真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、糖質摂取量による血糖値コントロール
(最新HbA1c5.7/2017.4)

主食考察

2017年06月10日 | 買い溜めちゃダメでしょ

どーも。四十肩ファイターのプーカプカです。

本日のノルマ、リハビリ15回まで、あと2回!

 

ところで、コメント欄で質問があったので、詳しく書いてみます。

プーカプカ愛用の糸寒天についてです。

 

糖質制限を始めたころは、麺の代わりと云えば、糸コンニャクとか、紀文糖質ゼロ麺とか、最近では流通量の増えたコンニャクパーク?の蒟蒻麺とか、試してみたんですが、結局は糸寒天に落ち着きました。

こればっかりは好みだと思います。

スーパーの店頭で買う糸寒天は、かなり高めの価格設定かと存じます。

20gで300円台くらい?

1回で10gは使うので、自分は1kg8千円ちょいの通販商品を買っています。

 

コメント欄での質問は、今、楽天市場で2kg8千円が出ているが、高いのか安いのか、という趣旨のもの。

安いです。

しかし、多分、製造が国外で水戻し時の固さが少しあるのでは、と思われます。

温かい汁物に入れて食べるなら問題ない固さだと存じますが。

あ、国内製造品だからといっても、原材料は外国調達なので、そこを追求するともっと高額になります。

 

正直、少しの固さなら、2kg8千円の商品でもエェなぁとココロが揺れますが、問題が一つ…

保管の問題です!

1kgを買っても、保管に困り気味なので、その倍となると…

65cm角のクッションと同じ体積です。

普通のビニール袋に入ってるだけなので、すぐにも密閉容器等へ移す必要があります。

 

5リットルサイズのジップロック3つに分けて(密閉状態だと信じて…)キッチンには1袋だけ置いてます。

これで5か月弱もつかどうか、の量。

いつも買っている店では、巻きス状に巻かれた糸寒天が届くので、食べるときに塊のままむしり取って(笑)

大きなボウルに押し込んで、水を張ります。

5分ほどで戻りますので、ザルで水きり。少し放置しとくとイイ感じに水が抜けます。

 

最初の頃は、1本ずつほぐして調味してたんですが、今では手で少しほぐして広げるだけ。

水に浸ける時間が長いと(10分位)、それだけでもかなりほぐれます。

5分だと、ちょっと硬いかな?

 

という感じで、非常にテキトーにやっております。

熱々のスープや鍋に入れると、溶ける恐れがありますが、意外に大丈夫だった、というコメントも過去にありました。

マーボー豆腐のようなトロミ系のものをかけると、凄く美味しいです。

粉末のパスタソースも合います。

暑くなってきた今は、酢とドレッシングをかけて、サラダ麺のようにするのが気に入ってます。

 

なによりもカロリー調整の食材として、これがあると、おかずに神経使わなくていいのが気に入ってます。

あと、賞味期限を気にしなくていいので、助かる。

糸寒天の次に美味しい麺として、紀文糖質ゼロ麺の丸麺がありますが(個人的意見)、あれは賞味期限がわりとスグに来ちゃう。

 

というような、糸寒天ライフを楽しんでおりますが、腸の弱い方はどうでしょうか。

多用するのは良くないかもしれません。

 

こうして振り返ってみると、糸寒天、サイリウムおから餅、おからパン、いずれも味のついていない主食という存在が、糖質制限食を長く続けていく一つのポイントになるんでは?と存じます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抹茶アイスは何処に | トップ | 四十肩、改善 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難うございました (麦)
2017-06-11 04:23:52
糸寒天2キロの質問をさせていただいた者です。
早速その店のアドレスをここに!
と思ったのですが
その商品
消えてました

私の見間違いなのか
今となってはわかりません
非常に申し訳ありません

今、1キロ8600円のものは出ていますね。
のがした魚の大きさに
今更慟哭しております
過日、長野県の長寿は寒天摂取のおかげというテレビ番組があり
スーパーでも寒天はちょっとしたブームです。
麦さん (プーカプカ)
2017-06-11 14:28:05
今まで自分が見つけた最安値の糸寒天は、こちらの商品でした。

http://www.uwabe.co.jp/event/kanshasai.htm

ブームなんですね。
おからパウダーの時のような欠品続きにならなきゃイイですが…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL