東海高校サタデー・プログラムにA先生ご登場

 昨日は、東海高校・中学で開催された「サタデー・プログラム」の藤子不二雄A先生公開講座「まんが道60年! 藤子不二雄Aの軌跡とメッセージ」を受講してきた。

 A先生の講演会が地元・名古屋で開かれるなんて非常に珍しいことだから、この機会は絶対に逃すわけには行かないところだったが、サタデー・プログラムは今回から完全予約制になっており、私がこの講座を知ったのは予約申し込み締め切りの後だった。
 しかし、当日の立見券が出ると言うことだったので、それを確保すべく昨日は朝8時に東海高校に行って、8時半から配布された立見券を無事にゲットした。ちなみに、A先生の講座はさすがに人気が高くて予約分だけで400人の席が埋まっており、さらに当日立見券が100人分配布された。おそらく、もっとも受講者が多い講座だったはずだ。

 立見券を入手した後は一度帰宅して、13時頃ふたたび東海高校へとやって来た。こうした融通が利くのも地元開催ならではのことで、実にありがたい。
 ふたたび校内に入ったところで、「藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記」のkoikesanこと稲垣高広さんと遭遇した。稲垣さんと言えば、中部ローカルとは言えNHKゴールデンタイムの番組「金とく まんが道をゆけ!」に堂々出演されており、その効果で顔が知られたようで、一緒に歩いていていると何人かの人に「稲垣さんですか?」と声をかけられていた。やはり、テレビの影響というのは大きいものだ。全国ネットだったら、もっと反響は凄かったのだろうか。

 肝心のA先生の講座は、席が400以上用意されていたので、立見券でも後ろの方に座ることが出来て1時間半の間たっぷりとA先生のお話を聞くことが出来た。
 内容的には、ファンにはおなじみの話が多く、氷見での生い立ちから始まって、藤本先生との出会いや新聞社時代のこと、その後の漫画家人生について話されていた。初めて聞いた話としては、新聞社時代に映画「ひめゆりの塔」の試写会で『まんが道』の竹葉さんのモデルになった人と会っていたことと、『怪物くん』実写映画化の話題くらいか。とは言え、A先生の巧みな話術で場内は何度も笑いが起こっていて、おなじみの話であっても聞いていて楽しかった。
 A先生は今年で77歳になると言うのに実にお元気で、力強く話をされていた。年齢を考えると、本当に若々しくて、ファンとしては頼もしい限りだった。


 それにしても、サタデー・プログラムの内容の豪華さには今までも感心させられていたが、まさかA先生まで呼んでしまうとは、本当に驚かずにはいられない。司会担当の学生がA先生の熱烈なファンだったようで、若い世代の藤子ファンがいるのは嬉しいことだ。

 講座の後は知り合いで集まって飲み会になったが、17時から23時まで6時間もぶっ通しで喋りまくっていて、終わりの時に時計を見てびっくりしてしまった。自分の感覚としてはせいぜい3時間くらいしか経っていない思っていたが、楽しい時間が過ぎるのが早いものだ。
 次に名古屋で藤子ファンが集まるのは、来月の映画「ドラえもん 新 のび太と鉄人兵団」鑑賞会になるだろう。こちらも、観終わった後はいい気分で感想を話しあえればいいのだが、はたしてどうなることやら。
 ともかく、昨日お会いした皆さん、それにA先生、ありがとうございました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

『おじゃまんが山田くん』AT-Xへの問い合わせ結果

 先週からAT-Xで放送が始まった『おじゃまんが山田くん』の放映形態の問題点について、AT-Xの問い合わせフォームから問い合わせてみたところ、昨日返事が来た。

 返事のメール本文を全文コピペで引用するのもどうかと思うので要約すると、「権利元から借りた素材そのままで放送するので、勝手に順番を差し替えられない」との事だった。
 おそらく、この「権利元から借りた素材」というのが、前回のエントリでS藤さんがコメントして下さっているホームドラマチャンネル版の素材なのだろう。だとすると、一番の問題はフィルムコミックス準拠で変な素材を作ってしまった権利元(ヘラルド・旭通信社=現在の角川映画・ADK)だろうが、衛星劇場ではまともに放映されている以上、アニメ専門チャンネルなのに無茶苦茶な順番のままで放映するAT-Xにもかなり問題があると思う。
 『おじゃまんが山田くん』は、完全に1話ごとに独立しているわけではなく、ひが高の甲子園出場やハワイ旅行、小麦の誕生など連続性のあるエピソードもいくつかあるのだが、これらも順序が入れ替えられていたりするのだろうか。今後の放送が心配だ。

 こうなると、やはりAT-Xの放送を毎回編集して、本編だけでも正しい順番に直すしか無さそうだ。初代OPやEDはYoutubeなどにアップロードされているが、さすがに画質が悪すぎて使う気にはならない。ホームドラマチャンネルで放送されていない第32話以降で新たにまともな順番で組み直されて初代OPや初代~4代目EDが流れればいいのだが、おそらく望み薄だろう。
 今となってはどうしようもないが、中京テレビで1980年代後半に再放送していた時に録画しておくのだったなあ。今回は、本編が観られるだけでもありがたいと割り切るしかないのだろうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『おじゃまんが山田くん』AT-Xで放送開始、だが…

 今日からAT-Xで『おじゃまんが山田くん』の放送が始まった。
 昔から好きな作品なのだが、1990~1991年のテレビ愛知での再放送を最後に20年ほどは観る機会がなかったし、そのテレビ愛知の再放送にしてもOP・ED・次回予告、さらには途中まではアイキャッチ(おじゃま虫が出てくるアレ)までカットされるというひどい状態での放送だったので、AT-Xなら本放送に近い状態で放送してくれるだろうと、今日の放送開始を楽しみにしていた。

 しかし、実際に今日の放送を観てみると、OP・EDはいきなり後期バージョン(三橋美智也の「いいじゃありませんか」「みんな達者でね」)だし、次回予告はない。ここまででも十分にひどい状態だが、極めつけは本編の構成で、30分3本立ての中身が本放送とは異なる組み合わせになっていた。具体的に言うと、AT-Xで第1話として放送されたのは、本放送での第2話Bパート、第1話Bパート、第1話Aパートの3本だった。
 どうしてこんな事になっているのか、訳が分からない。製作元には、各話の組み合わせすら資料が残っていないのだろうか。別に制作会社でなくとも「THIS IS ANIMATION 3 スポーツ・ギャグ・生活アニメ編」(小学館)巻末の放映リストには、きちんと本放送時の話数とサブタイトルが載っているから、確認可能なのに。2年も先の話だが、このままだと「10年後・20年後・30年後の山田家」を描いた最終話も変な順番で放送されかねず、非常に不安だ。
 これまで、CSのアニメ再放送枠で放送形態が一番ひどいのはテレ朝チャンネルのシンエイアニメシアターだと思っていたが、その認識は改めた方が良さそうだ。少なくともシンエイアニメシアターは、ほぼ本放送の順番に準じて放送しているだけ、まだましだ。

 AT-Xには問い合わせのメールを入れておこう。何らかの事情で本放送通りの放映が不可能なのだとしても、その理由を説明して欲しい。このまま変な順番での放送が続くのなら、自分で順番を本放送通りに編集で入れ替えて保存するしかないな。それでも、OP・EDはどうしようもないが。とにかく、「ワンランク上のアニメチャンネル」のやることとは思えないお粗末さだ。『チャージマン研!』は、ちゃんとDVDとは違う本放送通りの順番だったのに、今回はどうしたというのだろう。


(2/13 追記)

 とりあえず、AT-Xの問い合わせフォームから、このブログで挙げた問題点・疑問点について質問してみた。今のところは回答待ちだが、どうなることか。「ちゃんとした順番とOP・EDで放送し直します」となったら一番いいのだが。
 AT-Xと言えば、昔はやむを得ず素材が揃っていない場合、それについてきちんと断り書きのフリップを番組開始前後に出していたものだ。たとえば、こんな風に。





 今回は、このような告知もない。一体、AT-Xはどうしてしまったのだろう。とにかく、今後の推移をきちんと見守らねばならない。

 また、上で「THIS IS ANIMATION 3 スポーツ・ギャグ・生活アニメ編」に放映リストが載っていると書いたが、この本の出版当時はまだ放映中だったので、途中までしか載っていない。この本と「アニメーション年鑑 1983」のリストを合わせれば、全話のサブタイトルが確認できる。さらに、放映リストを公開しているファンサイトもあることを、ご紹介しておく。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )