『三つ目がとおる』4種類のグリーブ編

 先日、『三つ目がとおる』《オリジナル版》大全集の第2巻が刊行された。






 『三つ目がとおる』を、「週刊少年マガジン」掲載時のスタイルで収録するシリーズだが、今回は第1巻から続く「三つ目族の謎編」および、「グリーブの秘密編」の全編が収録された(サブタイトルは、いずれも単行本版による。初出時にはサブタイトルなし)。
 現在流通している単行本版ではカットされた、初収録となるページを多数読めるのは非常に嬉しいのだが、個人的に思うのは「これで、グリーブ編がさらにややこしくなってしまった」と言うことだ。

 なぜかというと、「グリーブの秘密編」は単行本だけで、すでに3種類のバージョン違いが存在するからだ。これに、今回刊行のオリジナル版を加えると、4種類存在することになる。
 今回は、この4種類の「グリーブの秘密編」について、簡単に紹介しておこう。その4種類とは、


(1)講談社コミックス(KC)版

(2)手塚治虫漫画全集版

(3)手塚治虫文庫全集版

(4)《オリジナル版》大全集


と、なる。

 このうち、(4)は雑誌初出にほぼ同じと言うことで、実際に《オリジナル版》大全集を読んでいただくのが一番わかりやすいだろう。

 (1)~(3)は何が違うかというと、冒頭部分および結末部分である。
 (1)では、おそらく200ページほどに収めなければならないというページ数制限があったためと思われるが、CIA本部に写楽たちが連れて行かれて、そこで謎の装置(実は、水を出すだけ)を作るという展開がばっさりカットされて、グリーブの暴走後すぐに潜水艇で日本に逃げるようになっている。CIA部長ポーク・ストロガノフは登場しない。
 (2)は全集と言うことでページ数制限が緩くなったのか、(1)ではカットされた展開が復活しており、30ページほど全体のページ数が増えている。

 (3)はと言うと、これがちょっとややこしい。手塚治虫文庫全集版は全話収録となっているため、それまでの単行本には入っていなかった「文福登場」というエピソードも収録されている。それにより、「文福登場」の前半と「グリーブの秘密編」の冒頭部分が内容的に重複してしまうため、文庫全集版「グリーブの秘密編」は、その重複分がばっさりカットされたのだ。
 これは手塚先生の死後の改変であり、好ましくないと個人的には思う。これにより、写楽がオーラでテストの答案用紙に記入するエピソードは消滅してしまうなど、弊害も生じている。しかし、『三つ目がとおる』の単行本が全話を収録するようになってからは、この形が基本になってしまい、続くGAMANGA BOOKS版も、同様の編集となっている。

 (1)~(3)を比べると、個人的には上底先生が助かる(1)の結末が好みだ。(2)(3)では上底先生は作者にすら存在を無視されてしまい、グリーブ跡地に置き去りになったのか、はたまた死んでいるのかすら示されてはいない。
 ちなみに、(4)の雑誌初出版では和登サンが「ここに上底先生が死んでる!!」と、死体を発見するコマが存在する。初出では死亡していた上底先生がKC版で復活した理由は定かではないが、話としてはまとまりがよいような気がする。


 と、言った感じで、4種類の展開が存在する「グリーブの秘密編」。現在、KC版は少々入手が難しいかもしれないが、全バージョンを集めて読んでみるのも一興だろう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 『三つ目がと... 絶版漫画と藤... »
 
コメント
 
 
 
KCが好き (もらいもん)
2017-10-23 09:41:57
グリーブ編は後半のCIAのくだりが蛇足感っぽいと思うので、
綺麗にまとめたKC版が好みです。

ラスト、潜水艦という閉鎖空間で
上底先生と何ヶ月も一緒に過ごさなくてはならんのは息が詰まるなあ。
 
 
 
Re: KCが好き (おおはた)
2017-11-10 21:18:56
 CIAの話は、確かに付け足しっぽく感じてしまいますね。ちゃんと、最初の連載時からあったというのに。
 オリジナル版では、上底先生とCIAとの間につながりがあるので、まだいいのですが、全集版だと上底先生は全ピキ連になっているので、余計にCIAの登場に唐突感があるのでしょう。

 上底先生、KC版で助かったのはいいとしても、おっしゃるとおり日本まで三人で一緒というのは大変でしょうね。
 写楽もまた念力でいたずら(性的な意味で)をしそう。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。