ホームコンじゅく 新潟中央教室

みなさまに愛されて はや 20 年♡

楽しくパソコンを使ってみましょう!

Excel で 住所録一覧の県名だけをとる方法

2017-01-17 | Weblog

Excel で 住所録一覧の県名だけをとる方法 ****

 
* ← このアスタリスク ( Excelの計算式で 掛け算で用いる記号です )を使います。
  1. まず住所のセルを選択します
  2. ホームのタブ 右端にある 「検索と選択」ボタンから 「置換」をクリックします
  3. 検索する文字列 に 「**県」 と入力
  4. 置換の部分は 空白 の状態で 「すべて置換」をクリックです
あっという間に? 住所録がすっきりとしました。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最強寒波到来?

2017-01-14 | Weblog

 

昨日からの雪が 見事に積もって参りました。
教室の窓からのいつもの景色が 全くの雪化粧で一変したように感じます(*_*)

気温が下がっています どうぞ皆様 風邪などひかぬよう。。
 
 
教室から見た 外の景色です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年1月

2017-01-10 | Weblog
平成29年1月


明けましておめでとうございます。

昨年も、たくさんの方に参加いただきありがとうございました。
お礼申し上げます。

今年は、どんな年になるのでしょうか!?

受験生も、新社会人も新たな人生の出発に張り切っていることでしょう!!

一日一日を大切に悔いのない日々を送ってくださいね・・・

私も今日を大切に生きていきたいと思います。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

パソコン操作に自信が無いとお考えの方、パソコンはあるんだけれど使い方がどうも…等
興味のある方は是非
パソコン教室新潟中央教室」にご参加ください。お待ちしております。
(Windows10などにバージョンをアップすると…ちょっとややっこしいかも知れませんね)

教室のブログも新しくなりました。どうぞご覧ください。
http://homecom-chu.blogspot.jp/
http://blog.goo.ne.jp/hcn_niigata

教室では社会人の方、これから社会に出る方・学生の方・新しい事に挑戦しようとしているシニアの方々等の応援講座を開催しています。



新潟中央教室025-227-3332       
Eメール info@homecom.chu.jp 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始お休みのお知らせ

2016-12-16 | Weblog

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅白梅 枝を付けてみましょう(^^)/

2016-12-13 | パソコンで描いてみよ...

梅作成も終盤です 笑

 

Step4 枝を描いて、梅を配置してみましょう♡


(1)「アーチ」で細長い曲線を描き、その先に「二等辺三角形」を細長くした枝をくっつけます。
    【色の設定】塗りつぶしと線の色 赤:142、緑:0、青:0/ 太さ 2.25pt


(2)Step1で描いた梅の花と、Step2で描いた梅のつぼみを枝の上に配置していきます。大きさや角度少しずつ変えて配置すると、きれいにまとまります。

レッツ チャレンジしてみてください ♡

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅白梅 Step2・3 (^^♪

2016-12-09 | パソコンで描いてみよ...

Step2 梅のつぼみを描く


「月」を横に倒したものを2つ組み合わせて“がく”を作ります。その上に「楕円」をふたつ組み合わせてつぼみにします。できあがったら、これも全体をグループ化しておきます。
  【色の設定】
    [楕円1]赤:204、緑:0、青:0/線なし
    [楕円2]赤:184、緑:0、青:0/線なし
    [月]赤:153、緑:113、青:0/線なし

Step3 梅とつぼみのアレンジ

花の色を白にして、花弁の下に薄いグリーンと白のグラデーション(放射・中央から)を、入れます。

 

形を変えたり、つぼみの色も変えてみてください。

これで、紅白の梅が出来ました。

次回は、枝をつけ、年賀状を作ってみましょう!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅白梅を描いてみました♡ Step1

2016-12-07 | パソコンで描いてみよ...

