Recovery

リカバリー

3月21日 どうやら法則がある

2017-03-21 12:25:49 | なるけん気まぐれ日報
すいません(^_^;)毎度毎度の競馬の話です。

約1年前に競馬の、ある法則をとある人物から聞き、それを元に実はポチポチとデータを集めていた。

もちろん賭け事です。
親方日の丸の賭け事です(笑)

ですから絶対は無いんです。

あくまでも、往々にしてある。
確率がそこそこ高い。

言われてみればよくあるパターン。

その程度です。

これを鵜呑みして、馬券を購入するのは辞めておきましょう。


結局のところ、自分で色々あーでもないこーでもないと考えて買う馬券が外れても的中しても楽しいです。

ただ、確かにそう言われるとそうだ。


という、不思議な法則があるんです。


競馬は、1日で12R開催されます。
もし、2会場で開催していれば合計24R。

土日開催ですから、48R。

1Rごとに、仮に1,000円の馬券を購入し、全て外したら48,000円のマイナスになります。

ところが、47Rを外し、1Rだけ的中したとします。
その的中配当金が48,000円を超えた場合は、勝利となります。


48,000円以上の配当金がつく馬券を1Rごとに1,000円購入という事は10通りとなりますが、その10通りの中に最低1通りでも48,000円以上配当金がつく馬券を購入しておけばいい。

配当金はオッズを見ればわかる。

ただ、48,000円の軍資金は残念ながら勇気と根性がない(笑)
勇気と根性だけでなく、そもそも48,000円がない(笑)

ただ48,000円使って48,000円戻って来てもチャラなだけ。
やっぱりやるからには少しでも儲けたい。


そこで、勇気と根性と持ち合わせもない私は過去の、既に終了した競馬でデータを集めたのである。
オッズのみで予想をします。

騎手もコースも距離も相性も血統も枠順も無視。


ただひたすらオッズのみ。


2016年の年始に開催された1年ちょっと前の中山競馬場と京都競馬場で開催された全24R。

なんと、5Rが的中!

5勝19敗。

支出24,000円
収入56,240円

となった。


どうやら法則はまんざらでもなさそうだ。


続いて、その翌週のも同じ法則でやってみた。

支出24,000円
収入15,800円


あれ(^_^;)?


ただ的中しているのは、ほとんど法則に基づいてである。

なんせ1Rで利用出来る金額を1,000円に設定しているが、これを少し勇気を出して1,500円から2,500円。勝負Rならば3,000円ぐらいひろげれば、もう少し的中するだろう。

あと、別に全レースする必要もなかろう。

どうせならメインレースと呼ばれる10R、11R辺りをすればいい。

例えば、この前の日曜日に開催されたレースを参考に考えてみよう。
ちなみに私は法則で馬券をメインレース購入しましたが見事に外しています(笑)

ま、ですから絶対ではないんです。

それか法則を読み間違えたかのどちらかです。

スプリングS
着順はこんな感じです。


1着10番
2着8番
3着7番

です。

単勝オッズはこんな感じです。


そう。私は法則に従わなかったのです(笑)

まだまだ未熟です。

てか、やはり好きな馬券を買うほうが楽しいのです。

でも的中したいのならば法則に基づくべきなのかも知れません。

まず1着になった10番の馬は単勝人気は、5番人気です。
2着になった8番の馬は2番人気です。
3着になった7番の馬は6番人気です。


ここで大事になって来るのは3着入選の7番の馬と、1着の10番の馬です。

2着になった8番の馬は、妥当といえば妥当であり、大体馬券にはおおかた入れるでしょう。

問題は7番と10番の馬です。

実はこの7番と10番にはオッズに変化があります。

見て解る通り、一桁人気と二桁人気の境目なんです。

この境目の馬はよく3着までに入ります。
境目の上と下両方来るパターンと、上だけ、下だけのパターンがありますが、私の経験では二桁人気の頭の馬がよく来ます。

別のレースを見てみましょう。

昨日開催されたレース
こちらが結果です。


1着13番
2着9番
3着3番

単勝オッズはこちら。


このレースは見事的中しました。
法則に従ってます(笑)

これは2着に入った9番の馬です。

二桁人気の頭です。

1着の13番は、妥当です。
3着の3番も妥当でしょう。

このレースの場合は2着に入った9番を馬券に入れるか否かで決まります。


実は、この法則はほんの一部です。

まだまだあるんです(笑)


見た目でわかりやすいのは、この一桁人気と二桁人気の境目の馬です。

更に書き足せば、同じように複勝のオッズも調べたほうがいい。
単勝人気より複勝人気が上の馬は来る…、


事がある(笑)


オッズが大きく引き離されている境目の馬も来る…

事がある(笑)


まだまだ私もこんな記事を書きながら勉強中です。


もう少し的中しだしたら、また書き足しますね。


興味があったら一緒に勉強しませんか?

完全に法則が解明出来れば億万長者も夢ではないかもしれない(笑)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3月18日 データを集めている

2017-03-18 08:17:18 | なるけん気まぐれ日報
毎度毎度の競馬のお話(笑)

やはり!やっぱり!確かに!


以前からオッズで馬券を買うという方向でやって来たのは来たのだが…。


負けが続くと信用性がなくなってくるのである。

そうなると、馬のネームバリューや騎手の腕などに頼って馬券を買ってしまう。

雑念は捨てるべきだ(笑)

確かにデムーロはよく勝つ。


ただ私たちは勝ち馬を当てたい訳ではないという、初志貫徹を忘れてはならない。

勝ち馬は馬券に入っていたらいいだけである。

そう!

ダークホースを当てなければ、ほぼ意味がないのである。

maruさんのように、1レース2点、3点ぐらいで馬券を買っているならば別に構わないでしょう。

当たれば、ほぼプラスですからね。

ただ残念な部分は当たりにくいという点でしょう。


私は大体3連複のフォーメーションという馬券で勝負している。

1レース大体10通りから18通りぐらいが平均だと思う。
真ん中を取って15通りとしよう。

と、いう事は1,500円の投資である。


馬券が仮に的中しても15倍以上でなければ基本赤字となる訳です。

それでも本命で決まって、10倍しか付いてなかったとしても1,000円は帰ってくるし。


とか思っていたのですが。

違う!

ダメ!


て言うか…的中するのはいいのですが、そんなんを的中させるために馬券は買ってないという事に立ち返るべきだ。

穴をこじ開けるためにわざわざ3連複のフォーメーションにしている筈だという事に!

穴馬を軸にする根性が必要だ。


当てに行って負けるぐらいなら、外しにかかって大穴を取ろう!

中穴でもいいか。


最低トントンでもいいか。


本日の穴情報!

中京11R
ファルコンS
5番メイソンジュニア!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3月13日 R&R ALL NITE

2017-03-13 16:40:55 | なるけん気まぐれ日報
土曜日のお話。

いつだったか忘れてしまったが、確か年明け早々ぐらいだったように記憶している。

レッドシューズin名田庄VOL.3を一緒に盛り上げてくれないだろうか?

という打診があった。

このイベントは過去に2度開催されており、前回何年前だったかの時もお客として観に行った。

名田庄地域の方々と、レッドシューズのオーナー門野さんとのコラボで見事なイベントとなっている。

レッドシューズの雰囲気をそのまま名田庄に持ってくるような。
それに名田庄ならではのものを織り交ぜている。

昨年、縁あって東京レッドシューズに行かせていただいた。
演奏までさせていただき大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。

門野さんと同郷。

ただこれだけなのに。

ありがたい事です。

今回のイベントで少しでも盛り上げる為に力になれるのであれば、その時のお返しがしたいと微力ではありますが協力しようと思いました。

本編はチケットも全国販売されるようなイベントでしたので(^_^;)
そちらは普通にお客として。

担当は二次会?

二次会というか、出演者やスタッフ、実行委員会の皆さんプラスアルファでアフターパーティーを別会場にて開催するとの事。

そこで地元のミュージシャンとプロミュージシャンが交流を持てるような。

で、門野さんと30年前一緒にバンドをしていた、骨太のハジム君と一緒に数曲やろう!


って事になり、せっかくだからボーカルは門野さんにお願いしよう!

ベースは、骨太のみっちゃんにお願いしてと。

話は順調だったのですが、当初門野さんに全曲歌ってもらおうと4曲用意したのですが、色々と門野さんも忙しく、主催側がステージに上がって何曲もやるのはちょっと…みたいになり結果1曲だけ一緒にと。

で、急遽残りの曲はこれまた骨太のボーカル。カヨちゃんにお願いすることに。

そしたら今度はみっちゃんがNGになってしまい…これまた急遽ヘブクロのミキティにお願いすることに(^_^;)

始まるまでに色々あって…。

結果初練習は本番の10日前(T ^ T)

だ、だ、大丈夫なのか?

プロの前で演奏するというのに…。

案の定最初の練習は超グタグタ。


不安しかない結果に(笑)


しかし!ここから本領発揮!


ケツに火がつくとアドレナリンが3割り増しする面々(笑)


2回目の練習は初練習から5日後ぐらいでしたが、なんとなんと!


見違える出来栄え(笑)


本番に置いときたいぐらい。


なんやかんや個人で必死こいた結果かなと。


最終調整は本番前日。


これなら一応プロの前でやっても大丈夫かな(^_^;)?ぐらい完成。


ほぼ拷問に近いですが(笑)逆にその状況を楽しもうと。

下手くそで当たり前。

客はプロのミュージシャン。でもそのプロのミュージシャンだって私の昼間の仕事をさせたらアマチュアですよ(笑)

そんな感じで楽しもうとなりました。


さて、当日を迎えたのですが本ちゃんのLIVEは大盛況でしたよ。

やっぱりプロは凄い!

演奏もパフォーマンスも。


私はもっと一杯飲もうと思いながら、やはり何処か緊張していたのかあんまりお酒が進まない。


あ、この日寒かったってのもあったかもですが。


本ちゃんのLIVEは午後8時ぐらいまで続き。

あ、個人的には最初にやった田中祐貴くんと、KENKEN.竜之介、SATOKOさんの3ピースバンドが良かった。
実は先日お亡くなりになったムッシュかまやつさんがボーカルだったバンド。

ムッシュかまやつさんの話の部分は、ちょっと泣きそうになりました。

そんなムッシュかまやつさんに捧げる歌が、私はあんまり好きじゃないラップ調の流れの歌だったのに…。

もうヤバいぐらい感動してしまった。

みんな本当は、ムッシュかまやつのように生きたい!

そう思った。


田中祐貴くんは名田庄出身のミュージシャン。
プロとはいかないみたいだが自主レーベルでCDなどを作って活動している。

性格が良いって解る素直な歌だった。

後でCD買いました。友達にもなりました。
ブラックダイスにも出たいってね(^_^)





さて、アフターパーティーは別会場。

本会場の、ぶらっとから更に山奥へ(笑)

ほぼ京都との県境。流星館となりの名前忘れましたが体育館の小さいバージョンみたいな場所。


ま、楽しく飲み、歌い、演奏し。

みたいな。

まずは、名田庄のスター(笑)

きー君率いる。ボーカルは嫁のあーちゃん。

その他諸々(笑)のスペシャルバンド!





やっぱり…あーちゃん歌うまいよね。

出演者の皆さんもいい感じで聞いてくれてましたよ(^_^)

しばらく宴が続き…。


いよいよ私ら(^_^;)

ビールもあまり進まないので、ほぼ素の状態。

ま、一丁かましたろかなと(笑)



下に映ってるのは、中村獅童さんでございます。


案外緊張感もなく(笑)

結構いい感じで皆さんも盛り上がっていただき。

楽しかったです。

仲間もたくさん観に来てくれてたので。


その後も宴は続きました。

SATOKOさん。
あの手数王、菅沼氏の娘でございますよ(^_^)

ドリカムや、稲葉さんの後ろでも叩くドラマー。


可愛い顔して、しなやかなドラミング。


惚れてまうやろ(笑)

弟子にしてください(^_^)

ちゃっかり写真とサインいただきました。



あの風俗王、笹やんさんも。

Bremensのキーボードとして、その名を欲しいままにする笹やん(笑)

ちゃっかり写真いただきました(笑)



あのチェリーボーイ、文蔵も。

ホットロードの、諸先輩を参考にどんどんダメ人間に成長する文蔵(笑)

ちゃっかり写真いただきました(笑)



帰ったのは、日付変わってました。



門野さん始め、実行委員会の皆さま。お疲れ様でした。
出演者の皆さま。遠いところまでありがとうございました。

また来てね(^_^)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3月5日 興味深い

2017-03-05 18:11:23 | なるけん気まぐれ日報
BSの、ある番組で非常に興味深い番組をやっていました。

ある本の作者さんを招き、その本の内容について深く語り合うという、なかなか地味な番組なんですが(笑)

たまたま観た時に取り上げていた本が、どうやら日本人を大きく2つに分類する事が出来る事を色んなデータから解明していき、作者の観点からそれを一冊にまとめたものだった。

