ガンダム(他)改造部屋
まったり更新中♪





ケンプファートローペンです。地上戦特化型です。
ドムトローペン他のパーツと組み合わせたミキシングビルド。


全体像
青の部隊仕様。ケンプファーにドムトローペンのホバー能力と
ガトリングシールドを組み合わせた現地改修機(という設定)


後姿
リアスカートはザク靴ら。
ドッシリとしたシルエットになったが総合的な運動性は向上している。


正面
HGケンプファーの大腿部と、ドムトローペンの脚部が小改造で
組み合わせる事ができたのがきっかけ


ガトリング!
メタルパーツでのディティールアップとウェザリングの両立を目指してみた。
まだまだ研究の余地はあるがこういう方向性も面白いかと。


バストアップ
ケンプファー、ドムトローペン、ザク靴鮹羶瓦帽柔。
個々のパーツの形状自体はほぼそのまま(現地改修機だからね。Ez-8?あれは特殊w)


戦闘体勢
カラーリングはミディアムブルーとフタロシアニンブルー。
関節部がジオン軍グレーとメタルアイアン。
デカールをチョコチョコ貼った後につや消しトップコート。


リアスカート
基本仕上げ完了後、全体にスミ入れ塗料ブラウンを塗ってウォッシング。
更に「さびてんねん」で主に下半身を豪快に錆びさせた。いいよねこれ。
他、ウェザリングスティックやらウェザリングマスターやらでも汚しまくり。


ウェザリング前
思いのほかしっくりきたため、ウェザリングせずに
そのままキレイ仕上げにしようかと迷っていたりもしたのは内緒。



HGは気軽に色んなキット集められるのでこういったミキシングがしやすい。
メタルパーツの兼ね合いもあってキレイ仕上げばかりだったが汚し系もやっぱり面白い。


青の部隊所属といいつつサイクロプス隊マークがあるのは何故か
隊員の血縁者があとをついで、あえてつけている(という事に今決定)


今回も気に入って色々撮ったのでドンドン載せてみる
似たようなアングルもあるけど気にしない方向で。


汚れの粒子や程度等、このスケールだと思いっきりオーバースケールですが
そこはもう雰囲気重視で。(銀のドライブラシと錆びの両立はどうなのかとか
メタルパーツ部分は錆びないのか等も気にしない方向で)
そもそもMSの装甲が錆びるのかどうか自体から疑問出ちゃいますしねw


ケンプファー改造ばかりやってる気がするけれども気のせいではない



さて次は何を作ろうか

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« メッキ塗装第二弾... MG Zプラス(メッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。