大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

第3回 ザ・オヤジの会 開催

2015年10月21日 | 北高校
1年に1回、10月の第一土曜の夜に開催される(こととなった)オヤジの会。

高3当時の級友が今年も集った。

ホストはヒロと愛犬クッキー。ヒロは会場(と、寝る部屋)を提供してくれて、
肉・野菜・炭を担当。



ヒロと同じ池田町出身のタジマはたくさんのビールとズブロッカを持ってきた。

マコトはデザートを、ハルは珍味の海外の缶詰とバゲットを持ってきた。

ヤノは大阪から豚まんを陸送してきた。

自分は焼きそば(粉末ソースつき)。みんな担当が決められていた。

すでに10月の夜は こ寒いので、自然みんな炭火の周りに集まる。

だらだらと飲み、だらだらと食べる。だらだらとしゃべる。

だらだらとした時間が、だらだらと過ぎる。。

腕時計は現地到着と同時に外している。

この、だらだら の、なんと貴重なことか!

この、だらだら を確保するために、その週どれだけ頑張ったことか!

みんな確実にオッサンになっているので酒も弱くなっている。
量がすすまない。タケシの異常なハイテンションもなければ、ヤノとマコトのケンカもない。

誰とは言わないが、白髪、頭髪後退、腹ボテ、老眼、痛風予備軍、いろいろある。

それを酒の肴にして、苦笑して、自嘲して、慰めて、まあええがやと、なし崩しにして、また飲む。



だらだらと夜が更けていく。

オカモト・プロジェクトは具体的進展なし。

やがてタジマとマコトは翌日の予定のため奥様がお迎えに・・。

ヒロんちで3年連続お泊りはハル・ヤノ・タケシと、また同じメンバーとなった。

翌朝。

ヒロは部の公式戦があるため早朝からユニフォームに着替えて、我々を放置して、そっとご出立。

ほぼ同時に目覚めた3人のうち、ヤノとタケシは二日酔いで頭が痛かった。

うん。

名実ともにオヤジの会だ。名前に偽装や粉飾は一切ない。まんまだ。

年に一回の七夕のような会だが、前回開催からの一年の経過が早すぎて、一同当惑している。

オヤジ化が加速することは避けたいものだ。


オヤジばかり6人が集うだらだら会に「七夕」の例えは不適切だな。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

創立120周年

2014年11月03日 | 北高校
母校が120周年を迎え、立派な記念誌が届きました。
おめでとうございます。そしてありがとうございました。



自分は当時学校群入試制度で、たまたま北になっただけで。
在学中は劣等生で、自暴自棄で。

でも良き友人たちと良き師にめぐりあえたことが財産となっています。

また旧友たちと会いたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離の提唱者と会う

2014年01月20日 | 北高校
1月19日 日曜日。
大垣青年重役会(略称OJB)の新春市民講演会に参加した。
毎年1月恒例のこの行事も、正会員としての参加は今回で最後となる。
(50歳8月末日で卒業だから。)

講師は やました ひでこ 氏。
『断捨離』の提唱者だ。

高校3の6のメンバーの中には『断捨離』という言葉に「なぬ!」と思った者も多かろう。

恩師を『断捨離』に傾倒させ、あげく我々との卒業以来続いてきた楽しい関係を
いきなり氷河期にしてしまった張本人!? とは言い切れないが。

そもそも『断捨離』ってなんだ?

以下、やました ひでこ 女史のブログより引用。

断捨離とは、
自分とモノとの関係を問い直し、
暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。

不要・不適・不快なモノとの関係を
文字通り、断ち、捨て、離れ、
引き算の解決方法によって停滞を取り除き、

住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の
新陳代謝を促す・・・

住まいが片付かないという悩みはもとより

身体の不調、煩わしい人間関係、忙しすぎる状況をも
解決していきます

引用 以上。

私は やました ひでこ 女史を知らず、その著書も読んでいない。
だから『断捨離』について語る資格がない。
ましてその良し悪しについては、いわんや おや である。

したがって、約5年前に恩師が「おれ今『断捨離』中だから」と自ら言った言葉の真意は
今の自分の理解レベルと比べようもないので図りかねる。思っても言葉にできない。
恩師はモノ以上の事柄に対しても『断捨離』を実践しているのだから。
しかも強い意志で。徹底して。

やました ひでこ 女史の講演はとてもおもしろく、興味深く、
『断捨離』入門編といった内容でわかりやすかった。
聴講者は700人を超え、OJBの友人たちも一様におもしろかったと口を揃えて言った。
私自身は少なくとも『断捨離』否定派でなくなったことだけは確かだ。

やました ひでこ 女史は、斜に構えて講演会に臨んだ自分の先入観を打ち壊す、
理知的で、スマートで、かっこよく、明るく、アクティブな素敵な女性だった。

いま『断捨離』に対する自分のスタンスは定まっていない。

今後恩師とどう向き合うか、も不確かだ。

これが今の時点でのとりあえずの自分の結論だ。
のちの答えは時間とともに徐々に明確になっていくだろう。

余談をふたつ。

今回の講演会の案内を今年の正月に恩師にケータイメールした。
だが、返信はなかった。
会場で恩師の姿を捜したが見つからなかった。700人もいたから。
いたかもしれない。いなかったかもしれない。

講演会後のOJBの懇親会で余興のビンゴがあった。
当たった景品は「ごみ箱」だった。

さて、ここに何を捨てようか。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校時代の友人たちと会う

2014年01月20日 | 北高校
土曜日の夜、久しぶりに高校時代の友人5人が集まった。

主催者のH君が前日から胃腸風邪にかかってしまい、
また、複数の友人は自分の子がセンター試験初日ということで、
当初予定の半分以下の参加者になってしまった。

H君とともに主催者側だった自分は、センター試験の日程が頭になかったことを
たいへん反省している次第。
次回はサクラ咲く4月開催予定です。

集まった5人は皆同じ3の6の連中だったので、さながらプチプチクラス会。
女性2名もイケるくちなので、よく食べよく飲み、楽しい時間だった。

本来、まじめな話もする予定だったのだが




まあ、そこそこに・・

高校の同級生で募金の趣旨に賛同される方は、ぜひ善意でお願いします。

そして5年くらい開催していない3の6クラス会も開催したい。

が、担任の先生の還暦祝いをも兼ねた企画「岡○プロジェクト」が頓挫している。

ご本人が「おれは『断捨離』中だ」と、出席をかたくなに拒まれているためだ。

しかし、なんとかしたいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

50オヤジのバーベキュー

2013年10月06日 | 北高校
池田町在住の高校時代の友人が「50オヤジのバーベキュー会」を催してくれた。

高校3年当時の友人オヤジが6人集まった。

会は午後2時からスタートしていたが自分は仕事の関係で7時の現地合流となった。

一番で現地入りした大阪の友人は「まだか」と催促のメールを送ってきていた。

別の友人のひとりは私が到着した時すでにチェアで座ったまま寝ていた。

主催の友人は様々な肉料理をふるまってくれた。仕込みに相当な時間と労力が注がれた逸品だった。

とても美味しくいただいた。ビールとウイスキーをたくさん飲んだ。

野外で食べながら飲みながらの楽しい時間はとても速く過ぎた。

2時に終了。そのまま友人宅にてお泊り。客間には布団が並べて敷かれていた。

7時にスッキリ起床。

お母様がご飯とみそ汁を作ってくださりおいしくいただく。

9時半に解散となった。

楽しくダラッとしたユルい時間も必要だ。実にいい時間だった。

みんな仕事があり家庭がある。

50のオヤジたちはまた皆それぞれの問題をかかえる日常へと戻っていったのだった。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北高3の6の友人たちへ

2013年03月21日 | 北高校
今年われわれは50歳、そして担任の岡○先生は60歳。

ということで、先生を主役に5年ぶりにクラス会を、と思っていましたが、、
難航しています。。


先生は今もなお「断捨離」状態。
いや、断捨離というひと言では片付けられない、いろいろなことが先生を取り巻いていて、
「よ~し、飲むぞ~!」みたいな昔のテンションではないのです。

定年を迎えるとはいうものの、即、教職を去るという訳ではないし、
また、「赤いちゃんちゃんこなんて、とんでもない!」という気の若さもある。

が、しかし。
昔から「ポリシーを変えない男」は貫いている。理解できる。
先生のプライベートな領域にわれわれは踏み込むことはできない。

が、しかし。
われわれにとって「3の6」は特別な意味があり、「3の6」と「岡○先生」はセットなのである。
光かがやく青春の一ページであり、われわれの宝ものだ。
賢い者もアホな者も互いに認め合い、見事な結束を成したクラスだ。
他のクラスの友人にうらやましがられたものだ。
卒業後も、当時10クラスあった同学年の中で突出してクラス会の開催回数が多かったのも
われわれ3の6だ。
当時のクラスメートは一生ものだと思っている。


てなわけで、クラス会は今年開催の方向です。

でも今回は岡○先生の参加は無いかも。

かと言ってあきらめている訳ではなく、いつか先生には同席していただけることと確信しつつ、
今回、次回と企画していきたいと思っています。

「まあ、次回はおれに線香をあげるときかな」

くぅ~!ちくしょー、かわいくねぇ!なんちゅうブラック!笑えねぇ!

こんな担任です。
皆さん、よろしく頼みます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古沢 武文先生

2012年12月02日 | 北高校
北33内輪の忘年会にサプライズゲストとして恩師の古沢武文先生が招かれた。

かつての教え子だった友人のひとりが手引きしてくれたもので、
私自身ほぼ2年ぶりの再会であった。

古沢先生は北高の歴史にその名を刻み込む有名な体育教師でありサッカー部顧問である。
北高サッカー部をインターハイ出場に導き、長崎代表島原商業を撃破という
輝かしい戦歴をお持ちだ。私もサッカー部であり当時はたいへんたいへんお世話になった。

今回の忘年会は野郎ばかりが11人。プラス古沢先生だった。
あいかわらずお元気で声がでかく、よく笑い、過去の北高の暴露話などで大いに盛り上がった。

古沢先生は来年70歳になられる。

われわれは50だ。
そしてもうひとり、私が高2・高3と担任していただきサッカー部でもお世話になった、
恩師ショージ岡本先生は60歳だ。

人生の区切りなので、恩師をお招きして派手にやりたいと思っている。

高校同級生のみんな、今からまわりの友達に声掛けをお願いしますね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校の同窓会に出席

2012年08月06日 | 北高校
高校の同窓会総会・懇親会に出席してきました。
昨年、一昨年と同様、大垣フォーラムホテルで300人規模の大きな会でした。

昨年は卒業30年目の主管年度でたいへん苦労しましたが、
今年は任を解かれ、ふつうの参加者に戻れたので気分が楽でした。

今年は偶然、OJBの先輩でもあるYさんにお会いできたり、
健民少年団の先輩でもあるY先生にお会いできたり、
ご近所さん(やはり先輩)にお会いできたり、あらたな感激がありました。

私たち「北33」は変わり映えしない(失礼!)男性メンバー8人に
現職教員女性軍団4人というテーブルでした。
女性は全員ウーロン茶で、いまひとつ盛り上がりに欠けました(こりゃまた失礼!)。

「北33」のうちわの飲み会は次回9月開催予定です。
旧姓Mさん、旧姓Tさん、飲むモードで是非ご参集ください。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23年度北高同窓会開催

2011年08月10日 | 北高校
8月の第一日曜日。
大垣フォーラムホテルにて卒業生560人の盛大な同窓会が開催されました。

卒業30年目の私たちは主管幹事年度。
懇親会の司会進行、アトラクションの企画実施の任務が与えられていました。

チケット販売48枚というノルマも実際は60枚を売り、
みんなの協力のすごさを実感しました。
遠く東京、横浜、静岡、大阪から来てくれた友人たちもいて、感激でした。

当日の受付や会計など面倒な仕事を引き受けてくれた友人たち
アトラクションの「大垣アンサンブル協会」を紹介してくれた友人
気を利かせてカメラを持ってきてくれていっぱい撮影してくれた友人
司会者をまかせればよかったとあとで思った盛り上げ上手な友人
20万を超えるお金をスパっと立替払いしてくれた太っ腹な友人
打ち合わせ会に毎回参加してくれた友人たち

みんなに感謝感謝です。ほんとうにありがとう。
楽しかったですね!
また会いましょう!


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とてもいい。

2011年08月01日 | 北高校
8月になりました。
すぐお盆。お盆が終わるとまたすぐに年末。そんな気がします。

年々スピードが増してゆく過ぎ行く時の流れ。
そんな中で自分、自分の周りの人たち、仕事、仕事以外、、
なかなか難しいですが後悔のないよう、きっちりひとつずつ良い結果を出しながら、
また次の課題に向かう、その繰り返しを続けていくよりないのかなと思います。

課題にもいろいろあって、短いスパン、長いスパン、一生もののスパン・・。

土曜の夜の高校同窓会の会合はさしずめ二年スパンの課題だったでしょうか。
まもなく同窓会総会・懇親会・二次会の本番。実を結びつつあります。

西部、関ヶ原、東、興文、南、赤坂、高田、不破、今須、北、関ヶ原。
出身中学だけでも見事に分かれたメンバーはみな超ユニーク。
カリスマ的リーダー不在のグループゆえにとても協調性あり。
群制入試時代の同級生だからか、アタマのレベルに格差はあれど(それは過去の話!)、
それゆえ個性的で人間味にあふれる。
他人の誹謗中傷いっさい無し。口論ケンカいっさい無し。セクハラ無し(笑)。
食べて飲んで大いにしゃべって、それはもう居心地良し。

友が友を呼ぶ。その友がまた別の友を呼ぶ。そしてまた新たな友ができる。
そのプラスの作用。プラスの連鎖。
卒業30年を経てまた新しい同級生の友を得る。これは最高かも。

同級生はいい。友だちはいい。

結局、結論はここです。やっぱり。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加