『映画ドラえもん のび太の ひみつ道具 博物館』感想

 今年のドラえもん映画、『映画ドラえもん のび太の ひみつ道具 博物館』の公開が始まって、十日が過ぎた。
 私は、藤子ファン仲間達と一緒に初日に観に行き、さらにメンバーが替わって二週目の3月17日には2回目を観てきた。と、この事でわかると思うが、私は今回の映画は気に入った。素直に「よかった」と言える出来だったと思う。「よかった」と言っても、「大ピンチ!スネ夫の答案」ののび太のように、「十点!」のよかったではない。どちらかというと、出木杉やしずちゃんの点に近いレベルでの「よかった」だ。少なくとも、大山時代を含めた映画オリジナル作品の中では、一番の出来だったと言い切れる。もっとも、これまでの映画とは作風がかなり違うので、単純な比較は難しいのだが。

 ここからは、具体的な感想に入るが、例年通り思いっきり映画のネタばらしをしており、特に今回は推理ものとしての側面もあるので、未見の方はご注意いただきたい




 まず、今作で一番よかったのは、一つの作品としてストーリーの骨格がしっかりしていた事だ。何を当たり前のことを、と思われるのかも知れないが、わさドラになってからの映画オリジナル作品で、一番致命的だったのがストーリーの意味不明さだった。詳しくは、当ブログの過去作品の感想(緑の巨人伝人魚大海戦奇跡の島)をお読みいただければ、おわかりいただけると思う。過去作とは違って、今回はひみつ道具博物館で怪盗DXと対決して、さらには太陽製造機の危機を救うと言う流れが自然に繋がっていた。
 基礎となるストーリーがしっかりと出来ている中で、見どころがたっぷり用意されており、105分の間、飽きない映画となっていた。

 そんな今作の一番の見どころは、何と言っても数多く登場するひみつ道具だろう。子供はもちろんのこと、いい年をした大人にとっても「こんなところにあの道具が!」という楽しみ方が出来るようになっており、私も二度の鑑賞で画面を可能な限り隅から隅まで観るようにしたが、それでも見逃している道具は多数あるだろう。個人的に好きな道具である「ばくはつこしょう」と「はなバルーン」を重点的に探してみたのだが、残念ながら見つからなかった。まあ、仮にばくはつこしょうが画面の隅にでも出ていたとして、「容器に入ったくすぐりノミ」と見分けが付かないような気もするが。
 それはともかく、道具に関しては、監督が『ドラえもん ひみつ道具大事典』を読み込んだと言うだけあって、非常にマニアックな道具も多く出てきて、マニア心をくすぐられた。そもそも、ポポンの元になったのが「ナカミスイトール」と言うのもかなりマニアックだ。
 二つ目の見どころは、怪盗DXとその正体を巡る推理ものとしての要素だ。『ドラえもん』で推理ものをやると知った時にはどのようなものになるのか不安があっったのだが、比較的フェアに伏線が張られており、推理ものとして納得できる出来だ。2回目の鑑賞時には、伏線描写を重点的に観直してしまった。コピーロボットを使うのはずるいという意見もあるかも知れないが、スネ夫とジャイアンがイケメンコピーロボットを使う描写を入れることで、「コピーロボットという道具が存在すること」はちゃんと描かれているので、問題はないと思う。
 三つ目の見どころは、アクションシーンだ。中盤に怪盗DXとの対決でひみつ道具軍団のアクションがあり、さらにクライマックスでは太陽製造機の制御とドラvsガードロボの戦いが並行して描かれており、特に後者は非常によく動いて実に見応えがあった。昨年のワーワー言って走り回っているだけの最終決戦とはえらい違いだ。監督が違うとこうも変わると言ういい例だ。

