田の中勇氏、死去

 田の中勇氏が亡くなられた。年明け早々、非常にショックなニュースだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100115-00000598-san-ent


 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第5作が物語途中で突然終了してしまったのが、昨年の3月。いずれシリーズが再開して続きが観られればいいなと思っていたが、もしそうなったとしても田の中さんの目玉親父の声を聴く事は出来なくなってしまった。第5作の最終話本編が目玉親父による妖怪四十七士「決定じゃ!」で終わっていただけに、もう新たな『鬼太郎』であの声を再び聴けないと思うと、本当に寂しい。

 思い返せば、田の中さん演ずる目玉親父との出会いは、『ゲゲゲの鬼太郎』第2作の再放送だった。
 その後、何年かして新番組として『ゲゲゲの鬼太郎』第3作が始まった。目玉親父は田の中さんのまま。当時は「目玉親父はこの声で当たり前だ」と思って観ており、キャストがほぼ総入れ替えとなった中で一人だけ変わらなかったのがどれほどすごい事か、わかっていなかった。

 そして、大学生の時に『鬼太郎』第4作が放映された。この頃になると「目玉親父=田の中勇」が完全に頭に刷り込まれており、「鬼太郎の声は誰になるのだろう?」とは思ったが、目玉親父が他の人になるのではとは全く思いもしなかったし、実際に田の中さんが引き続き演じていた。
 更には、もうさすがにご高齢だからもしや交替かと思った第5作でさえ、相変わらずの健在ぶりで声を聴かせて下さったし、同時期には『墓場鬼太郎』でも目玉親父役で出演されていた。並行して2つの番組で同じ役を演じるなど、空前絶後だろう。『鬼太郎』というビッグタイトルに加えて、完全に定着した田の中さんの声があってのこそ可能だった事だと思う。


 私は『鬼太郎』が大好きなので、田の中さんの声と言うと目玉親父が第一に頭に浮かぶが、あの特徴的な声はどんなアニメでも聴いたらすぐに分かる。何十年にも渡って現役で活動されていたので、本当に様々な作品でその演技を楽しませていただいた。
 たとえば、『ハクション大魔王』のカンちゃんのパパは目玉親父と対照的に「情けない父親」として印象的だったし、『鬼太郎』からの水木作品つながりで『悪魔くん』のヨナルデパズトーリも忘れちゃいけない。『鬼太郎』第5作では目玉親父とヨナルデの二役までこなす活躍ぶりだったから、まだまだお元気で新たな声を聴かせて下さるものだとばかり思っていた。

 本当に、長い間ありがとうございました。心より、ご冥福をお祈りします。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 2 )
« 2010年冬の東... twitterの効能... »
 
コメント
 
 
 
「河童の三平 妖怪大作戦」の「歌う妖怪」 (破れかぶれ)
2010-01-16 16:37:44
 68年に「河童の三平 妖怪大作戦」が実写ドラマ化された際、主題歌のB面に収録された「歌う妖怪」。
この曲は本編では流れず、本放送時のスポンサー紹介のBGMで流れた(音楽集CDの解説書より)との事ですが、今となっては貴重な田の中さんのヴォーカルとなってしまいました。
 実写はほとんど見てないそうですが、一応「こういうのもある」ということで紹介させていただきます。
 
 
 
Unknown (火炎太鼓)
2010-01-21 06:59:13
田の中さんは年齢を考えれば、天命だったのかなと思いますが、郷里大輔さんの場合は自殺の可能性があるので、
非常に残念です。
もし自殺ならば、思いとどまれなかったのかなと悔やまれます。
(青二プロ側は遺族感情に配慮してか、死因を急性心不全にしていますが)
 
 
 
田の中さんと郷里さん (おおはた)
2010-01-23 22:20:37
◆破れかぶれさん:
> 68年に「河童の三平 妖怪大作戦」が実写ドラマ化された際、主題歌のB面に収録された「歌う妖怪」。
>この曲は本編では流れず、本放送時のスポンサー紹介のBGMで流れた(音楽集CDの解説書より)との事ですが、今となっては貴重な田の中さんのヴォーカルとなってしまいました。

 貴重な情報、ありがとうございます。実写ドラマでも田の中さんと水木作品との縁があったのですね。
 私の手持ちのCDでは、『ゲゲゲの鬼太郎』第3作のテーマ曲集「燃えろ!鬼太郎」に、田の中さんの歌う「目玉おやじの数え歌」が収録されています。完全に「目玉親父の歌った歌」になっているのは、さすがとしか言いようがありません。『鬼太郎』の歴史は長いですが、目玉親父のキャラクターソングは少ないですね。第4作でも「目玉親父の妖怪数え唄」がありますが、こちらはCDを持っておりません。


◆火炎太鼓さん:
>郷里大輔さんの場合は自殺の可能性があるので、
>非常に残念です。

 報道によると、遺書も残されていたそうですから、ほぼ自殺で間違いないのでしょうが、伝えられている状況がちょっと変なだけに。第一報を聞いた時は「何かの間違いでは」と思ってしまいましたし、本当に間違いであればよかったのにとも思います。
 郷里さんの声も小さい頃から様々なアニメやナレーションで親しんできた上に、現在も活躍中だっただけに、非常にショックです。『墓場鬼太郎』では目玉になる前の「鬼太郎の父」役でしたから、鬼太郎の父親役の声優はたてつづけにお二人も亡くなったことになります。
 自殺の原因云々については他人が軽々しく口を出すことではないので控えますが、あの太くてどっしりとした声をもう聴けないと思うと残念でなりません。ご冥福をお祈りします。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
田の中勇さんが亡くなられた… (戯言人Blog)
「目玉おやじ」役の声優 田の中勇さん死去 こんなニュースは出来れば一生涯見たくはなかった。 そんなことは無理だと、人間は必ず死ぬものだとわかってはいても、それでも見たくはなかった。 つい一年前には毎週放送されているアニメ作品で、毎週その声を聞くこと...
 
 
 
田の中勇さん死去 (ヘウタリウム)
うわああああああ…。 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010011500795 つい先日、「今年は鬼太郎のアニメが再開されればいいな」と書いた矢先にこのニュース…。 歴代アニメシリーズすべてで目玉親父の声を担当したお方が亡くなるというのは水木ファンにとって...