結構あったので、それはまあ追い追い。

私、初演が終わったあとに、「何もかも【正解】がほしい訳じゃない」って書いたんですよ。
その気持ちは今も同じです。想像の余地を大きく残してほしい。特にこの作品に関しては。

とりあえず、どうしても元に戻してほしいのはEXIT MUSIC。
客席を出るまでずっと余韻に浸ってたいのに、何で殿堂を演奏するのかな。。。明るすぎる。
ん?まさかの皮肉なのかな?ギュレン市民はあなたたちだよっていうメッセージの強調?

カテコでは特にご挨拶等はありませんでした。
何度目かのカテコでアルクレだけで出てきたとき、祐様が何かを話しかけた途端に
かなめさんが涙ぐんでたんだけど、あれでしょ?祐様の優しさ波動砲炸裂でしょ?

舞台上のハプニングといえば、涼風様が「正義」で歌詞を間違えたのと(耐性あり←)
「愛の嵐」でもみ合うときにクレアのイヤリングが落ちたぐらいでしょうか。
このときのアルフレッドさんの処理(拾う→後ろを向いて胸ポケットにしまう)がまあ自然。
役を止めることなく咄嗟のことに対応できるってさすがだなあ。

パンフレットは1600円。内容盛りだくさん!絶対買うべき。
去年の舞台写真+今年の稽古場写真+男性対談+女性対談+全キャストアンケート。
「20億ユーロあったらどうする?」に対する全員の回答が個性的で面白い(笑)
(涼瀬対談に誤植あり ×信じで ○信じて)

涼風様のグッズは縦型トートバッグです。値段忘れた。
写真撮りましたけど、妖精の妖ということにしていいですか(笑えない)
せっかくならアルバムコラボで「Fairy」とかにすればいいのに。

そう、涼風クレアは最高でした。ブレてない。

12月末まで全力で追いかける所存。大好きだから。

かなめさん、まずは食べて!超食べて!

げきぴあに稽古風景が出てましたん。
日本ミュージカル界を支える豪華キャストが集結。「貴婦人の訪問」再演の稽古場を訪問しました!

“日本ミュージカル界を支える” そのとおりだよ。この方々が支えてるんだよ。


【キャスト】
アルフレッド:山口祐一郎
クレア:涼風真世
マチルデ:瀬奈じゅん
マティアス:今井清隆
クラウス:石川 禅
ゲルハルト:今 拓哉
ヨハネス:中山 昇

若い頃のクレア 他:飯野めぐみ
若い頃のアルフレッド 他:寺元健一郎

市長夫人 他:岩崎亜希子
アガーテ/招待客 他:樺島麻美
レーナの母/招待客 他:河合篤子
エミリア/招待客 他:三木麻衣子
ユリア・イル/招待客 他:吉田理恵
若い頃のマティアス/招待客 他:榎本成志
ニクラス・イル/TV局員(音声係) 他:木内健人
ホフバウアー/招待客 他:さけもとあきら
ヘルメスベルガー/招待客 他:武内 耕
トービー/TV局員(カメラマン) 他:谷口浩久
若い頃のゲルハルト/ハンター 他:俵 和也
ロビー/TV局員(インタビュアー) 他:港 幸樹
裁判官/フランツ 他:山名孝幸

レーナ:新井夢乃(ダブルキャスト)

【スタッフ】
演出:山田和也
翻訳・訳詞:竜 真知子
音楽監督:八幡 茂
歌唱指導:山口正義/やまぐちあきこ
振付:桜木涼介
美術:伊藤雅子
照明:成瀬一裕
音響:山本浩一
衣裳:前田文子
ヘアメイク:富岡克之
オーケストラ:東宝ミュージック/ダット・ミュージック
演出助手:末永陽一
舞台監督:佐藤 博
ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kinky Boots 10/29 | TOP | 貴婦人の訪問 11/5 »

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみ! (にこにこ)
2016-11-05 01:48:28
早速のレポ、ありがとうございます!昨年は見逃しておりますので、初クレア、益々楽しみです。ただ…未だにチケットが届いていないのですが、大丈夫なのでしょうかね⁇不安がいっぱいでございます(-_-;)
そんなにいっぱい変更点あったんですね! (みか)
2016-11-05 09:37:54
プリビュー初日観たんですが、そこまで細かくは違いに気づけなかったので、すごい観察眼にビックリ
今日も観るのでしっかり確認しなくては!
妖、、、は笑っちゃいましたよ
妖精ともう一個の妖★ですね
あ!上の方のコメントと同じく、クリエのチケットまだきてなくて、問い合わせようかと思ってたけど、みんなそうなのかな?
そうなんですか! (にこにこ)
2016-11-05 09:53:36
チケット来てない方がいらっしゃった!自分だけじゃない事にものすごくホッとしてます(*´∇`*)転売対策とかでギリギリの発送なんですかね?…って管理人さんの記事に全く関係ないですね、すみません
到着し始めてます (hcrmt)
2016-11-06 21:25:43
にこにこさま、みかさま
クリエのチケット、今朝届きました。(都内)
順次到着するのではないかと。
手元にないと不安ですもんね(^^;

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。