 

今回は、梅の枝を描いてみます。年賀状や、冬の絵手紙にいかがでしょうか? (#^.^#)

見本図形の右側に線画を描いておきました。参考にしてください


Step1 梅の花を描く


(1)「楕円」を5つ描き、梅の花の形に組み合わせてグループ化しておきます。
        【色の設定】赤:204、緑:0、青:0/線なし
        (図形の塗りつぶし➡その他の色➡色の設定➡ユーザー設定)



 


(2)グループ化した図形をコピーし、元の図形(下側になっている図形)の色を変更します。
       【色の設定】赤:153、緑:113、青:0/線なし

 

(3)整列の「左右中央揃え」と「上下中央揃え」で、ふたつの図形がぴったり重なるようにします。



(4)上側の赤い図形をクリックして選択し、「Shift」キーと「Ctrl」キーを一緒に押しながらドラッグして、下側の黄土色の図形よりも、一回り小さくなるようにします。



(5)次にめしべを描きます。「直線」と「楕円」を組み合わせて図のような形を作り、グループ化しておきます。
     【色の設定】
       [楕円]赤:153、緑:113、青:0/線なし
       [直線]赤:153、緑:113、青:0/0.25pt


(6)梅の花の中心に放射線状に並べたら、全体をグループ化しておきます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年(2016)も あとわずか

2016-11-30 | Weblog

今年も残すところ あと一月となりましたね。 

年々 加速度を増して、日にちが過ぎてしまうように感じます💦・・

めっきりと、寒くなってきました。

風邪などひかないように、お互いに、体調管理に気をつけましょう~(^◇^)

 

さて 新潟中央教室のもう一つのブログです。
( 内容は、ほぼ同じ (^-^; )楽しみながら、ゆっくりと更新しております。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USB SS ??

2016-11-16 | Weblog

めっきり寒くなってきましたが、皆様お元気ですか?

スーパームーンは残念ながら、スーパー曇りでした💦

 

教室では 新しいパソコンにも慣れ、変わらず 熱心に&楽しく学んでおります。
月曜日の授業(リフレッシュタイムの一コマです 笑)

 

さて、やっと気付きました・・(=_=);

USBポートに、今までながらのUSBポートのほかに、コネクタ部分が青いSSと書いてあります。この違いは何でしょうか?

 

SSとはSuperSpeedの略で、USB3.0のことで、コネクタ部分が青くなっているのが、USB3.0だそうです。コネクタ部分が青以外(だいたいは白か黒)で、SSが付いていないのはそれ以前のバージョンです。でも、互換性があるので、どのポートでも使えるとのことでした。

 

では・・・USB2.0もUSB3.0も同じUSB規格ですので、大きく形状が違うということはありません。違いは 転送速度です。

 USB3.0の方が新しい規格なので、データの転送速度がUSB2.0よりも速くなります。
(理論上は約10倍のスピードがあるといわれています)

•USB2.0・・・480Mbps

•USB3.0・・・5Gbps (5120Mbps)

 

 

USB3.0対応のUSBメモリ と USB3.0のポート。端子が青くなっています。SSという文字が刻印されていることもあります。(SSは、Super Speedの略です)←繰り返しますが・・笑

 

USB3.0は 対応した機器を、パソコン側のUSB3.0のポートに接続した時にはじめて USB3.0の速度がでます。USB3.0の周辺機器があっても パソコン側のUSBポートがUSB3.0でなければ USB3.0の速度は出ませんが、使用にあたっては特に問題はないのでそれほど気にする必要もありません。

 

 

今後のパソコンは USB3.0が標準搭載されてくるので、その時にUSB3.0がいきてきます。

それで、今使用しているパソコンにUSB3.0ポートがあるかどうかは把握しておくといいでしょう。もしあるのならば、USBメモリ や外付けHDDなどの周辺機器は USB3.0対応のモノのほうが転送速度も速くメリットも多いといえます。

 

USBメモリーの選び方は、価格はそれほど大きく違うわけではないので USB3.0の方が人気があります。

次に容量ですが、USBメモリーは近年 大容量化が進んだデバイスのひとつです。

昔は 64MB、128MB、256MBという単位のメモリーがよく使用されていました。

最近では 1GB以上は当たり前になっていて 2GB、4GB、8GB、16GB、32GBなどのメモリーがほとんどです。
1024MBで1GBなのでかなり容量が増えているのが分かります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花束💐

2016-11-11 | パソコンで描いてみよ...

ワードで描いたイラストは、コピー機能を使うと、簡単に同じイラストをたくさん増やすことができます。今日は、そんなコピー機能を利用して、ひとつのお花から花束を描いてみましょう。

 まずは前回の復習。楕円を組み合わせてお花を描きます。同じ色の楕円を8つ組み合わせて花の部分を描いたら、真中に円を2つ配置して花の中心にします。

では、一緒に作成してみましょう。

 

【色の設定】
  花びら : オレンジ/線なし
  中 心 : (外側)黄/線なし (内側)ゴールドアクセント4/線なし

描いたお花を増やします。その前に、楕円を組み合わせて描いたお花をひとつにまとめておきましょう。ひとつにまとめることを「グループ化」と言います。

 

グループ化する

(1)「ホーム」タブをクリックします。「編集」の「選択」をクリックし、「オブジェクトの選択」をクリックします。

 

(2)マウスポインタが白い矢印になったら、ひとつにまとめたい図形すべてを囲むように斜めにドラッグします。

☆「オブジェクトの選択」をもう一度クリックすると、マウスポインタが元の状態に戻ります。

 

(3)ひとつにまとめたい図形がすべて選択されているのを確認したら、「ページレイアウト」タブをクリックします。「配置」の「グループ化」をクリックし、「グループ化」をクリックします。

 

(4)これがグループ化された状態。ひとつひとつの図形の周りではなく、グループ化された図形の周りにだけハンドルが表示されるようになります。グループ化すると、クリックするだけでグループ化した図形をすべて選択できるようになり、移動や拡大縮小なども簡単にできるようになります。

◆グループ化を解除する
ひとつにまとめた図形を、元のバラバラの状態に戻すには、グループ化した図形を選択し、「ページレイアウト」タブをクリックします。「配置」の「グループ化」をクリックし、「グループ解除」をクリックすると、元のバラバラの状態に戻ります。

 

(5)お花がグループ化できたら、コピー機能で増やします。コピー機能を利用するにはいくつかの方法がありますが、ここでは一番便利なショートカットキーを利用した方法を説明します。

★図形をコピーする
コピーしたい図形をクリックして選択し、キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「D」キーを押すと、同じ図形がコピーされます。元の図形に少し重なって表示されますので、マウスでドラッグして移動しましょう。

 

 

花束を描いてみましょう

(1)花束の土台を描く
「台形」を上下にふたつ組み合わせて花束の土台を描きます。リボンは「星とリボン」の「上カーブリボン」に「二等辺三角形」をふたつくっつけます。

(線画を用意してみました。このように作成してみてください)


【色の設定】
  土 台 : 緑 アクセント6 白+基本色80%/線なし
  リボン : お好みの色 /線なし


(2)コピーした花を並べる
花束の土台の上にコピーした花を並べていきます。花は1色だけだと寂しいので、3~4色あると華やかになります。ここでは「赤 アクセント2 白+基本色40%」と「紫 アクセント4 白+基本色40%」の花を混ぜました。またサイズを調整して、大きめの花や小さめの花も入れるとそれらしくなります。


(3)アクセントにグリーンを入れる
葉っぱの代わりに、小さなグリーンの楕円を入れてアクセントにしましょう。ここでは「薄い緑」と「オリーブ アクセント3 黒+基本色25%」の楕円を入れました。サイズも大小をつけています。


花束💐 完成でーす!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加