大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

東中3年1組の連中と飲む

2016年03月26日 | 東中学校
金曜の夜、高木先生とワセとクロとナスと私の5人で
「ぴあの・ぴあ~の」で食事をする予定だった。

クロがセッティングしてくれた。

しかし高木先生がインフルにかかり、4人でもやるか、ということに
していたが、当日午後急にナスが欠席することに。

マスターはもう仕込みを始めている時間だ。3人でいい?と言うクロに、
ダメだ、誰でもいいから見つけてきてくれと頼んだ。

マミが連絡つかず、結局6組のサイモンが来ることになった。
珍しいメンバーで楽しい飲み会が始まった。
クロが卒業アルバムまで持ってきて、おおいに盛り上がった。

クロは新車中古車を売りまくる営業レディ。
サイモンは歯科衛生士。
ワセはIT系営業マン。

みんな頑張っている。

主役の高木先生が不在だったので後日仕切り直しだ。

キノにも声を掛けよう。JR終電で帰ればいいだろう?

卒業以来、一度も実施されていない3年1組クラス会開催にまで発展するか??

クロが非常にレスポンスが速く頼りになるので彼女にまかせよう。

男子の幹事は・・・ やっぱ自分か。。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

東中第30期(昭和53年度卒)同窓会(2)

2013年08月19日 | 東中学校
あれから35年の歳月。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東中第30期(昭和53年度卒)同窓会開催

2013年08月17日 | 東中学校
8月16日。
5年ぶり?に同窓会が開催された。出席者80名超。盛大だった。

女性の参加が多いと感じられたのは、彼女らの子供たちがみんな大きくなり、
手がかからなくなった、その分、自由な時間がもてるようになった、
からではないかなと思う。

クラスは当時9組まであったが、恩師のご出席は4名にとどまった。ちょっと残念。
それでも皆さんとてもお元気でうれしかった。

個人的には1年のときの担任桑原美代子先生、
2年3年と連続でお世話になった高木和文先生が、ともにご出席され親しくお話できたことが
とてもうれしかった。当時最も若かった高木先生もとっくに定年退職されている。(当たり前か。)

早野哲治先生は私の死んだ伯父と同級生だ。
そして足立進先生(高座名 天満家進碁)には一席披露していただいた。
会場は万雷の拍手であった。



当時はちょっと怖かった先生方も今ではいいおじいさんである。
いつまでも元気でご活躍してほしい。

夕方6時に始まった同窓会はあっというまに12時を過ぎ、二次会会場にてお開きとなった。

安井小学校出身の古い友人3人としゃべりながら歩いて帰った。

いつまでたっても同級生はいいものである。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大垣市立東中学校卒のおじさんたちへ

2013年04月22日 | 東中学校
すでにご存知の方もおみえかと思いますが、
東中の北舎が老朽化にともない、建て直されることになりました。

私が卒業したのが35年前。
ついこないだみたいな感じです。気づけばもうすっかりオッサンです。

前回のブログに登場した高木和文先生からの情報をもとに調べました結果、
以下の『思い出の校舎内覧会』が開催されることがわかりました。

東中のHPにも載っています。
⇒http://www.ogaki-city.ed.jp/touchu/tayori/h25/pdf/04.pdf

日時 5月3日(祝) 10:00~15:00

内容 受付で記名して、あとは自由に北舎を見てまわれます

同日開催
◆合唱部合唱     11:00~11:20
◆吹奏楽部コンサート 14:00~16:30(13:30開場)

「眠れない夜」を過ごしたGBSファンだったあなた。
「あの日に帰りたい」ノスタルジックなあなた。
「あのゆるやかな日々」にトリップしてみたいあなた。

よろしければ、ぜひ。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東中の恩師 高木和文先生ご来店

2013年04月20日 | 東中学校
私が東中2年3年のときに担任をしていただいた異色の美術教師、
高木和文先生が林文香堂を訪問された。

昨年は「今からお邪魔していい?」と直前アポで面食らったが、
今回は私の留守中に電撃訪問された。

数ヶ月前にお問い合わせをいただいた和紙の見本帳を取りにみえたのだ。
ずっと事務所カウンターの上に「高木和文先生」と書いたポストイットを付けて
置いておいたのだが、ちっともおみえにならないので棚にしまったのが昨日だ。

夕方帰社後、あらためてお電話をした。

相変わらずお元気で気さくで飾らなくて率直でユーモアがある方だ。
話しながら何度も大笑いした。

その中で、同級生たちに伝えてもいいなという情報をいただいた。

東中の北舎が老朽化のため取り壊されるとのことになった。
解体前の、来たる5月3日、出入自由の一般公開がなされるというのだ。

懐かしい。そして残念。
東中にはいっぱい思い出がある。
北舎というだけで、いくつものエピソードが頭に思い浮かぶ。。

自分の嫁も息子も娘も東中の卒業生だ。

この日は高木和文先生も行かれるとのこと。
懐かしい北舎に足を踏み入れてみたいという皆さん、
高木和文先生に会いたいという皆さん、
連休ということもあります。いかがでしょうか。
私も行ってみます。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東中サッカー部時代の顧問の蓮見先生と電話

2012年08月08日 | 東中学校
ある方を介して恩師と30数年ぶりに話をした。

その恩師は東中サッカー部時代の顧問、蓮見先生だ。

うちの仕事に関することでの問い合わせが主題であったが、それにしても
久しぶりで感激してしまった。

「おれがいま何歳だか当ててみろ」
「当たったら今夜の晩めし、おごってやる」

高圧的なものの言い方が昔とまったく変わらない。
答えはびっくり、84歳だった!(晩めしは逃した)

大垣市文化会館で教室をやってみえるらしい。

近いうちにお会いしに行こうと思う。

計算してみると、私が中3のときの蓮見先生は50か51だ。
今の自分とそんなに変わらない。

思い出してみると、あの頃の蓮見先生は高圧的、ワンマン、豪快。
でも親しみの持てるお人柄だった。

顧問なのに大会が近づいてこないとグランドには顔を出さない。
当然、毎日の練習メニューは自分たちで考えた。
たまにグランドに出てきてもスーツ姿に革靴。ボールは蹴らない。
腕組みして立ち、ゲキを飛ばしまくる。

試合の采配はやりたい放題。(今だから笑って言えるが)
でも市内大会と西濃地区大会、2度の優勝という自分にとってのダイヤモンドは
必ずしも自分たちのちからだけで得たものではないと思っている。

蓮見先生、私を憶えていてくださってありがとうございます。うれしいです。
今度会いに行きますので、晩めしおごってください。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東中時代の恩師から突然の電話

2012年06月15日 | 東中学校
昨年1月に当ブログにご登場いただいた足立進先生に再登場いただきました。

朝8時前。
突然事務所にかかってきた電話は足立進先生ご本人でした。

たまたま私のブログを見て、思い出してくださったようです。
びっくり。そして感激。

大垣市柔道協会のお仕事に加え、趣味の落語も相当な域に達しておられるようで、
各地での上演、マスコミにとりあげられるなど、大活躍のご様子です。

77歳という年齢をまったく感じさせないハキハキとしたそのお声は
中学時代にお世話になったときとまったく変わりないと感じました。

おそらく私たちが50歳になるとき、東中第30期(昭和53年)卒業生の
同窓会が開催されるはずです。

きっとその時、足立先生には一席演じていただくことになるでしょう。

先生、そのときまで更に芸に磨きをかけてください。

私たちもがんばります。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東中時代の恩師、ご来店

2012年03月03日 | 東中学校
東中3年のときの担任T先生。
この人には「唐突」という言葉がぴったりだ。

やはり唐突に電話してきて
「いま近くにおるけど、いまから事務所にお邪魔していい?」
唐突!だしぬけ!不意!

先日の戸襖の張り替えの問い合わせ、やはりご自分でやるとのこと。
ふすま紙のみ2枚、ご注文をいただいた。

「明日、垂井に来る用事ない?届けてほしいんだけど。」
またも唐突!

「・・大石に行く用事があるんで、いいですよ、行きに府中に寄ります。」

「車庫の中に、どこでもいいんで、置いといて。」

「・・はい。どこでもって・・。」

そのとき不意に外から大型クレーン車のでかいクラクション音が!
T先生の車の路駐が邪魔になったようだ。

「あっ!じゃまた!」
T先生は小走りに事務所を出ようとしてさっき自分で閉めた入口サッシにぶつかりそうになり
瞬時に半歩下がってサッシを開け、駆け去った。

そして今日。ふすま紙をお届けしてきた。
さすが一陽会会員。
庭には過去の作品群が。

T先生の頭の中には、いつもこういうイメージが飛び交っているのだろう。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東中時代の恩師から電話

2012年02月28日 | 東中学校
その電話は突然だった。

東中時代にたいへんお世話になった担任のT先生だった。

RCサクセションの「僕の好きな先生」のような
職員室嫌いでタバコを吸っててあんまり先生らしくない美術の先生だった。
校長より在任が長く「おれは東中のヌシだ」と豪語し、
夏休み中は旧給食室を勝手にアトリエにして彫塑の制作に没頭していた変人であった。
でも大好きな先生だった。

実は3年前に垂井町のご自宅のクロスの貼り替えをさせていただいている。
それ以前にも「自分でやるから」とふすま紙だけをお売りしたこともある。

今回は「左官壁を塗り直すか、クロス仕上げにするか、どちらがベターか」
   「戸襖の張り替えは自分でできるか」
という、またしてもDIY的な問い合わせだった。

出来る限りわかりやすくご説明申し上げた。

先生の返事は「わかった。ありがとう。検討します。」だった。予想通り。

あいかわらずのマイペース。
おおよそ出世とは縁の無い人だと思っていたが、私が中学卒業後、知らないうちに出世して
教頭、そして校長にまでなってしまった人だ。今はたぶん悠々自適の毎日であろう。

木下とふたりで電撃訪問して度肝を抜いてやりたいな
と想像して、ほくそ笑んでしまった。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大垣咲楽に恩師登場

2011年01月07日 | 東中学校
大垣咲楽最新号に恩師の足立進先生が載っているのを偶然発見しました。

私の中学時代の体育の先生です。
きびしさと独自のユーモアを兼ね備えた方でした。

体育の授業で男子全員が柔道着を購入し、
本格的に基礎から教えていただいたことが印象に残っています。
特に袈裟固め、横四方固め、といった寝技は私の得意技になり、
自分の子どもが小学生のころ言うことを聞かないと、
ときどき「参った!」というまで固めてやったものです。

足立先生は今では落語家だそうで
ますます元気でご活躍の様子、たいへんうれしく思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加