Smoke

店の表を通る人を毎日写真で撮るたばこ屋の映画をご存知だろうか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 『あなたのために』

2008-02-18 | Weblog
映画は人に奥行きを持たせるアイテム。
今回は『あなたのために』。

製作国 : アメリカ 2000年
配給 : 20世紀フォックス映画
キャスト:ナタリー・ポートマン、アシュレー・ジャド 、ストッカード・チャニング
     ジョーン・キューザック、ジェームズ・フレイン

若くして未婚の母となった少女の内面的な成長を描く作品。

皆さんは町の大型スーパーは利用されますか?
私はビールを購入する時によく利用しますね。
かなり格安ですし。
でもそれだけで済まないのが大型スーパーなんですがね(苦笑)

さて今回は、無いが幸いするか分かんないのね~、って作品です。
”5”という数字に不幸が舞い込んでしまう妊婦の主人公。
母が男と駆け落ちして捨てられたのが”5歳”。
酔っ払いに斬り付け(!)られて縫った”55針”。

新しい門出の出発時間が”5時”。
出掛け先で靴を購入したおつりが”$5.50”。
すると妊娠中の彼女は付き合ってた男に置いてけぼりに。
途方に暮れた彼女は置いていかれた大型スーパーに住んでしまいます。
そこで使用したものは”ウォールマートへの借り”と記帳しつつ。
スーパーで出産した彼女は一躍時に人に。
それを知った昔男の主人公を捨てた母親が病院に来たが、
彼女が大型スーパーの社長から貰った”$500”を持って、
またもや消えてしまいました。あらら~。
金ナシ、職ナシ、住むとこナシのまさに三重苦の彼女のその後はいかに!!

やっぱりナタリー・ポートマンは可愛いね!!
特にこの作品は普通の人を演じただけに他の作品に比べて美貌が光る。
ロングヘヤーを見た事がなかったけど似合うね~。
”妊婦”や”シングルマザー”って設定は少し無理があったけど。

彼女は幻想的な人物や、奇抜な人物だけでなく、
凡人も演じられるんだね~。いい女優に成長したもんだ。
先日映画ファンの味方、テレ東で『レオン』を久しぶりに見たけど、
確かに監督の目に留まる整った顔立ちで、
新人の割には(新人だから?)感情表現が自然で富んでた。
しかし、とんがったイメージで今後どんな役を演じていくのか、
一発屋なんじゃないかと思ったけど、ミラよりいんじゃない?(笑)
フランスでは”プリンセス ナタリー”と言われモデルもしていた彼女。
ロマンスもあり、あのジュード・ロウとも噂に。羨ますィ~。

ストーリーは実話を基に製作されてる。
以前、新聞かニュースでスーパーで出産した女性を取り上げてたなぁ。
その人なのかな?
まるで『ターミナル』みたいだね。
日本じゃ考えられないけど、アメリカって割と人情的。
勝手に住んでた人にお祝いもあげて、職まで与える。
また彼女の人柄なのか、のんびりした環境なのか、
娘と2人なんとか暮らしていける。
物足りない内容かなぁと思ったけど、
悲観的にならない考え方が見やすく、最後まで飽きずに見れた。
途中でビックリする事件もあるけどね。

ビックリと言えば、親友役のアシュレイ。
彼女もナタリーに負けない美貌とスタイルの持ち主で大好きな女優なんだけど、
途中、激太りスタイルで、
腹も二の腕も胸もおしりもムチっとしているシーンがあり驚き!!
次のシーンではすっかり戻ってたけど女優さんでもあんなことあるんだね。

最後の病院シーンが印象的だった。
人は素直になった方が幸せになれるのかも。
『渡る世間は鬼ばかり』のカズを見ててそう思った(笑)

今上映しているナタリーの作品、
3月の次回作を期待しつつ、
彼女の成長過程を見てみませんか?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 『ヘアスプレー』 | トップ | 映画 『スキャナー・ダーク... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。