大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

アジカン ライブ at ガイシホール名古屋

2016年12月28日 | 音楽・グルメ
結成20周年。
ASIAN KUNG-FU GENERATION TOUR 2016-2017
20th Anniversary Live  に息子と行ってきた。



息子とライブに行くのは、昨年10月、岐阜メモリアルでのアジカン以来2度目だ。
が、先週末から珍しく息子は風邪を引いて高熱を発し参戦が危ぶまれていた。

土曜の夜は近所の寿司屋へ連れて行き、カウンターに並び無理に熱燗を呑ませ、
彼の好きなエビフライと上寿司一人前をおごり、回復を祈念した。
結果、マスクに鼻ズルズルながら彼の参戦は叶った。よかった。

息子とはガイシで待ち合わせ。やはり自分が先に着いた。
売店でカレーパンを買って食べ終わったころメールが入り無事合流できた。

今回は宝くじに当たったようなとんでもない席だった。



アリーナ1列1番2番。
普通にネットで申し込んだだけなのに。ファンクラブでもないのに。超ラッキー。
息子には良い誕生日プレゼントになった。(が、自分の今年の「運」は使い果たしたかも・・)

席が端っこすぎて終始カラダが斜め右を向いていたが、前に障害物がなく、
目の前の「柵」に寄りかかることもできて、オジサンは身体的に楽で大変よかった。

しかも今回ギターの喜多建介が向かって左側ポジションだったので近くに見えて大変よかった。
(ベースの山ちゃん、ごめん)
やっぱレスポールでしょ。短いブレイクのあと片足半歩下がってガン!ってとこ大好きやわ。



(かどっちょの鉄塔が邪魔!ギターチューニングのお兄さんもずっとそこにおらんでいいでしょ!)



全32曲、3時間を超えるライブを堪能。さすが。やってくれましたわ。
彼ら自身がライブを楽しんでいる。それはとても大事なこと。
トークは少しでいい。ガンガン演ってほしい。その通りやってくれてとてもうれしかった。

最高だった。20周年おめでとう。

念願の「海岸通り ストリングス入り」を初めてナマで観ることができた!
もう感無量。
今年の漢字は「海岸通り」で決まりだな。(超字余り)

欲を言えば「暗号のワルツ」「ブラックアウト」演ってほしかったな~

息子はグッズ買う派。自分はパンフ以外買わない派。
息子はセトリ見ない派。自分は見て予習する派。
息子はA型。自分はB型。

「今日『ソルファ』全曲演るんやで」
「へええ~!」
「しかもアルバム曲順通り」
「それ、ネタバレやん」
「うっ!すまん・・」

感動と興奮の3時間はあっというまに過ぎ。
余韻に至りつつJR笠寺のラッシュに飲み込まれる。

幸い下り新快速が臨時に笠寺に停まってくれて。
金山で幸運にもシートに座ることができて。そのまま終点大垣まで。ラッキー。

大垣11:00着。

「おまえ、『ひさご』行ったことある?」
「ない・・」
「ほんまかいな!大垣在住の成人男子で『ひさご』知らんのはあかんで!」

大垣人なら知らん人はおらん深夜食堂『ひさご』へ徒歩直行。
二代目店主の謙三君は東中の同級生だ。
飲み屋帰りのおっさんらで混む直前の時間帯。テーブル席が空いていた。ラッキー。

ギョウザ2人前、ビール大瓶2本、自分はお気に入りの焼きそば。
息子は逡巡して「何がおすすめ?」ときたので、すかさず、組合髙橋会長ご推薦の「カレーきしめん」を注文した。

(数年前、深夜ひとりでカレーきしめんを食べていた終盤どんぶりを倒しネイビーのピーコートに
 しこたまカレー汁をぶっかけた苦い記憶が一瞬よみがえった。が、親父の名誉のため言わなかった。)

アジカンライブの話で盛り上がり。
息子はビールをコップ2杯しか飲まず。でも顔真っ赤。
めっちゃ美味しかった。よくしゃべった。いい時間だった。

新大橋から静まり返った駅前通り商店街を南へを歩き、スイトタクシー郭町営業所まで行くが待機車両なし。

「歩くか」
「いいよ」

15~20分、早歩きで帰った。
郭町→魚屋町→清水町→新地町→藤江町→鹿島町→のルート。
いつしか息子の鼻ズルは治っていた。

「おれこんな裏道知らん 初めて通る」
「うそや~!?おれは歩きでもチャリでも絶対このルートやで!中坊のころから」
「そんなん知らんやん」

かくして12:00過ぎ、非日常的なしあわせな数時間は終わった。
帰宅すると、嫁とインフル感染欠勤中の娘はすでに爆睡。

極力大垣へ早く帰着し『ひさご』でライブを肴に一杯飲る、という計画は予定通り完遂。
やはり達人か?

この日もいくつものラッキーに恵まれた。息子や娘の風邪に感染しなかったのもラッキーだった。
使い果たしたはずのラッキーはまだ残っていたのかも?
ありがたい。ありがたい。

ラッキーの女神さまに感謝申し上げたい。

女神さまの
おかげで息子といい時間
アジカン・ひさごで
今年も暮れゆく

奥の細道記念館に投句しようか。

あかんな。
これ俳句とちゃうわ。。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス合宿2016 | トップ | 真田丸 終わる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽・グルメ」カテゴリの最新記事