こころの文庫(かぞく人のめも帖)

家族を愛してやまぬ平凡な「かぞく人」の日々の幸せライフを綴ってみました。ちょっと覗いてみてくだしゃりませんか?

草を刈る・前半

2017年06月02日 02時22分36秒 | Weblog
ちゃんと目は覚めた。

 不思議なものだ。いつもなら深夜を過ぎて床に就けば、寝坊は確実である。それが翌日に予定が入ると、必ず一時間は前に目が覚める。子供の頃、明日は遠足だとウキウキして眠るのが遅くなっても、翌朝は時間にきっちりと間に合うように目は覚めた。あれと同じ現象なのだろう。

 枕もとの携帯を確かめると、六時きっかり。見事な覚醒だった。集合時間は八時である。二時間早くても、二度寝するのは禁物だ。

 倉庫で草刈り機を点検した。出番のない冬を越した機械で、ぶっつけ本番はタブーである。エンジンがかからないなんてことがままある。燃料を抜き忘れての冬越しをしていれば、十中八九エンジンはかからない。

「おはようっす。ご苦労はん」

 集合場所の営農倉庫前に役員が待機していた。打ち合わせているのか、真面目な顔で睨みあっている。邪魔かと躊躇するが、挨拶をしなくては、こちらの格好がつかない。

「おはよう。早いやないけ」

 隣保長のYが受けてくれた。役員の顔ぶれはすっかり若返っている。自分の子供といって差し支えない顔を揃えている。

「ナンボ早うても、ここへ来とったら、時間に遅れる心配あらへんやろ」

「そらそうや。まあお利口さんなこっちゃ」

 冗談は通じる。相手が笑ってくれるとホッとする。年を取ると、余計な気苦労をしてしまう。

 定刻になると、二十数人が顔を揃えた。半分以上がふだん喋る機会もない連中だった。それぞれ気心の知れあった同士で群れている。

「この頃、どないしとんや?」

 声の主は年長のTだ。元気者で通っていても、年齢の影響は隠せなくなっている。すこし曲がりかけた腰と白髪頭は甥の象徴だ。

「ぼちぼちやってますわ」

「仕事は?」

「ブラブラしてますねん。定年退職してもうたら、気力は沸かんし、もうお仕舞やね」

 お互いに内情は分かった上での会話である。村という狭いテリトリーで暮らすノウハウは、こうやってお互いが身につけていく。

 一斉にエンジン音がうなった。もちろん例外はある。年に二度の共同作業でしか使われない草刈り機の手入れは、どうしても怠けがちになる。使う前日までに点検始動を済ませていないと、本番でエンジンはうんともすんとも言わなくなったりする。その何台かの草刈り機をなだめすかす姿が、きょうも見られる。

 八時にスタートした草刈りは、割りふられた範囲を何人かずつが組み、手分けして刈り進める。エンジン音に追いまくられながら機械を操作する目まぐるしさ。とても無駄口などたたいてる暇はない。ふだん口数が多い連中も、ひたすら作業に集中する。

 草刈りは手慣れたものだ。二十年以上やり続けて来ると、操作も自然と上達する。畔の雑草を刈り払うのもコツがいる。刈り払った草が、次に刈る部分を覆わないように、位置を計算する。左回転なら左に振り草を刈る。右へ戻すときは刈らないのが原則である。回転力に支障が及び生じるキックバックを避けるためだ。事故につながりかねない『ヒヤリハット』は、作業する誰もが経験している。

「ガチッ!ガチッ!」

 草刈り機の丸のこ刃が時々石を噛む。油断すると、小石や砂利などが吹き飛び、作業者を襲い危険この上ない。のんべんだらりと草は刈れない。注意力は終始欠かせない。

 ふと顔を上げると、遠くの土手に作業者が数人座り込んでいる。休憩時間が来たらしい。誰彼が教えてくれるわけではない。共同で作業する仲間と、阿吽の呼吸で休憩を取る。近くにいた仲間のKに、さっそく合図を送った。

 エンジン音が止まると、実に静かだ。田んぼに囲まれた農道や畔道は別世界となる。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くたびれ損 | トップ | 朝の一枚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。