夕方アニメ再放送、最後の砦が

 24日に発売された月刊テレビ誌各誌で春の番組改編をチェックしたら、ショッキングな事が明らかになった。

 東海テレビでは、毎週月~金曜日の15時59分~16時30分に再放送を中心としたアニメ枠「特選アニメ劇場」を放送しており、その後はドラマ再放送枠「ヤングドラマセレクション」(16時30分~17時30分)、「FNNスーパーニュース」(17時30分~19時)と続くのだが、4月からは「FNNスーパーニュース」が16時51分からのスタートに拡大され、それに伴って「特選アニメ劇場」は金曜日15時51分~16時51分に週一回のみの放送になってしまうのだ。
 3月までの「特選アニメ劇場」は、月~水曜日が『ONE PIECE』(再放送)、木曜日が『DRAGON BALL KAI』(再放送)、金曜日が『ONE PIECE』(本放送)と言うラインナップだが、4月以降は15時51分~16時21分が作品未定(おそらく再放送)、16時21分~16時51分が「ONE PIECE」(本放送)が予定されている。
 つまり、一応はアニメ再放送枠は残るのだが週一回になってしまうので、「平日夕方帯のアニメ再放送枠」としては、東海地区から消滅してしまうことになる。1990年代半ばまでに、各局がニュース枠を拡大してアニメ再放送枠を潰してきた中で「特選アニメ劇場」だけは今に至るまで続いてきただけに、今回の改編はショックだ。

 ここからは懐古モードに入ってしまうが、私が子供だった1980年代の夕方は、在名各局の夕方は毎日アニメの再放送であふれていた。名古屋テレビはシンエイ藤子アニメを流しまくり、中京テレビは『ルパン三世』や『CITY HUNTER』がお馴染みの作品で、テレビ愛知の「まんがのくに」はテレ東作品を含めてちょっと渋めのラインナップが並ぶなど、各局それぞれの個性もあって、どれを観るかよく迷ったものだった。
 そんな夕方のアニメ再放送が、ほぼ消滅してしまうことになろうとは、20年前には全く思いもよらないことだった。今は、古いアニメを観たいのであれば地上波に頼らなくてもBSやCSがあるし、録画機器も便利になって「子供が夕方にリアルタイムで観る」ことにこだわる必要もなくなっているなど、色々と理由はあるのだろうが、昔の隆盛を知っている身からすると、実に寂しい。

 もっとも、これは関東や関西の局が辿ってきた道でもある。関東キー局&関西準キー局ではとっくの昔に平日夕方のアニメ再放送枠はなくなっている。その代わりに、関東では独立局が頑張っているので、東海地区とは事情が異なるのだが。関西にしても、サンテレビやKBS京都は朝にアニメ再放送枠を設けているので、地上波で旧作アニメに接する機会は、少なくとも東海地区よりは多いだろう。
 東海地区の場合は、平日夕方に限らなくても、4月に始まるローカル枠での旧作アニメ再放送はテレビ愛知の『ハクション大魔王』(土曜日7時~7時30分予定)くらいしかない。三重テレビの「Hero・Robotロボットインパクト」枠も『銀河漂流バイファム』終了以降に次作のアナウンスはなく、第2弾があるのかどうかまだ分からない。テレビ愛知平日17時30分~18時の枠ではいくつか再放送が行われているが、これはテレ東系全国ネットなので、ここでは触れないでおく。


 と、なんだかグチグチと辛気くさい文章になってしまったが、とにかく「特選アニメ劇場」の大幅縮小は非常に残念だ。完全になくなりはしなかったのが唯一の救いだが。今後この枠がどうなるか、注意して見守っていきたい。個人的には中途半端に止まったままの『ゲゲゲの鬼太郎』(第5作)再放送を再開して欲しいところだが、しばらくは『DRAGON BALL KAI』を続けそうだな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東北・関東大震災と東海地区アニメ放映状況

 約2週間ぶりのブログ更新。今回のような未曾有の大災害が起こってしまうと、たとえ被災地に住んでいなくても、色々と思うところがあって「ブログを更新している場合じゃない」と言う気分になってしまう。
 ともかく、今回の東北・関東大震災で亡くなられた方のご冥福と、一刻も早い被災地の復興をお祈りします。


 さて、震災当日から一週間ほどは、テレビの編成が当日になってもコロコロと変わっている状況で、アニメがどうこうという以前にテレビ局自体が非常に混乱した状況なのが伝わってきた。そこで、記憶が新しいうちに、自分の視聴できる範囲で震災による地上波テレビアニメの中止や延期の情報をまとめておく。今後、震災を振り返るにあたって、何らかの資料にはなるかも知れない。とは言え、基本的に、自分が観ている番組だけを取り上げるので、その点はご了承下さい。
 なお、作品タイトルの後に★マークが付いている番組は、キー局と同時ネット。



○NHK教育
・3/12(土)『バクマン。』★→休止、一週繰り下げで3/19に放送

○名古屋テレビ
・3/11(金)『ドラえもん』★→休止、3/25に振り替え放送予定
・3/13(日)『スイートプリキュア♪』★→休止、一週繰り下げで3/20に放送
・3/18(金)『ドラえもん』特番★→前半ノンスポンサー、後半一社のみ提供あり

○CBC
・3/16(水)『魔法少女 まどか☆マギカ』→休止、3/23も休止予定
・3/17(木)『インフィニット・ストラトス』→休止、一週繰り下げで3/24に放送予定

○東海テレビ
・3/13(日)『DRAGON BALL KAI』★→休止、一週繰り下げで3/20に放送
・3/17(木)『フラクタル』→放映時間を繰り上げて放送

○中京テレビ
・3/11(金)『君に届け SECOND SEASON』→休止、一週繰り下げで3/18に放送

○テレビ愛知
・3/12(土)『テガミバチ REVERSE』★→通常枠で放送、L字と日本列島表示あり
・3/14(月)『GOSICK -ゴシック-』→通常枠で放送、テレ東が3/18に休止した回なので最速放送、次週3/21は休止予定
・3/15(火)『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 』→休止、振り替え放送無しで次週は第11話を放送予定
・3/15(火)『フリージング』→通常枠で放送、次週3/22は休止予定
・3/16(水)『レベルE』→通常枠で放送
・3/16(水)『Rio -RainbowGate!-』→通常枠で放送、スポンサーは一社のみ



 とりあえず、震災発生から一週間以内の状況は、こんなところだ。
 当然と言うべきか、深夜も含めて真っ先に通常放送を行ったのはテレビ愛知だった。スポンサーの有無は番組によって異なり、また詳細は未確認だが地域によっても異なる場合があるようだ。
 テレビ愛知とは逆に、CBCはなかなか深夜アニメが復活しない。現時点でEPGを見る限りでは『魔法少女まどか☆マギカ』以外の番組は今週から再開するようだが、そうなると『まどか』だけが休止のままというのは解せない。MBSはすでに10話を放送済みだから、キー局を追い抜くと言うこともないのだが。どうなっているのか気になるところではある。


 それにしても、被災地の状況を見るにつれて、テレビアニメ放送の有無で一喜一憂できるというのは非常に恵まれた生活なのだと思い知らされる。被災された方々の生活が早く安定して、テレビを観て楽しめる生活が送れるようになることを願います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

映画『ドラえもん 新 のび太と 鉄人兵団 はばたけ天使たち』感想

 日曜日に、東海地方在住の藤子ファン仲間と連れだって、ドラえもん映画の新作『新 のび太と 鉄人兵団 はばたけ天使たち』(以下『新・鉄人兵団』)を鑑賞してきた。
 以下、例年のごとく感想を書いておく。当然のように、ネタを割っている部分が多々あるので、未見の人はご注意を



 まず、最初に書いておく。今年の映画は「よかった」。単純に「よい・悪い」の区別だけでの「よかった」ではなくて、わさドラになってから、もっと言えば『のび太の南海大冒険』以降、藤子・F・不二雄先生が不在の状態で作られた映画の中で、一番よかった。もし、微妙な出来だったら「思ったよりよかった」「よかっただと、何点だ!」「十点!」のネタをやってごまかそうかと思ったが、その必要もない。
 久しぶりに、単純に「ああ、ドラえもん映画を見た。よかったなあ」と言う気持ちになった。『新・鉄人兵団』は、そんな作品だった。

 正直なところ、『新・鉄人兵団』も予告編の段階では、ジュドの脳がヒヨコ型(=ピッポ)になる場面を見て、「ああ、これは今回も駄目そうだ」と、半ば絶望したものだった。しかし、その絶望の予感は、いい方に裏切られた。やはり、予告は予告でしかなく、本編を観ないと作品の善し悪しは判断できないのだなと思い知らされた。
 『新・鉄人兵団』の何がよかったかと言えば、「原作を尊重しつつ、新たに加えられたオリジナルの要素もしっかりと話の軸として成り立っていた」ところだ。これは、リメイクもので、しかも原作付きの作品であれば一番重要視するべきはずの事なのだが、一昨年の『新 のび太の宇宙開拓史』では新キャラのモリーナ絡みの話が浮いてしまって、単なる付け足し(しかも蛇足)にしかなっていなかったことを考えると、今年もそうなっても不思議はなかったのだ。
 一番危惧していたのは、ピッポの登場で話が変な方向へ行くことだったのだだが、リルルの出番を食ってしまうこともなかったし、単なるマスコットキャラになってしまうこともなく、原作でも言及されていたメカトピアの階級制度をより深く描いた点、挿入歌で作品を効果的に盛り上げた点で、ピッポの登場は成功だったと思う。
 もちろん、「原作とは違う」展開ではあったのだが、『のび太と鉄人兵団』は原作と旧作映画の完成度が高いので、『新・鉄人兵団』までそのまま同じストーリーでやったとしても、リメイクする意義があまり感じられなかったと思う。その点で、大胆ではあるがやって然るべきアレンジだったのだ。個人的には、原作と旧映画でかなり内容に違いがある『のび太の宇宙開拓史』こそ、リメイク版を原作忠実バージョンでやって欲しかったのだが、モリーナの登場とギラーミンの小者化で滅茶苦茶に…いや、これについてはもう言うまい。


 ここまではピッポのことばかり書いたが、リルルも原作にあった場面に加えて、クライマックスでアムとイムに他人を思いやる心を、博士の指示なしに自力で植え付けると言ういい見せ場が作られていてよかった。あれがなければ、ピッポが目立ちすぎてリルルの陰が多少は薄くなっていたかも知れない。その点で、今回のスタッフは見せるべきところを分かっていると感じた。
 クライマックスシーンの改変も、そこにいたるまでの話の積み重ねがあるからこそ活きてくる展開だったが、リルルの心の変化は無理なく描かれており、自然に観られるようになっていた。まあ、クライマックスシーンの回想で出てきたのは原作にある場面ばかりなので、説得力があって当然なのだが(このあたりは、原作ファンの欲目が入っているかも)。

 そして、巨大ロボットとしてのザンダクロスの存在感も印象的だった。鏡面世界でのこととは言え、あれほど遠慮無く世界の破壊を描いてくれるとは思わなかった。リルルの治療シーンと合わせて、「原作通りにならないのでは」と不安があっただけに、ある意味では原作以上にこだわった画面作りになっていたのは嬉しかった。
 逆に、ジュドの脳を改造することはなく「おはなしボックス」でピッポに変えた点は原作とは異なるが、これは原作と旧作映画で気になっていた「ドラえもんは自分と同じロボットの脳を改造してしまうことに何も思わないのか」という点への、本作スタッフの答えだったのではないだろうか。「格好いいロボットが欲しい」と言うのび太に対して「自分がいるだろ」と返す場面を含めて、原作ではあえて触れなかったと思われる、「ロボットとしてのドラえもん」に多少なりとも踏み込んだ点は、評価したい。


 今作のよかった点としては、ゲスト声優陣の熱演も忘れてはならない。リルル役・沢城みゆき、ピッポ役・小林由美子の二人は本業声優だから当然の演技力としても、総司令官役の加藤浩次もドスの利いた凄みのある悪役を見事に演じていたし、博士役の中村正(ドラ映画では、元祖「満月博士」もこの人)はベテランの重みのある演技だった。また、副司令官を藤子アニメではお馴染みの龍田直樹(わさドラではテレビシリーズ「天の川鉄道の夜」の車掌…と言うかゴンスケ役が印象的)が演じていたのも嬉しい配役だった。アナウンサー軍団はさすがに少々たどたどしく感じたが、まあこれはご愛敬だろう。
 私にとっては、『のび太の恐竜 2006』以来、久々に「声が気にならない」作品で、それ故にいっそう話に集中して観ることが出来た。声に関しては感じ方に個人差があるので、あくまで「私にとっては」なのだが。

 また、先ほども少し触れたが、劇中挿入歌の使い方も印象的だった。特に、前半は「今回はミュージカルにしてしまうのか!?」と思わされるほどに歌が頻繁に流れてびっくりさせられたが、後半のピッポの歌へと繋がる構成は見事だった。まあ、この部分は「なんで「ジュドの脳」形態で歌を歌うんだ」と突っ込める部分なのだが、今回はそう言う点を、少なくとも見ている間は忘れさせてくれるだけの力が作品にあった。
 どさくさに紛れてドラミの歌らしきものまで流れていたのはさすがに首を捻らざるを得ないが、今回の挿入歌&BGMでサウンドトラックCDを出すのなら、ぜひ聴きたい。
 オシシ仮面ネタとか天丼ギャグとかの細かいところまで、色々と触れたいところはあるが、結構長くなったのでこの辺にしておく。時間に余裕があったら、二回目を観に行ってもいい。小ネタに関しては、二回目の方がじっくりと観て楽しむことが出来るだろう。


 と、ほぼ絶賛と言っていいほど素晴らしい作品だったのだが、残念な点がないわけではない。はっきり言ってしまうと、この作品は原作&旧映画のミクロス好きな人だけにはお薦めできない。ミクロスの出番がないわけではないが、冒頭に「ただのおもちゃ」として出てくるだけなら、いっそ思い切ってミクロスを別のロボットに変えて最初から出さない方がよかったかも知れない。「神様に文句を言う」を思いつく役までリルルの役どころになっているのだから、これはミクロスファンには大ショックだろう。当然、のび太とのなぞなぞ勝負もなく、これは個人的にちょっと残念だった。

 あとは、気が早すぎる心配かも知れないが、今年の出来がよかったことで、来年以降これを超える映画が出来るのだろうかと言う点で、不安はある。今回のおまけ映像だけでは来年の映画が原作付きかオリジナルかは判断しかねるが、オリジナルで『人魚大海戦』レベルの作品をまた見せられるのではと思うと不安は拭えない。
 と、余計な心配をしてしまうほど、『新・鉄人兵団』の出来はよかった。胸を張って人に勧められる映画だと思う。BD化されるのなら、ぜひ買いたい。これがDVDだけだと、テレビ放送版の方が高画質になるので微妙だ。そろそろ、ドラ映画もBD版を出してみるべきだ。それには、今作はうってつけだと思うのだが。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 2 )