大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

守屋多々志 「麋城名月」 寄託します

2017年10月12日 | ふすま・表具
表具師だった亡き祖父が40年くらい前、鎌倉に守屋先生を訪ね、
頼み込んで描いていただいたという、一点もの「麋城名月」。

麋城(びじょう)とは大垣城の別名で、「麋」は大鹿の意味。
大垣城が横たわった大鹿に見えることから、この別名がついた。

ずっと家にあって、秋になると壁に掛けたりしていたが、
大垣市には「守屋多々志美術館」があるのだし、
より多くの人に観ていただくほうが良いのではないか、と
母親と話をして寄託することに決めた。

青が鮮やかな涼やかな逸品。



美術館に展示されるのはもう少し先ですが、
ぜひご覧になってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加