CD『決定盤!NHKみんなのうたより大全集』を入手

 本日、1987年版のCD『決定盤!NHKみんなのうたより大全集』全8巻(キングレコード)を、手に入れた。





 このCDは長い間探していたもので、元々は高校生時代にレンタルCDとして借りたのが聴くきっかけだった。だから、25年くらい前のことになる。
 全8巻・200曲(各巻25曲)収録という大ボリュームで、古めの曲も多く含んでおり、初めて聴く曲も多かったので、「このCDが欲しい」と強く思ったものだが、当時はパソコンも持っていなかったので、仕方が無くカセットテープにダビングして、そのテープを繰り返し聴いていた。今なら、PCでリッピングするところだ。

 さて、『みんなのうた』CDに昔からつきまとっていたのが、オリジナル・カバーの問題で、最近は「全曲オリジナル歌手」のCDも各社から発売されているが、昔は様々な事情から放送版とは別の歌手がカバーした曲も含まれていた。
 この『決定盤!NHKみんなのうたより大全集』でもその問題は避けられず、ぶっちゃけた話、放送版のオリジナル歌手の割合はそんなに高くない。しかし、実際に聴いてみると、カバーの歌手でも極力放送版に似せようとしていることが伝わってきて、印象は悪くない。アポロン版の「南の島のハメハメハ大王」なんて、自分の色を出しすぎて水森亜土の面影が全然無いが、そういうのに比べるとかなり原曲に忠実ではある。
 ちなみに、カバー歌手としては、ダントツにたいらいさおの曲が多い。その次が、芹洋子か。たいらいさお、アニメソングで仕事が無いと思ったら、こんなところで歌っていたんだなあと妙な感慨に襲われてしまう。
 もちろん、このCDでも原曲に似ていない曲もあるのだが、聴き慣れてしまったのでそれはそれで味として許容できるようになってしまった。

 オリジナル歌手の割合はそんなに高くないが、それでもオリジナルで聴ける曲もそれなりにあり、「夢を盗むギャングたち」や「ぼくは大きな石ころさ」などがオリジナルで聴けるのは、貴重だと思う。
 それに、オリジナル歌手でなくても、「えんぴつが一本」のようなレア曲が収録されているのは注目に値する。ちなみに、放送オリジナルは坂本九だが、こちらは未だにCD化されていない。

 そんな感じで、個人的に非常にお気に入りのCDだったが、とっくの昔に廃盤だったので、中古品をずっと探していたのだが、見つかるのは1987年版ではなく全10巻(各巻20曲収録)の1991年版ばかり。こちらの1991年版は、一部の収録曲が異なる上に、なぜか歌手だけ差し替えられた曲もあると言う不可解な内容であり、私としてはあくまで1987年版が欲しかったのだ。
 以前、第2巻のみ見つかったが、その後はずっと入手できないままだった。それが、先日とうとう某所で全8巻セットで売り出されているのを発見したのだ。定価よりは安いが、全8巻セットなのでそれなりのお値段ではあった。しかし、次はいつ出会えるかわからないので、思い切って購入したという次第。本日、無事に全8巻セットが届いた。

 と、言うわけで、この文章はそのCDを聴きながら書いている。
 長年の宿題を一つ、片付けることが出来た気分だ。『みんなのうた』関連では、DVD-BOX以来の大きな買い物になった。このCDは、これからも繰り返し聴くことになるだろう。

 なお、このCDの収録曲については、こちらのサイトにまとめられているので、気になる方はご参照を。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )