真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、糖質摂取量による血糖値コントロール
(最新HbA1c5.7/2017.4)

ともかく痩せてません

2017年04月22日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。ヨレヨレ代表プーカプカです。

 

職場のチーム…

中ボスはギックリ腰

ボスは背骨が潰れてる万年腰痛

自分は四十肩

その肩の代わりに右手を務めてくれる若手1は首

左手を務めてくれる若手2は膝

その中をバランスとってる不思議ちゃん娘は指

それぞれ、我慢ならぬほど痛い~っ!と云いながら、仕事を捌いておりました

 

金曜の朝ごはん

カレー鍋キューブで煮込んだ、白菜と小松菜と椎茸、鶏ミンチ。糸寒天にかけました。

卵が半熟過ぎる…

水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)

 

昼ごはん

朝と同じスープ、茹で足らなさ過ぎて切れなかったゆで卵。

ココア風味蒸しパン

 

晩ごはん

サイリウムおから餅をご飯がわりに。

サンマと、豚キムチ玉子。焼き海苔。

 

今週は社畜週間ではございましたが、糖質摂取量を1食20g以内で設定しても

 頭脳労働には全く影響は出ず

 脂質異常症の類も全て正常化し

 体脂肪率も10%ほど下がり

 専属の加齢臭判定女子に「全然、くっさーくないから~」と云って貰い

 性格もブチ切れたりせず

 そしてたいして痩せもせず(笑)

偏見は、経験には勝てないのであります。

 

ところで専属臭気判定しを務めてくれている、社内イチ鼻が利く女史が、このたびオメデタで夏には産休に入る為、今後は誰に…

と思っていたら、社内イチ毒舌女史がプーカプカと同じビルに異動してきたので、臭いだけでなく、服装等も含めて、

超アウト

とか云ってくれるらしい

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« た、食べたい | トップ | 神戸の陣 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (あき)
2017-04-22 07:01:15
20年くらい糖質制限(白米、麺をほとんど食べない)生活をしていながら40歳半ばにして血糖値にひっかかりました、あきと申します。今日、専門クリニックで初受診してまいりました。二の腕に血糖値測定機器を差し込まれています。
気分の落ち込みようったらもう…。食欲減退してます。ブログを読ませていただいて励みになりました。
いろんな情報ありがとうございます。がんばります!
あきさん (プーカプカ)
2017-04-22 07:08:57
へっぽこブログを読んで頂き、ありがとうございます。

新兵さんですね!
病の受容に到る心理変化について、色々な本が出ています。

この先の自身に起こりうる予測をつけておく事が、闘病に良い影響を与えるタイプの患者さんもいらっしゃいます。
(そうでない方もいらっしゃいます…)
あるいは周囲の変化に対応するノウハウ?本も、自分は役に立ちました。

ナニもしていないと気分が変わらないと存じますので、図書館とか立ち読みなど、如何でしょうか。
Unknown (佐々木カルフ)
2017-04-22 17:39:56
おっしょさん、こんにちは。
新しい専属臭気判定女史がいらしたようで何よりです・・・

ところで・・・

あきさん、「二の腕に血糖測定機器を差し込まれていいます」とのこと、もしかしてリブレですかっ!!

と、勝手に他人様のブログのコメント欄でちょっと舞い上がってしまいました。(^^;

カルフさん (プーカプカ)
2017-04-23 21:08:32
新・判定士に敬意を表して(クリニックのリハビリ継続中でもあることだし)、制汗スプレーなる乙女素材を買うか、考え中←人生初!!

リブレ、全然手に入らないようですね。
安定生産で価格も下がってほしいところ。
Unknown (佐々木カルフ)
2017-04-24 08:44:31
おっしょさん

制汗スプレー・・・乙女ですね。
是非初導入されてみて感想をば。
きっと皆さん注目されることと思います。

リブレはそうですね、なんか生産が間に合ってないのかそれとも他の理由なのかわかりませんが。

しばらくは装着無理そうです。

カルフさん (プーカプカ)
2017-04-24 21:23:45
最近、乙女の安売り(笑)

リブレ、薄利多売にすりゃいーのに。
母集団の人数を考えれば、廉価販売は可能だと思いますが…
Unknown (佐々木カルフ)
2017-04-25 07:53:45
おっしょさん、こんにちは。
Pascoのパン、いいっすねぇ。
こうやって増えていくことがまず第一。
糖質量は後からついてくるでしょうから。

モノって一旦安く売ってしまうと後々値上げってまずできないんですよねぇ、特にこういうものは。
なので薄利多売はしないでしょうね、医薬品メーカー。
そうでなくても開発コストかかってるでしょうし、薬品開発費も膨大でしょうから。

残念だなぁ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL