『笑ゥせぇるすまんNEW』感想

 4月より、「あにめのめ」枠で放映されてきたアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』が、今週で最終回を迎えた。
 ただし、今週の放送は「玄田哲章セレクション 特別リピート放送!」と言うタイトルでの再放送(第7話を放送)であったので、実質的な最終話は先週の第12話となる。
 アニメ旧作『笑ゥせぇるすまん』が放映されたのが1989年から1993年。今回の『笑ゥせぇるすまんNEW』は、それから24年経っての再登場となったわけだが、今回はその感想を書いておきたい。

 まず、この作品のよかった点だが、アニメオリジナルエピソードが頑張っていた点が挙げられる。
 たとえば、「ああ、愛しの583系」「ひげタクシー」と言った、原作に混ざってもおかしくないと思えるほどに藤子A作品らしい雰囲気を構築したエピソードもあれば、「マボロシガイシャ」「チャットルームの王様」など、現代ならではの題材を扱ったエピソードもあり、毎回「今週は、どんな話だろう」と、観るのが楽しみだった。特に、「チャットルームの王様」は、喪黒福造とお客が直接対面せず、PCのディスプレイを介しての「ドーン」が行われた点がユニークだった。
 原作付きのエピソードについては、前作でアニメ化されなかった原作が比較的多く選ばれており、その点で新たな気持ちで作品を観る事が出来た。そんな中でも「かいぶつかします」のサブタイトルは、原作は「怪物貸します」と漢字になっているのをひらがなにした事で、「怪物貸します」と、オチの「怪物化します」とのダブルミーイングになっていたのが面白かった。
 また、主題歌もよかった。オープニング・エンディング共に喪黒福造の決めぜりふである「ドーン」を歌詞に織り込んでおり、まさに本作のための曲となっていてよかったし、特にエンディングの「ドーン!やられちゃった節」は、歌唱を担当した高田純次のキャラクターと歌詞がよくマッチしており、聴いていて楽しい曲だった。

 次に、残念だった点についても、触れておこう。
 特に、アニメオリジナルのエピソードでいくつか観られた事だが、オチがわかりにくい話があった。「走行者天国」などは、その典型的な例だろう。人がめちゃくちゃ増えたのはわかるのだが、それだけなのか、それでさらに「何か」がおこったのか、よくわからなかった。おそらく、脚本よりは演出の「見せ方」の問題だったのではないか。
 そして、これが一番残念だったのだが、特に女性のゲストキャラクターが藤子Aっぽくなかったのは気になった。美女をよりきれいに描きたいのはわかるのだが、あくまで藤子Aキャラとしての美女を追求して欲しかった。
 これが、美女ではない「ニッポン海外旅行」の島井ちか子になると、まだ藤子Aテイストが感じられたので、やはり美女限定での作画の問題だったのではないかと思う。

 といった感じで、とりあえず1クール全12話で終了した『笑ゥせぇるすまんNEW』だが、はたして続きはあるのか。インド版『忍者ハットリくん』のように、2期、3期と続いて言ってくれれば嬉しいところだが。
 もし、続きをやるのであれば、今回選ばれなかった傑作の原作エピソードをぜひ現代に甦らせて欲しいものだ。たとえば、「たのもしい顔」。旧作アニメでは「かんのんさま~」のセリフがなぜか削られてしまっているので不満がある。これを、「完全版」としてアニメしてくれたら、非常に嬉しいのだが。他にも、今回は選ばれなかった『帰ッテキタせぇるすまん』『踊ルせぇるすまん』の原作も、ぜひアニメ化して欲しい。
 アニメオリジナルエピソードについては、今回のような水準でやってくれるなら、期待は出来る。

 それにしても、最近の傾向ではあるが、1クール全12話で完結してしまうのは短すぎる。『笑ゥせぇるすまん』のように豊富な原作がある作品は、最低でも2クールはやって欲しいものだ。やはり、それは2期に期待するしかないのかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 『ゲゲゲの鬼... 『おもいっき... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。