大きく2つとは…。

「旧式」と「60年式」だそうだ。

まず、60年式から。

その名の通り、1960年以降に生まれた世代。

ですから旧式は1959年生まれ以前となる。

実は60年を境に日本は大きく変化したそうだ。

その1番はズバリ!テレビの出現。

テレビ番組は60年生まれと同じように番組内容を驚くほど同じ成長を遂げているのです。

細かくは忘れてしまいましたが、いわゆる子供向けの番組です。

ウルトラマンや仮面ライダー、鉄腕アトムから鉄人28号、などなど。

スポンサーも子供向けのお菓子メーカー。

さらにレトルト食品が大きく躍進した年代でもあるそうです。


当然、その60年以降に生まれた子供を持つ親は、おのずと旧式の日本人という事になります。


旧式の親は、自分の子供には苦労させたくないと色んな物を与え、習い事に通わせ、遊びに連れて行ってあげるのです。

さらに旧式の親の時代は、いわゆる家同士の結婚だったのです。

好きとか嫌いとかの前に、親が首を縦に振らなければ結婚出来なかった時代。

父親には威厳があり、母親は必死で子育てをして生計を立てていたのです。

自分が楽しむなんて二の次も三の次もだったのです。


例えば遊園地に連れて行ってあげても、乗り物に乗るのは子供だけ。

母親は、その乗り物の外で手を振り写真を撮る。

もちろん乗り物も基本的には子供向けなんです。


前者に述べたテレビ番組も子供向けなんです。
子供が楽しめたらOKだった時代なんです。


さて、60年式の日本人も成長しやがて60年式が親になる時代がやって来ました。


ま、もろ私達世代ですね。

60年式前半の日本人は既に孫がいる世代かも知れません。

旧式に育てられた60年式は、愛情たっぷりに育てられ何不自由なく生きて来ました。

でも、いつも自分が中心だったのです。


すると社会に変化が起こるのです。


子供だけが楽しめた遊園地は息をひそめ、中には倒産に追いやられる遊園地も出てくるのです。


そう!ディズニーランドの出現です。

いつしか子供が楽しめたら良かった遊園地は、子供と連れてくる親も一緒に楽しめる遊園地が重宝される時代がやって来るのです。

これが60年式と旧式の大きな差なのです。

旧式は子供の為に生きて来たと、あるいは家の為に生きてきた。
わかりやすく言えば自己犠牲の結婚生活。
なのです。

60年式と決定的な違いなんだそうです。

60年式は、自分中心に育てられて来た為に結婚してもその座を奪われたくない。

でも結婚したからにはそうとも言ってられない。

だから子供と一緒に楽しめるもの。

を、選択する生き物だそうだ。


ディズニーランドしかり、戦隊モノの子供向け番組も。
習い事もだ。

昔、習い事と言えば…そろばん、習字、ピアノ。

残念ながらそろばんも習字もピアノも衰退の一路を辿っている。

何でも一緒に楽しみたいのだ。

そろばん、習字などでは一緒に楽しめないのである。

結局習い事は、ダンスやスポーツへと移行していくのである。

そろばん、習字なら近所にあり子供が勝手にチャリンコで通える範囲だ。

ところがダンスやスポーツなら、そうもいかない。

以前に私も書いた事があるかもしれないが、通う道中、さらにダンスやスポーツなら大会がある。

それら全てを一緒に楽しみたい生き物。


それが60年式の最大の特徴だと著者は言ってました。


そして更にだ。


新しい60年式を超える親が出没(笑)


もちろん60年式に育てられた子供達だ。


習い事は送ってもらって当然。下手すりゃ学校に通う事すら送ってもらって当然。


そう親離れ出来ていない子供が親になる時代に突入しているのだ。
更に付け加えれば、子離れ出来ていない親も。



入社式に親が付いてくる時代はもうそこまで来ている。


60年式はテレビの出現。

それを超える次世代式はインターネット、スマホの出現。


結婚観も変化しているそうです。


今や結婚は、趣味の一部と化しているとか。

あなたは結婚とかに興味ある人だったんだ的な。

しかも、自己犠牲を侵してまで結婚するなんてまずあり得ないそうです。

今の自分の生活や、趣味や仕事を続けながら結婚生活をしてもいい相手を選ぶ。
ですから、ちょっと不自由になっただけで離婚という道を選ぶ。

生まれた自分の子供の事よりも、まず自分なんです。



でも結婚が趣味の一部ですから(笑)
別に結婚が全てなんて感覚もほぼ無いとか。

さて、どうなる日本!

興味深かったので、すぐAmazonでその本を発注しました(笑)

多分明日ぐらい届くと思います。

またちゃんと読んで、感想書きますね(^_^)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月28日 だいぶ放置(^_^;)

2017-02-28 21:23:40 | なるけん気まぐれ日報
お待たせしました(笑)

誰か待っていてくれていたのだろうか。


大変長らく放置状態でした。

いや、実は何回か更新しようとせっせと記事を書いていたりしてたんですが…。

途中まで書いて保存してて忘れて、もうタイムリーな記事じゃなくなって破棄(笑)みたいな。


さて、2月も終わりました。


ホンマに早いですね。

あのドカ雪の残雪もほぼなくなり、後は春を待つばかりでしょうか。


3月からは忙しくなりそうです。

色々とイベントもあるし、他にも個人的に多々業務ありありです。


しかし…

侍ジャパン!

台湾相手にボコボコに負けとるやんけ!

只今7回!

こっから逆転や!根性や!


練習試合でも負けるな!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月10日 大雪

2017-02-10 14:35:37 | なるけん気まぐれ日報
こりゃこないだぐらい積もるパターンやな。


さて…

毎年恒例のスキーツアー。

明日から行って来ます(^_^)

多分スペシャルパウダー食い放題やな。

道中は気をつけなくては。

毎年恒例とかいいながら、昨シーズンは行けてない。

雪不足てのもあったけど、なんとなく去年は慌ただしかった。

2年振りの白馬だね(^_^)楽しみだ。


で、振り返ってみた。

去年2016年シーズンは行けなかった。
2015年は、栂池ではなく白馬コルチナへ。
2014年は、同級生家族などで栂池。
2013年は、カリちゃん、くんこを引き連れて栂池。
2012年は、トシキ、のっぺ、ホナミなどで栂池。
ホナミが笑えた。
2011年は、正月にトシキらと栂池。
2010年は、大人数、バスで栂池。カメがウェア忘れる事件(笑)、翌日に青やんが持ってくる。でも青やんは告白もしてないのにカメに3回ふられる(笑)
2009年も大人数、バスで栂池。この年は若干雪不足でしたね。
2008年はトシキらと栂池。
2007年もトシキらと栂池。
2006年はジュンらと栂池。
2005年はジュンらと斑尾スキー場。
2004年はのっぺと斑尾スキー場。
2003年は、るーちゃんと栂池。
2002年、2001年は行けず。
2000年は同級生と栂池。

それより以前は思い出せない。

ま、泊まり限定で書きましたが、これ以外にも日帰りは行っております。

ま、冬にしか出来ないのでね。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月6日 伊右衛門

2017-02-06 12:57:49 | なるけん気まぐれ日報
昨日は、昼前から京都へ。

目的はスキー板のワックスを買いにAlpenまで。

ホンマにこれを買いに来ただけ(笑)


の、筈が…。

Alpenがセールしてたので(笑)

安いのやと50%引きとかでしたので…。

あれやこれやと余分っちゃ余分の買い物多数(笑)



でも、多分定価で買えば軽く諭吉超えの買い物がなんと!たったの4,500円!

めっちゃ得した気分。


昼飯はザ.めしや!

この店はいい。

好きなものをピックアップしてマイ定食が作れる。


ただし、お腹が空き過ぎの状態で入店すると危険だ(笑)


案の定、お腹が空き過ぎていたので合計1,500円にもなる定食が完成してしまった(笑)


さて、夜は用事があったので、あまりゆっくりもしていられない。


途中で本日のメインレース、きさらぎ賞と東京新聞杯を見る。

きさらぎ賞は残念でしたが、東京新聞杯的中!

配当はいまいちでしたが、まぁ外すよりいい。

で、お茶をしばきに京都伊右衛門へ。

あまり写真は撮ってないが、あのお茶の伊右衛門がコンセプトのお店。




ウイスキーではない(笑)伊右衛門ほうじ茶。


なかなか京都らしい小洒落た店でした。

飯も、アルコールもあるよ。



帰りはイエモン聴きながら帰ってきました(嘘)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月4日 聖者の行進

2017-02-04 14:00:38 | なるけん気まぐれ日報
聖者の行進ってみなさんご存知かと思います。

これほど有名な曲ないんじゃないかな。

すごく元気が出て、ついつい踊りたくなる。


でも、実はこれ賛美歌が原曲って知ってますか?


黒人ジャズトランペッターの、アームストロングがジャズ風にアレンジしたのが最初?

かどうかは、私もあまり詳しくありませんが、ニューオリンズでは、亡くなられた方を棺に入れて街中をパレードする。

その時に、この聖者の行進を演奏しながら街の人々は歌い踊るのです。


日本では少し考えにくいのですが、もちろん亡くなられた方を愛惜しむ気持ちは全世界共通です。

神様の所へ行かれた。

良かった!良かった!

きっとこんな発想ではないだろうか。


割と身近な音楽でお世話になった方が、昨日…突然のお別れとなった。

つい先日、一緒のLIVE会場にいたし、普通に話していたのに。


ちょっとびっくりすぎてまだ信じれないのですが…。


ご冥福をお祈りいたします。

聖者の行進

Oh, when the saints go marching in
Oh, when the saints go marching in
Lord I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the drums begin to bang
Oh, when the drums begin to bang
I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the stars fall from the sky
Oh, when the stars fall from the sky
I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the moon turns red with blood
Oh, when the moon turns red with blood
I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the trumpet sounds its call
Oh, when the trumpet sounds its call
I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the horsemen begin to ride
Oh, when the horsemen begin to ride
I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the fire begins to blaze
Oh, when the fire begins to blaze
I want to be in that number
When the saints go marching in
Oh, when the saints go marching in
Oh, when the saints go marching in
I want to be in that number
When the saints go marching in.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月3日 節分

2017-02-03 13:32:34 | なるけん気まぐれ日報
暦の上では明日から春。

確かに少し陽も長くなってきた。
最近は5時30分でも少し明るい。

ちょっと前ならだいぶ暗かったけど。

節分といえば、豆まき、恵方巻きなどなど。


しかし…ひょっとすると小浜近辺、いや、小浜のみかもしれない節分の必須アイテム。

『福小判』だ。


※写真は友人から。

小判の形をしたお菓子だ。

秘密のケンミンショーで紹介されても不思議ではないぐらいレアだ。

きっと小浜だけじゃないかな。

一生お金に困らないように。という願いが込められているとか。


確かに、最近でこそ食べてないが幼い頃食べた記憶がある。


小判の形をしている。確かに(笑)

そー言えばお菓子で形を真似てあるのは子供に人気がある。

例えばこれ。


きっと誰もがタバコを吸う真似をしながら食べただろう(笑)

ちょっとアダルティーだが…土産なんかでよくあるのが…


とりあえず2個欲しいな(笑)

子供の頃よく食べたな〜


結構美味い(^_^)

まだまだある。
今でも人気の、きのこの山とかたけのこの里とかね。


全然節分と関係なくなってきたね(笑)

以前にも書いた記憶があるが、最近は恵方巻きならぬ、恵方巻きロールケーキなんてのがある。

もはや便乗商品だ(笑)

形が似ているからって、もはや菓子業界も新手の詐欺レベルだ。

こうなったら福小判も便乗商品にしてしまおうではないか!

一生お金に困らないようにという願いがあるんだから、なんなら宝くじとセットで売れば大繁盛かもしれない。

福小判と宝くじを買って、発表まで神棚に祀ったら、本当に宝くじが当たった!

なんて人が1人でも現れたら、こりゃ〜福小判製造元の竹原製菓さんは一気に製造が追いつかないぐらいの大盛況になるぞ!

そのうち株式上場とかになり、竹原フーズ(株)小浜本店とかになったりして。


今や何が流行るか解らない時代やからね。

やる価値あるかも(^_^)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月2日 記憶喪失

2017-02-02 13:29:48 | なるけん気まぐれ日報
昨晩テレビで若い男性が記憶喪失になり、いったい何故ここにいるのかとか、自分が誰なのかとか、家族はいるのかとか、全く過去が思い出せない状態で暮らしているという番組を観た。

記憶喪失…。

ご年配の方々に多い痴呆症とは違い、ある日突然過去が消えてしまうという…。

ちょっと怖い(・・?)

ただ全てが消えてしまう訳でもないみたいで、普通に生活したりする事は可能だったりする。


もし、ある日…

自分が誰なのかさえわからなくなったらと考えると、なんか想像が出来ない。

ただテレビを観ていて不思議に思ったのは、そこそこの年齢の人ならいざ知らず、出演していた記憶喪失の青年はまだ若そうであった。

2人の記憶喪失青年。

どちらも20代前半ではないだろうか。


しかも施設などで生活をしているという。

1人は記憶喪失になって1年。
もう1人は5年だと。

施設で生活しているという事は、身内の人間がいないのか?

多分、失踪届けとか出てるんじゃないの?

家族とか、仮に家族がいなかったとしても身内や、友人などが捜査願いとか出してないの?

僕を誰だか教えてくださいって…。


やはり、案の定。

1人の青年は、中学生の担任という方からテレビへ連絡が入った。

いや、そーなるやろ(^_^;)


まだ若いし。

誰かしら知ってるやろ。


てか…ひょっとしたら何らかの事情で家族がいないとか、家族がバラバラだったとかなら仕方ないかもだが。


家族のもんは何してんねん。


と、普通に感じたが…。



どんな事情かは知らないが、もし私が記憶喪失になり、全く知らない土地で生活していたとしよう。


その前に行方不明になってる筈だ。


警察とか探すと思うが…。

仮に北海道の最北端で生活していたとしても。


何かしら手がかりはあるように思うのだが。



しかし、人間の脳というのはまだまだ不思議なものだと感じた。


1度記憶喪失になると、その先どうなるのだろう?



テレビに出ていた2人の青年。


早く記憶を取り戻したいだろうな。

でも少し複雑でもあるよな。


思い出さないほうが幸せだったりする、びっくりするような過去があるかもやし。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加