こころの文庫(かぞく人のめも帖)

家族を愛してやまぬ平凡な「かぞく人」の日々の幸せライフを綴ってみました。ちょっと覗いてみてくだしゃりませんか?

十七歳

2017年07月08日 00時43分35秒 | Weblog
未熟で多感な十七歳。
衝動的に起こしてしまった事件で、
私の人生は一変することに。

先生に叱られて
ふてくされていたのを、
学校に駆けつけた母に見られた。
それまで
『いい子いい子』で育ってきた息子の、
知らずにいた別の顔の発見に、
母は呆然とした。

母を振り返る勇気もなく、
先生の前で顔を伏せたままの私。
しかし素直に謝れない。
それが十七歳ということだったと思う。 

ハッと気づいた。
母の押し殺した嗚咽に。
たぶん声を出すまいと
歯を食いしばっているのだ。
誰にも負けまいと頑張る
気丈な母を知っている。
その母が
声を殺して泣いている。

ちらっと背後を盗み見ると、
母はカァーッと目を見開き
私を見つめていた。
その目に涙が光っていた。
(母ちゃんが泣いてる?)
どうしようもない
絶望的な気持ちが襲った。

(二度と母ちゃんの涙は
見とうない!)

その決意はいまも健在だ。
母を二度と悲しませない
人生であり続けようと
頑張っている。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やるせない | トップ | ちょっと退屈な創作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。