こころの文庫

家族を愛してやまぬ平凡な「おとうさん」が味わう日々の幸せライフを綴ってみました。ちょっと覗いてみてくだしゃりませんか?

つれづれ

2016年10月25日 01時35分36秒 | 文芸
娘からメールが入った。
「いま着きました」
孫を連れての里帰りが終わったのだ。

今回はいい展開があった。
孫との距離がすこし縮まったのだ。

手を出すと
にこやかにすり寄ってくる。
これまでにない変化だった。

泣く・嫌がる・逃げる……いやはや。

それがいまは抱っこしても
泣かない!

関係改善(?)の1週間でした。

ただ、今度帰ってきたら、
どうなっているやら
期待と不安は半々、
いや不安が勝っている。

まあ心配したって仕方がない
なるようになるさ、ケセラセラだ。(大笑い)

明日は(つまりきょう)正倉院展ツアーだ。
気分転換、楽しんで来よう。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本を読む | トップ | 黒豆の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文芸」カテゴリの最新記事