白山ちどりのblog

山と鳥に明け暮れる毎日

桂の開花を見るために

2017年05月16日 | 
前回、岩屋俣谷を歩いたのは4月28日で積雪が多く、ブナの芽は固く閉じたままだったが、2週間以上過ぎた今は新緑がまぶしいばかり、雪も解けてやぶ漕ぎの連続だ。

目的の桂は花が終わり小さな葉を付けていた。残念、また来年挑戦するか。



途中通過する三等三角点のある黒壁は標高1380m、ここから見る白山頂上は山容が一段と美しい。



新緑のブナ林はゴジュウカラの声が心地よく、ブッシュを歩くときは、両側にコルリの元気の良い声に励まされ、遠くから聞こえるアオバトの声に癒された。

出会った森の仲間たち
アオバト、ツツドリ、アオゲラ、サンショウクイ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ゴジュウカラ、コルリ(11種)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出版記念パーティに出席 | トップ | 花の高原散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。