こころの文庫(かぞく人のめも帖)

家族を愛してやまぬ平凡な「かぞく人」の日々の幸せライフを綴ってみました。ちょっと覗いてみてくだしゃりませんか?

ああ!無情

2017年04月21日 00時44分29秒 | Weblog
昨日の続きを書こうとしたときに
携帯が入りました。
隣保長から
葬式が入ったとの知らせです。
それも家族葬だから参列はいらないとか。
亡くなったのは誰それと聞いて
「はあはあ」とうなずきます。
しかし、
「26歳です」にビックリ!
「喪主はお父さんの○○さんです」
と聞いて、またまたビックリ!
地元の小中と同級だったからです。
そこでよくよく考えてみれば、
私の次男も26歳!
(ウ~~ン!)です。
死因は当該隣保の隣保長さんにも
知らされていないそうです。
しかし
最近は自然の摂理を覆して
親より先に死ぬ子供の情報が
増えたような気がします。
わが村でも
昨年に
23歳の大学生が下宿先で急逝。
彼の場合は病死だったそうです。
親御さんは
はるばる遠方まで
遺体を引き取りに出向かれたと
聞いています。
同じ隣保の
私より5歳若い父親でした。
諦めがついたのか悟りきったのか
農道で出会った彼は
平常そのものでした。
心のうちまでは見通せませんから、
判断を誤ったかもしれません。
しかし
親の悲しみは
痛いほど感じました。
わが子らに
わたしより先に死ぬなと、
父親の思いを心で念じました。
届くことを願っています。
亡くなった
息子さんに
心よりお悔やみ申し上げます。
合掌!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記憶を歩いてみる | トップ | お大師さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。