大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

サンゲツ たたみタイルの施工事例

2014年05月28日 | 内装工事
お施主様のご希望で、フローリング貼りのリビングから続く、
4.5畳のスペースの床に、サンゲツの「たたみタイル」を貼りました。



GT-572-T 
900×900 3mm厚の複層ビニル床タイルです。

適度なクッション性と汚れに対するメンテナンスの良さが長所です。

でも私なら
絶対ホンモノの畳のほうがよいです。。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルヘンチックなトイレ

2014年05月28日 | 内装工事
壁紙を選ぶとき、奥様の意見がより強く反映されるケースは多いです。

今回も明らかにそうでした。

生まれたときにはもう東京ディズニーランドがあった

そんな世代の若いご夫婦が家を建てる時代になってきました。

今回ご紹介するのはミッキーマウス柄の壁紙を貼ったトイレです。

天井にはお星さまがいっぱい。



今回のスペックです。

天井 サンゲツ FE-9363

壁  サンゲツ FE-9353


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよならポールマッカートニー、お大事に。

2014年05月20日 | 音楽・グルメ
チケットを入手していた長居陸上競技場でのコンサートが中止となった。

昨年11月、どうしても行けなくなり妹の婿にチケットを譲った、今回は
その無念を晴らすはずだった。



奇跡のようなB2ブロック最前列の席。
新幹線切符も手配済みだった。

・・もう何も言うまい。只々、彼の回復を祈るのみだ。

 彼の存在は世界の宝なのだから。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弟の命日

2014年05月15日 | 日記
5月13日は弟の命日だった。

自分が5年生のとき、当時3才だった弟が池に落ちて命をなくした。

そのときのことは今も鮮明に憶えている。人生でもっとも悲しい出来事だった。

自分より母親はもっとつらかったことだろう。

狂ったような母親の号泣もまた人生で最大級のものだった。

ある人に勧められ、初めてお墓の「塩みがき」をしてきた。

粗塩を手に取って、素手でお墓をみがくのだ。

お墓での滞在時間が今までで最も長くなった。

みがいている時間は過去のいろいろな事が頭の中を去来した。

弟、祖父、祖母、父、おじ・・

故人がいて、いま生きている自分がいる。

お墓をみがいて、自分の心も少しだけきれいになった気がした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太鼓張り襖(透かし太鼓)の張り替え

2014年05月12日 | ふすま・表具
照明器具の張り替えのご用命をいただいたお客様から
茶室の出入り口の「太鼓張り襖」の張り替えも承りました。

紙をすべて剥がした「組み子下地」の状態です。



今回は鳥の子紙で張りくるむ一般の太鼓張り襖と違い、
「透かし張り太鼓」でした。

茶室の小さい窓から射す弱い日光でも下地の組み子が透けて見えます。

夜の茶会では燭台を持った主人の影やろうそくの明かりが襖越しにわかるといいます。

障子紙で下張りをしたのち、「越前手漉奉書紙」で上張りします。
下地の組み子の上に継ぎ手がくるように、小判に裁った紙を右上前で下から張っていきます。



最後にちり落としの「切り引手」を作ります。
太鼓張り襖の特徴のひとつです。



シンプルで繊細な、日本の伝統美を感じるふすまです。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和風照明器具の張り替え

2014年05月08日 | ふすま・表具
以前に同じタイトルのブログで実例を紹介しました。

だからというわけではないでしょうが、また新たにご用命をいただきました。

ヤマギワの照明器具。

照明デザイナーの作らしく、独特な形状でした。舟型とでもいいましょうか。



フレームが棒状のスチールで「のりしろ」がありません。

巻き込んで貼って、紙と紙とを互いに接着するしかありません。



うまくいきました。

こちらの「あんどん型」も苦労しました。



前に張ってあったのがガラス繊維。すべて剥がし終えるころには手の甲がチクチク。

口や目や鼻に破片が入ったら大変。気を遣いました。

R形状なので障子紙ではなくホームワーロンをエチレン酢ビボンドで張りました。

予想以上に時間がかかり「これはあわんな~」てなことになってしまいました。

新品の照明器具に買い替えることに比べれば安いのでしょうか?

よくわかりません。

いいものを大切に長く使いたい、というお客様に対しては、そのご意向に沿えるよう
最大の努力をするのみです。

でも手間がかかるのもまた事実ですので、それなりに高くはなります。

そこのところはお客様にご理解いただきたいと思います。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ< 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野良猫騒動2014

2014年05月07日 | 日記
若干サディスティックな期待をお持ちだった読者諸氏もおられよう。

毎年この時期、当ブログをにぎわせていた野良猫の出産騒動。

年中行事と化しつつあるこの、自然の営み VS 愚かな人間 の数週間。

今年もたしかに天井裏から子猫のか細い鳴き声を聞いた。

がしかし、今はまったく聞こえない。

何かしら野良猫母子にとって身の危険を感じさせる出来事があったのだろう。

(たとえば熟女大好きのストーカーおっさん野良猫の侵入とか。)

だから早期に母子は引っ越したのだ。

昨年はムリムリ母子を追い出そうとし、結果数度に渡る子猫の転落事故を招き、
そのたび、勤務時間中に事務所の壁を破壊し、子猫を救出し、また壁を復旧した。

今年はそのような無駄な時間と労力の消費が発生することがない。

ということを心からよろこびたい。

同時に、愚かな自分が脚立を踏み外して事務所の床にしこたま身体を打ちつける

という情けない事態も今年は発生しえないことを 心からよろこびたい。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW2014

2014年05月06日 | 日記
楽しいこともあるけれど、重苦しいことのほうが多い昨今。

GW、カレンダー上の4連休の初日と最終日は仕事。2日目は仕事と健民少年団。

完全オフは3日目だった。

その日はゆっくり起きて、朝食後、娘の車の運転の指導をし、
昼は娘に運転させて柳津の「お好み焼き本舗」まで行って二人で食事をした。
しっかり食べておしゃべりした。

帰宅後は昼寝を少しして、娘が観ていた「世界の終わり」のライブDVDを一緒に観た。
(今度かみさんと娘とでガイシホールのコンサートに行くらしい)

それからアジカンのライブDVDを観て(やっぱりアジカンはいいなあ!)、
録画してあった「ラプンツェル」を観た。

朝から息子は不在、娘も夕方からバイトということで、時間をもて余し
かみさんと二人でコロナの「アナ雪」を観に行った。お客さんがいっぱいだった。

人生初の1日ディズニー2連発だった。
「アナ雪」もとてもよかったが、個人的には「ラプンツェル」のほうが好きだ。

娘と二人の時間も、かみさんとの映画も、ものすごく久しぶりだった。

それにしても娘は「車庫入れ」がヘタすぎる。

さらに特訓が必要だ。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOTO!

2014年05月06日 | 音楽・グルメ
ちょっと前になるが4月23日、鶴舞の名古屋市公会堂での
TOTOのコンサートに行ってきた。

友人Dさんのおかげで前から4列目だった。

とてもよかった。

スティーブ・ルカサーのソロ ↓ 左後ろはピアノのデビッド・ペイチ。ボーカルはジョセフ・ウィリアムス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加