 さらに、今年はゲストキャラとの空々しい「友情」が無理に描かれていないものよい点だった。
 もちろん、ゲストキャラとの友情を育む過程がしっかり描かれているのであれば問題がないが、『人魚大海戦』や『奇跡の島』などは出会って一日か二日しか経っていない相手との間で、取って付けたかのような強い友情が描かれており、非常にわざとらしく感じた。
 それが、今回はゲストキャラではなくのび太とドラえもんの友情をあらためて描くと言う方向に持っていったのは、映画ドラえもんでは新鮮であり、ごく自然に描かれていたと思う。特に、ラストシーンの「ぼくのクツの中?」というのび太のセリフは、それだけでドラえもん(及び、映画の観客)には全てが伝わるように出来ており、非常にいいセリフだった。これに限らず、今作ではしゃべりすぎや無駄な描写は少なく、これが監督やスタッフのセンスを感じる作りとなっている。
 また、作画面では、これまで気になっていた不安定な線がほぼ無くなってスッキリして、テレビシリーズの作画に近くなったのもよかった。これは、テレビ版のキャラ設定・総作画監督を務める丸山宏一氏の参加に拠るところが大なのではないかと思うが、どうだろうか。


 ここまで、この作品のいいところについて述べてきたが、突っ込みどころが無いというわけではない。それを無視してはフェアではない気がするので、ここで挙げておく。
 まず、誰しも「それは無理だろう」と思うであろう点は、クライマックスでのポポンの活躍だろう。ソースカツ丼を吸い込んだだけで煙とネジを吐いていたのに、あのような巨大なエネルギーの固まりを処理しきれるとは、到底思えない。あえて、インパクト&勢い重視で押しきったのかも知れないが、個人的にはあそこでもうワンクッションおいて、納得できるような描写をして欲しかった。
 もう一つ、シャーロック・ホームズセットの効果が原作短編と異なるのも、気になるところではある。大長編原作でも『魔界大冒険』では「石ころぼうし」の効果が違っていたり言う例もあるし、今回は別に妥当な道具があるとも思えない(「連想式推理虫メガネ」は、まわりくどい)ので、仕方のないところかなとは思う。
 他には、ドラえもんの鈴が無くなると猫化する設定や、ジャイアンとスネ夫が小さくなったのはストーリー上あまり意味がなかったように思う。前者は、怪盗ドラックスになった時のアクションシーンあたりで使いどころがあったのではないかと思うのだが。後者は、単にドアを開けるだけでは活躍としては物足りない。

 さらに言ってしまうと、今回の映画は面白かったが、藤本先生の描いた大長編原作やその映画版とは明らかにテイストが異なる。あまり好きな言葉ではないが、「同人臭がする」映画になっていると思う。言ってみれば、方倉陽二先生の『ドラえもん百科』のように、『ドラえもん』という作品を元に、新たな世界観を作りだした作品とでも言うべきか。それがつまらなければ目も当てられないが、今作はキャラクターも話も魅力的に出来ていた。
 ひみつ道具博物館やフルメタル・ぺプラーメタルの設定、それにゲストキャラの性格やノリなどは、藤本先生が描きそうにないものではあるが、第三者の創り出した新たな設定・キャラとしては面白い。これらの設定や、全編ギャグに満ちたノリを受け容れられるかどうかに、この作品を好きになれるかどうかがかかっていると思う。


 と、ここまでダラダラと書き連ねてきたが、あらためて全体のまとめとして言えるのは、この映画が『ドラえもん』でなくては成立しない話であった点が何よりよかったと言うことだ。またもや過去のオリジナル大長編を例に挙げるが、昨年の『奇跡の島』は、『ドラえもん』でなくても作ろうと思えば出来る話で、それだけに観ていてつらいものがあった。それに対して、今回はひみつ道具のオンパレードで、どこからどう見ても『ドラえもん』の映画でしかあり得ない作品であり、それが故に観ていて心地よかった。
 また、今回は主題歌がストレートに主題歌らしい曲だったのもよかった。サビの「ミュージアム」の繰り返しは、聴いていて心地よい。子供にとっても、覚えやすい曲だろうと思う。昨年までと違って、ポップで楽しくなるような曲調も、作品によく合っていたと思う。



 今回の映画ドラえもんは、巨大な敵は登場せず、舞台はほぼずっと博物館の中と、これまでの作品の定型パターンを見事に壊した。
 はたして、今後もこのような楽しい作品が生み出されるのかどうかはわからないが、少なくともドラ映画の未来に対して希望を持てるようになった。それだけでも、本作の功績は大だ。
 とりあえず、来年は『のび太の大魔境』のリメイクのようなので、オリジナル作品の真価は再来年以降に問われることになるが、はたしてどんな作品が飛び出すのか、楽しみに待っていたい。




3/21追記

 昨日、書きたいことは書き尽くしたように思っていたが、この記事を読み返して、声優について触れていないことに気が付いた。
 結論から言うと、声優は皆よく演じていてまったく問題がなかった。それ故に、本文で触れるのを忘れていたのだと思う。松平健のマスタード警部は、テレビのミニコーナーでの演技に少したどたどしさを感じたのでちょっと不安はあったのだが、映画本編ではズッコケ警部を上手く演じていた。そう言えば、テレビ版で使われていた、語尾に「マスタード」と付ける警部の口癖は、映画本編では無かった。正直言って口癖にしては無理があると思っていたので、無くなってよかった。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

「超ひだまつり in 日本武道館」感想






 3月3日、ひなまつりの日に東京の日本武道館で開催された「超ひだまつり in 日本武道館」に行ってきた。
 3年ぶりの超ひだまつりは色々と盛りだくさんのイベントで、「老雄 大いに語る」の主人公なみに言いたいことはたくさんあるが、まず最初に一言言っておかねばならないだろう。時間が延びすぎだ、と。

 過去3回の超ひだまつりに参加した経験から、終了時間が1時間延びるくらいなら普通にありそうだと思っていたので、最初から当日には帰宅できないと覚悟して宿&翌日の休みを取っていたのだが、これは本当に正解だった。開場&開演が30分押して18時30分開始、そして終演が22時50分。21時50分の間違いではない。アンコールを含めて、予定より1時間20分オーバーと言う超ひだまつり史上最長のイベントとなったのだ。
 これは、実に考えさせられる事態だ。全体を振り返ると、ここは無くてもイベントは成立したんじゃないかと思える場面が無いではなかった。具体的に言えば、チョーさん先導のウェーブとか、みんなで歌った「サライ」とか、marble菊池さんの歌とか。しかし、これらの要素があったからこそ、より「超ひだまつり」らしいカオスさが生まれていた気もする。アニメ本編と何の関係もない「サライ」を観客も含めてみんなで熱唱したり、ED主題歌を歌うユニットのギター担当が歌ったりとか、他のアニメイベントではそうそう見られる光景ではない。例によって、映像ソフト化しないからこそ出来ることだろう。BD・DVDを出せば絶対売れるのだから、ある程度無難な内容にしてソフト化で稼ぐという手もあるのに、頑なに「ソフト化しません」を合い言葉にして出演者とスタッフが全力でバカをやる、それが「超ひだまつり」なのだと思う。実際、今回もイベント総体としては、非常に楽しかった。
 単純に帰宅のことなどを一切考えなければ、時間が延びたことで楽しい時間が延びたのだから、歓迎すべき事だとは思う。ただ、日本全国のひだまらーのうち、どうしても途中で帰らざるを得なかった人がいたのも事実だ。ソフト化されないだけに、途中で帰る事での残念さ、悔しさはなおさらだろう。
 今後、また「超ひだまつり」が開催されることがあるならば、ぜひ開演を早い時間にして、2時間や3時間延長しても問題が無いようにしてほしい。と言っても、あまり早くしすぎるとリハーサルの時間とか、色々と難しいのだろうけど。何とか、ご検討をお願いします。

 堅苦しい話はこれくらいにして、あとは思いつくままに感想を書いておこう。
 今回も愉快な「茶番」がいっぱいで、思い切り笑わせて貰った。某仮装大賞とか、24時間テレビとか、日テレから怒られそうなネタが多かったような気がする。また、「ひだまりチャレンジ」のコーナーは色々な意味で危ないチャレンジが多かった。「獣人投げ」など、名前からしてヤバい。これも含めて、「ひだまりラジオ×ハニカム」を聴いていないとわかりにくいネタがいくつかあったのは、ちょっと気になったところだが、超ひだまつりに来るような人はひだまりラジオを聴いていて当然と言うことだろうか。
 あとは、ミズハス驚きのアシスタント&漫画家デビューが決まってしまった「アシスタント王選手権」も、いい茶番だった。らすちゃん画伯ネタで前回の超ひだまつりに続いて再び、米国大統領の「あの人」が出てくるとは思いもよらなかった。ひだまらーは世界中にいるんだなあ。
 超ひだまつりの面白さは、このような「茶番」を、出演者もスタッフも観客もみんな「茶番」だとわかった上で、全力で盛り上げに行くところにあると思う。これが、もし「茶番」を前提とせずに無理に盛り上げて感動させようとしていたら、面白くも何ともないだろう。

 そう言えば、一年生組の二人は前回の超ひだまつりではまだイマイチ馴染んでいない感じがあったが、今回はバッチリひだまり色に染まっており、三年の月日の流れを感じさせられた。瓦割りでミズハスがダチャーンに言った「挟んで割れ」が忘れられない。ひだまり荘メンバーでもそう言う役なのか。ダチャーンと言えば、パロディCMの「いつ買うか?今でしょ!」に反応して、PS vitaのネタを自ら出していたのにも笑った。いや、あんまり笑っては気の毒な気もするが、本人が言っているのだからいいか。
 おみんちゅの方は、ボケキャラとしてより強化されていた感じだった。リハーサルを既にこなしているにもかかわらず、コーナーの意図が伝わっていないあたりは恐ろしい。あと、なずなの声はかなり地声に近いが、完全にイコールではないのがよくわかった。いずれにしても、こっちの声で売っていった方がいいのになと個人的には思ったりもした。歩鳥とかの声が嫌いなわけではないのだが。

 ライブパートも、色々な曲をメドレーにしたり、前回同様にイベント限定ユニットが結成されたりと盛り上がったが、歌に関しては工夫も限界に来ているのではないかと思った。そもそも、普通に歌うだけでも盛り上がるだろうから、それでも色々と仕掛けをしてくれるのは非常にありがたいことなのだが。
 今回は、ソロのキャラソンを歌ったのはただ一人、ひだまり神・うめ先生だけだった。もはや伝説となった最初の超ひだまつりでの「とびきりスイッチ」、それを、再び聴くことが出来ようとは。今回も「見ちゃダメ」のところはバッチリ観客みんなが聴くモードに入っていて、うめ先生のセリフの後は、以前に負けないくらいの盛り上がり方だった。個人的にも「久しぶりにうめ先生のソロが聴きたいな」と思っていたところだったので、非常に嬉しかった。

 そして、アンコール後に「まだ観てもらっていないCMがあります」と、流れたのが『ひだまりスケッチ 沙英 ヒロ 卒業編』のPV。途中までは『ひだまりスケッチ×ハニカム』本編からの引用で、終盤は『卒業編』新規の映像が使われるという心憎い構成だった。ここで、ヒロ役・後藤邑子さんからのメッセージも読み上げられて、非常に感動する一幕…のはずなのだが、「本人使用希望画像」で大爆笑。あえて多くは書かないが、こんなところでも笑いを取りに来ようとするむらこさんのプロ根性(?)のようなものを感じさせられた。ブログで見覚えのある画像もあったな。
 既にアフレコは済んでいるらしい『卒業編』、はたしていつ放映されるのか。テレビ放映があるとして、BSのみなのか、地上波もあるのか。色々と、気になることは多い。今月末に放映したら「原作・アニメ同時卒業」で綺麗な形になるが、さすがにそれは難しいか。


 と、言うわけで、時間のことは終わってから気になった(途中は時計を見ないようにしていた)が、それ以外は満足なイベントだった。
 『卒業編』で完全にアニメが原作に追いつくので、テレビシリーズ5期があるにしても、かなり先の話になるだろう。次の超ひだまつりがあるとしても、やはりアニメ5期に合わせてと言う形になるだろうから、こちらもまだまだ先のことか。その日が来ることを、そして次の超ひだまつりにはむらこさんの姿があることを信じて、今後も作品を応援していきたいと、そう思った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )