真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、糖質摂取量による血糖値コントロール
(最新HbA1c6.0/2017.9)

焼きそば登場

2016年10月31日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。闘う相手が多すぎて、お疲れ様のプーカプカです。

 

まずねー

血糖値と闘うでしょー

そんでお金ともデスマッチ中でしょー

ほいで今度は四十肩を本気モードで治そうと思って。

あ、いつの間にやら体重と闘うのはフェードアウト<をい

 

戦の前の腹ごしらえ 朝ごはん

サイリウムおから餅に、昨日の残りを載せて。

生のオクラにおかかと醤油。ゆで卵にピザチーズとコショウ。

絡み餅ふうで美味しかった。

サワラの塩焼と、モヤシのナムル(塩、ごま油、焼き海苔多め)

ブラックコーヒー

 

昼ごはん

鶏手羽元を茹でたもの。

カットキャベツ+ブロッコリーの芽+焼き海苔+キューピーノンオイルドレッシング和風ごま味(大さじ1でも糖質0.5g!)にミニ豆腐を載せて。

そして焼きそばーっ!

ヨコオの蒟蒻麺の焼きそばです。説明をみたら、電子レンジで、と書いてあったので、蒟蒻麺に添付のソースをかけて温めただけ。

蒟蒻麺の糖質はゼロですが、添付のソースは7.8gあります。

しかし、上の写真のように、温めた後に皿に移したところ、これだけソースが落ちました…

移したほうの皿にもソースが溜ったので、実際に摂取した糖質量は2~3gではないかと。

お味の方は、焼きそば味のサラダ麺くらいで考えれば、ナシではない。

が、なんとも量が少なすぎ~

あとで間食が必要な感じです。

 

晩ごはん

結局、間食してる余裕もなく、バタバタして、夕食も危うく「もう遅いから豆乳プリンだけー」の時間に肉薄してしもた。

肉薄って…肉が薄い…

いえいえ、夕食の肉はごっつい鶏手羽元でございます

サラダは昼間の残り。このドレッシングはほんっと優秀で、大さじ1かけても糖質0.5gですから、遠慮なく2杯ほどかけられます。

鶏を茹でた汁にコショウと醤油を落として、モヤシスープ。

月・火曜の弁当のパンを焼きながら、洗濯干しながら、お茶タイム。

カスピ海ヨーグルトの36時間水抜き(=ほぼクリームチーズ)と、コーヒー。

怒濤の10月を無事に終えられそうで、ホッと一息です。

振り返ってみると、10月ってホントに休めたのは1日だけ。後はバタバタと。

体調はバッチリで、疲労感は漂っておりませんが、家の中は疲労感が地縛霊のように漂っております…四十肩が治らないと、掃除もままならぬ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チカラの限り、お買いもの | トップ | 新聞記事やらローソン新ブラ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月末を乗り切る (パーちゃん)
2016-10-31 07:11:30
子供が小さい頃「お給料日まで」の数日間なぁーんにもなくなって「今日の夕飯朝ごはんみたい」って。
でも「おいしいね」なんて言ってくれて(TДT)、ブーカブカさんのブログ見て懐かしいような切ないような、思い出してみれば「苦労」ではなかった気がしてきました。でもその頃はいっぱいいっぱいでした。
パーさま (プーカプカ)
2016-10-31 22:26:55
朝ごはんが一番豪華なプーカプカです(笑)

過ぎてしまえば、楽しかった事より苦しかった事の方が残るのは、不思議な心理です。

皆揃って食べていらしたんですね。
お子さんにはそれが最も大切な事かと。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL