こころの文庫

日々これ新たなり。ライター気分で、今日もお邪魔します!

歩く歩く

2016年10月17日 01時03分16秒 | 文芸
 第5回加西風土記の里ウオークは、もうすぐNHK『真田丸』に登場する後藤又兵衛ゆかりの地散策コース。4キロ一般コースである。


 受付集合地点は北条鉄道・長駅前。地元近辺からは50人余り、三木・小野・京阪神から70名越えで総勢約120人。思わぬ盛況だ。最近、加西ウオークは調子いい。前回・前々回と200越え。片田舎のイベントにしては好調だ。


 朝7時に家を出て、まずイオンに。ペットのコーヒー飲料を1本購入して、目的地へ。昼飯は赤飯のおむすびを2個リュックに入れている。用意に怠りはない。


雨具に折り畳み傘、スティック杖、スケッチブック、替え下着、手ぬぐい、スケッチブックと用具……リュックはパンパンに張っている。普通の場所では目立つがウオーキングではおとなしいものだ。


土曜日の朝とあって周囲は静かだ。北条鉄道に沿った側道を黙々と歩く。天気晴朗、しかもまだ暑くない。歩くにはもってこいの条件だ。長駅に着いて、まだ時間があるのであたりを散策だ。じーっとしているのは勿体ない。


こんな時でも貧乏性は大人しくしていない。


 10時過ぎに長駅スタート!田圃の中を走る農道を行く。10分ほどで、小野寺十内親子の墓に着く。忠臣蔵赤穂浪士だ。加西は久学寺とか赤穂浪士ゆかりの名所が結構ある。


 若一王子神社から大村の石棺石仏を経て、後藤又兵衛基次の菩提寺『多聞寺』に到着ほぼ一時間の行程だ。『多聞寺』は又兵衛の3番目の息子が亡き父を祭るために建立したものだ。住職の講話を聴き昼食タイム。赤飯おむすびを平らげた。満足満足。帰りは違う道に入る。長駅の次の駅『播磨下里駅』がゴールだ。


 休む間もなく北条鉄道を逆にたどって歩く。4時には娘がアルバイトから戻ってくる。腹を空かしている。しかもすぐにオケの稽古で明石へ。食事の用意をしておいてやらなければと気は急く。


 結局家に帰りついたのは、二時半過ぎ。それからが忙しい。ご飯をしかけ、おかずを見繕って作る。味噌汁も娘の好物だ。


 娘を送り出して、やっと一息つく。なかなか自分オンリーの行動が出来ない。あと2年、あと2年で娘は社会に出る。さすればお役御免で、自分仕様の時間を満喫できる。その時まで五体満足であればの話だが。頑張らなきゃ!


 締め切り直前の公募原稿を原稿用紙5枚分仕上げると、やっと体に疲れが悪さをし始めた。もう何もしたくなくなる。怠け者だから、必ずそうなる。


 ビデオを取り留めもなく見つめる。スティーブン・セガールの映画だ。もう10回は見たかな。好きな作品なら何度でも見てしまう。


怠惰に時間は過ぎていく。心地よい眠気に全身を任せてしまう……?

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとう | トップ | まちの図書館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。