こころの文庫(かぞく人のめも帖)

家族を愛してやまぬ平凡な「かぞく人」の日々の幸せライフを綴ってみました。ちょっと覗いてみてくだしゃりませんか?

スカーッとさわやか

2017年08月13日 00時27分53秒 | Weblog
大阪にあった日の丸文庫を
経ておおきく羽ばたいた
さいとうたかをの時代劇漫画。
おっと
劇画だったけ。
劇画を標榜する漫画家の
第一人者といっていい存在だったなあ。
そして
完全分業のプロダクションシステムを確立させて、
多くの漫画を生み出している。
稀有な存在のひと。
同じさいとう姓ということもあって、
日の丸文庫のものから愛読していた。
あの
ゴルゴ13の漫画家なのだ。
その大家が描いた時代劇漫画のなかでも、
影狩りと同じぐらい好きだったなあ。
黒沢映画の三船敏郎を彷彿とさせた主人公に
単純明快な勧善懲悪を貫き通したストーリー。
読後感のさわやかさは無類のものがあった。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はっぴー! | トップ | 秋がきた? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。